【日本発売期待】シャープ 「AQUOS S3 mini」を中国で発売!約2.7万円 SIMフリー

SHARP(シャープ)は、中国において、2018年3月21日に、新型スマートフォン「AQUOS S3 mini」を発表しました。

AQUOS S3 mini

「AQUOS S3 mini」はアスペクト比17:9の5.5インチ縦長ディスプレイを搭載。「Essential PH-1」と似た形のノッチがディスプレイ上部にあります。

AQUOS S3 mini

OSに「Andriod 7.1.1」を採用した「AQUOS S3 mini」の主な特長についてまとめておきます。

5.5インチ縦長ディスプレイ

「AQUOS S3 mini」はフルスクリーンデザインを採用していて、ボディ前面に対する画面占有率が87.5%と高いものになっているとのことです。

AQUOS S3 miniのノッチ

17:9という少し変則的なアスペクト比となっていて、ディスプレイの解像度は2040×1080です。

Snapdragon 630

「AQUOS S3 mini」はSoCに「Snapdragon 630」を採用。

ソニーの海外モデル「Xperia XA2」シリーズなど多くのミドルスペックモデルで採用されているSoCです。

「Snapdragon 630」搭載機の「AnTuTu Ver6」ベンチの総合スコアはおよそ70,000強です。

ミドルスペックモデルとしては十分なパフォーマンスが期待できます。

メモリ仕様は6GB RAM+64GB ROM。最大128GBのmicroSDカードに対応しています。

ボディ背面には1600万画素カメラ(f2.0)、前面には2000万画素(f2.0)を採用。前面には高画素カメラを搭載していてセルフィー撮影機能も期待できそうです。

「AQUOS S3 mini」の価格

「AQUOS S3 mini」の中国における販売価格は1599元(約2.7万円)となっています。

[st-kaiwa1]スペックから考えると、かなり頑張った価格設定といった印象ですね![/st-kaiwa1]

「AQUOS S3 mini」のスペック

「AQUOS S3 mini」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.1.1
  • ディスプレイ:5.5 インチ(2040×1080)
  • SoC:Snapdragon 630
  • CPU:Octa Core 2.2GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:6GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:16MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3020mAh
  • サイズ/重量:73(W)×142.7(H)×7.8(D) mm / 140 g

シャープが中国で発売しているスマートフォンとしては「AQUOS S2」シリーズがあります。


SHARP AQUOS S2 4GB RAM 64GB ROM – banggood

シャープは日本では「AQUOS R」シリーズ、「AQUOS sense」シリーズを展開。中国では「S」シリーズを展開しています。

Source

【SHARPAQUOS S3 mini】

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする