【日本発売期待】「Samsung Galaxy Tab S6」は本気のサムスンを実感するハイスペックAndroidタブレット

「Samsung Galaxy Tab S6」はサムスンの本気を感じるハイスペックタブレット

「Samsung Galaxy Tab S6」

SAMSUNG(サムスン)は新型Androidタブレット「Samsung Galaxy Tab S6」を発表しました。

「Samsung Galaxy Tab S6」は「Samsung Galaxy Tab S4」の後継モデルにあたります。

モデル名「S5」をスキップして投入される「Samsung Galaxy Tab S6」は、劇的な進化を果たした仕上がりになっています。

別売りの「Galaxy Tab S6専用キーボードカバー」を使うことで、2in1ノートパソコンのような雰囲気になります。

サムスンの本気タブレット「Samsung Galaxy Tab S6」の特長とスペックを紹介しておきます。

「Samsung Galaxy Tab S6」の特長とスペック

ハイスペックなAndroidタブレットといえば、ファーウェイの「HUAWEI MediaPad M6」シリーズがありますが、タブレット全体ではかなり希少な存在になっています。

【日本発売期待】「HUAWEI MediaPad M6 8.4」は超貴重なハイスペックタブレット SIMフリーLTEモデルあり
中国のファーウェイは「HUAWEI MediaPad M6 8.4」を発表しました。「Kirin 980」を搭載するなど、Androidタブレットではかなり貴重なハイスペックな仕上がりになっています。価格は1999元(約3.1万円)からと手頃な設定です。
【日本発売期待】「HUAWEI MediaPad M6 10.8」優れた入力性能をもったハイスペックタブレット
ファーウェイのハイスペックタブレット「HUAWEI MediaPad M6 10.8」の特長とスペックのまとめページです。専用ペンでの入力に対応し、一部モデルではキーボードカバーが付属するなど、入力性に優れた仕上がりになっています。

Androidタブレットを探していた方には「Samsung Galaxy Tab S6」はかなり魅力的な選択肢となりそうです。

10.1インチの有機ELディスプレイ

「Samsung Galaxy Tab S6」の10.1インチの有機ELディスプレイ

「Samsung Galaxy Tab S6」は10.1インチのSuper AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。WQXGA(2560×1600)の解像度をもった高精細なディスプレイです。

ベゼルの幅は小さくなっていて、高い画面占有率のスマートなデザインが目を引きます。

指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載。

Sペン

「Samsung Galaxy Tab S6」は専用ペンによる手書きに対応

「Samsung Galaxy Tab S6」にはSペンが付属。専用ペンでの手書きに対応しています。

Sペンを「Samsung Galaxy Tab S6」の背面に貼り付け

Sペンは背面にマグネットで貼り付けて収納できます。貼り付けるとワイヤレスで充電される仕組みになっています。

ノートパソコンのように利用するための「Samsung DeX」モードにも対応。

Snapdragon 855

SoCには「Snapdragon 855」を採用。各社のフラグシップスマートフォンに搭載されているSoCで、ベンチマークランキングで上位を独占するほどの高いパフォーマンスをもったものです。

参考AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のスマホは?

メモリ仕様は、RAM容量が6GB/8GB、内部ストレージ容量が128GB/256GBです。外部ストレージとしてmicroSD(最大1TB)にも対応しています。

デュアルカメラ

背面には1300万画素+500万画素デュアルカメラを搭載。タブレットでは珍しいデュアルカメラです。超広角レンズを搭載しています。

薄型で軽量な仕上がり

これだけハイスペックでありながらホディの厚さは5.7mmを達成。ボディ重量は420gと10インチクラスとしては非常に軽量です。

「Samsung Galaxy Tab S6」の扱いやすさも大きな魅力となりそうです。

大容量バッテリー

バッテリー容量は7040mAh。大容量なバッテリーを採用しています。USBポートは「Type-C」です。

「Samsung Galaxy Tab S6」のボディカラー

ボディカラーはCloud Blue、Rose Blush、Mountain Greyの3色展開です。

「Samsung Galaxy Tab S6」の価格

米国での「Samsung Galaxy Tab S6」の予想価格は、6GB+128GBモデルが649ドル、8GB+256GBモデルが729ドルです。

「Samsung Galaxy Tab S6」の発売日

米国においては、9月6日よりWi-Fiモデルがまずリリースされます。LTEモデルは年末にかけて発売予定です。

サムスンのフラグシップスマートフォン「Galaxy Note10+」が発表された「Samsung Galaxy UNPACKED 2019」でも「Samsung Galaxy Tab S6」が紹介・展示されました。

現時点では日本でのリリースについては未発表です。

「Samsung Galaxy Tab S6」のスペック

「Samsung Galaxy Tab S6」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9.1
  • ディスプレイ:10.5 インチ(2560×1600)
  • SoC:Snapdragon 855
  • RAM:6GB/8GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:13MP+5MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz & 5GHz)
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:7040mAh
  • サイズ/重量:244.5(W)×159.5(H)×5.7(D) mm / 420 g

アンケート

「Samsung Galaxy Tab S6」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

まとめ

サムスンの本気を感じるハイスペックタブレット「Samsung Galaxy Tab S6」を紹介しました。

ファーウェイの「MediaPad M6」シリーズだけでなく、APPLEの「iPad Pro」やマイクロソフトの「Surface」のライバルになりそうな仕様になっています。

Androidタブレットとしては高価な価格帯に位置していますが、充実した機能は多くのニーズを生み出しそうです。

日本での発売はアナウンスされていませんが、10.5インチディスプレイ搭載で420gの薄型・軽量ボディは手に取ると一気に欲しくなりそうですね!

Source

Samsung Galaxy Tab S6 – The Official Samsung Galaxy Site
Bring your creativity to new heights with Galaxy Tab S6, an ultralight tablet with integrated S Pen, Samsung DeX, dual camera, and a 10.1 inch display.
SamsungSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました