【実機レビュー】DSDS対応「 BLADE V7Max 」を詳細レビュー|レビューまとめを追記

ZTEは、日本のSIMフリースマホ市場でシェア拡大を目指して、続々と新機種を投入しています。

今回レビューしている「 BLADE V7Max 」は2016年9月22日に発売されたDSDS対応スマホです。幸運なことに「 BLADE V7Max 」をじっくりと操作する機会がありましたので、様々な角度から実機レビューを行いました。

なお、「 BLADE V7 Max 」の特長などの詳細については別ページにまとめていますので、よろしければ合わせて御覧ください。

「 BLADE V7 Max 」の価格とスペック

「 BLADE V7 Max 」は市場想定価格は34,800円(税抜)とミドルレンジの価格設定になっています。

競合機種「 Zenfone 3 (ZE520KL)」と比較すると、市場想定価格では、「 BLADE V7 Max 」の方が5000円安い設定になっています。

続いて、「 BLADE V7Max 」の主なスペックを確認しておきます。

OS Android 6.0
ディスプレイ 5.5インチ(1920 x 1080)
SoC MediaTek MTK6755M
CPU Octa-core 1.8GHz
ROM 32GB
RAM 3GB
カメラ REAR:16MP FRONT:8MP
指紋センサー
Wi-Fi 802.11b/g/n
Network Band FDD : 1/3/5/8/19
WCDMA : 1/6/8/19
USBポート Type-C
バッテリー 3000mAh
サイズ/重量 77(W)×154(D)×7.2(H) mm / 167g

待望の「 BLADE V7Max 」が到着

以前より、「 BLADE V7Max 」を注目しており、以前に、ヨドバシカメラ梅田店で実機を少しだけ触ってみました。いつかじっくりとレビューしたいと考えていたところ、今回、幸運にもじっくりと操作できる機会を得ることができました。

待望の「 BLADE V7Max 」が到着しました!!

BLADE V7 Max
「 BLADE V7Max 」到着

【詳細レビュー】開封編 16/10/9

さっそく、焦る気持ちを抑えながら、箱に入っている「 BLADE V7Max 」を確認してみました。

BLADE V7 Max
「 BLADE V7Max 」を確認

「 BLADE V7Max 」は、「USB Type-C」を採用しています。「やすスマ」にとっては、恥ずかしながら、初めての「USB Type-C」採用機ですから、慌てながら付属品を確認しました(笑)

主に、クイックマニュアル、SIMトレイ用のピン、USBケーブル、ACアタプターが入っていました。

クイックマニュアルは、文字通り、「 BLADE V7Max 」についてのクイックな情報のみが載ったマニュアルでした(笑)

BLADE V7 Max
付属品を確認

「 BLADE V7Max 」を様々なアングルからチェック

「 BLADE V7Max 」は、ゴールドとシルバーの2色展開となっていて、今回はシルバーのモデルをテストしました。

ミドルレンジクラスの価格帯の機種ですが、デザインにはこだわりを感じることができます。クラスを超えたデザインの高級感になっています。様々なアングルから撮影した「 BLADE V7Max 」を確認していきます。

BLADE V7Max
前面

ベゼルレスではありませんが、狭額縁となってます。表面はDragontrail ガラスで覆われており、耐久性についても配慮されています。エッジにかけてカーブしていることもあり、非常にスマートな印象を受けます。

表面ガラスのエッジカーブは非常に美しいですが、その反面、保護フィルムを貼りたい場合の難易度はかなり高そうですね。

BLADE V7Max
背面

「 BLADE V7Max 」の大きな特長は、ミュンヘン生まれのハイグレードのアルミ合金製メタルボディです。

背面から見ると、ミドルレンジスマホの一般的なクオリティをを超えたものとなっています。指紋センサーがサイドに搭載されていることから、背面のデザインが非常にすっきりしています。

BLADE V7Max
カメラの出っ張りをチェック

「iPhone 7」で話題となっているカメラの出っ張りについては、「 BLADE V7Max 」のカメラについては、写真の通り、出っ張りのあまりない仕上がりになっています。

BLADE V7Max

「 BLADE V7Max 」のボディ上部の写真です。イヤホンジャックとマイクのみのシンプルな仕上がりになっています。エッジは光沢感のある仕上がりになっています。

BLADE V7Max

次は、ボディ下部の写真です。中央に「USB Type-C」端子があり、両サイドにスピーカーとマイクがあります。

BLADE V7Max

ボディ右には、電源ボタンに加えて、特長の1つであるサイドの指紋センサーがあります。指紋センサーについては、ロック解除以外にも使えますので、またテストしてみたいと思います。

BLADE V7Max

ボディ左にはボリューム調整ボタンとSIMスロットがあります。デュアルスタンバイ対応機種ということで、SIMスロットについてはさらに写真を撮っておきました。

BLADE V7Max
SIMスロット

「 BLADE V7Max 」には、写真のような2つのnanoサイズのSIMスロットがあります。写真では少し見えにくいかもしれませんが、一方のスロット(SIM2)はmicroSDカードと兼用となっていて、2枚のSIMとmicroSDカードを同時に使用することはできません。

同じデュアルスタンバイ対応機の「 Moto G4 Plus 」は、2枚のSIMカードと、microSDカードを同時に使用できる仕様になっていています。デュアルスタンバイ対応機によって大きく異なる部分ですから、しっかり確認しておきたいポイントだと思います。

愛機「 honor 6 Plus 」とサイズ比較

「 BLADE V7Max 」は、5.5インチディスプレイを搭載しています。「やすスマ」は同じディプレイサイズの「 honor 6 Plus 」を普段使用していますので、横に置いてみてサイズなどを比較してみました。

BLADE V7Max
左:「 honor 6 Plus 」 右:「 BLADE V7Max 」

まずは横に並べてみました。「 honor 6 Plus 」も狭額縁となっていますので、写真の通り、幅としては大きな差を感じられません。実際には「 BLADE V7Max 」のエッジはカーブで仕上げられているので、「 BLADE V7Max 」の方がややスマートな印象を受けます。

スペック上では、「 BLADE V7Max 」の幅が約77mm、「 honor 6 Plus 」の幅が約75.7mmですからほぼ同等ですね。

次に、厚みを比較しました。

BLADE V7Max
左:「 honor 6 Plus 」 右:「 BLADE V7Max 」

スペック上では、「 BLADE V7Max 」の厚さが約7.2mm、「 honor 6 Plus 」の厚さが約7.5mmです。写真をご覧いただくと分かる通り、「 BLADE V7Max 」の薄さが確認できます。

厚さ7.2mmの薄型ボディと、エッジにかけてラウンドした形状もあり、非常に持ちやすい形状という印象を受けました。逆に背面がスマートなデザインでなめらかすぎて、落とさないか心配にもなりました。

以上、「 BLADE V7Max 」を様々な角度からチェックしました。写真撮影が下手くそで申し訳なかったですが、間違いなく「 BLADE V7Max 」のデザインは価格帯を超えています。
開封編を御覧いただきありがとうございました。

次ページには、「 BLADE V7Max 」を本格的に起動させて、初期設定などのセットアップを実施した内容をまとめています。

コメント

  1. リンゴ より:

    はじめまして。
    現在、Xperia A2 SO-04Fをモバイルoneの音声SIMで利用しています。
    端末買い換えを検討していて、価格コムレビューからこちらにお邪魔しました。

    主にポケモンgoやツムツムのゲームやネット利用していて、こちらの機種を検討しています。
    機械音痴なので教えていただきたいのですが、音声SIMをどちらのスロットに差せばいいのでしょうか?
    音声SIMだけで、この機種を使うのはもったいないですか?
    よろしければアドバイスいただければ嬉しいです。

    • やすスマ より:

      リンゴ様

      「やすスマ.net」に遊びに来ていただきありがとうございます。
      管理人の「やすスマ」です。

      モバイルoneの音声SIMの1枚で運用と仮定をすると、
      4G/3Gに対応するSIMカード1にSIMを挿入する形となります。

      音声SIMのみの運用の場合は、
      先日値下げとなった「HUAWEI P9 Lite」あたりと比較になると思います。

      「HUAWEI P9 Lite」の方が価格が安く、DSDSには対応していない点を
      どのように捉えるかがポイントだと思います。
      RAM・ROM容量やCPUスペックなど、それぞれのスペックについては
      確かに違いがありますが、トータルではそれほどの差があるとは思っていません。
      「BLADE V7Max」、「HUAWEI P9 Lite」の両方共とも本当にいい機種だと思っています。
      デザインは好みの部分が大きいので、機会がございましたら、
      実機を見ていただくとよいかもしれません。

      この度はご質問ありがとうございます。
      今後とも「やすスマ」をよろしくお願いいたします。

  2. すー より:

    初めまして!
    大変参考になる記事でした。
    現在、ドコモのガラケー(ss プラン)とztebladevec4の2台持ちです。 dsds機にまとめたいのですが、ドコモのメールアドレスは、必用なのです。それで、マルチデバイス化のために、一旦ガラホを契約し、メールをマルチデバイス化した後、本機にまとめる計画なのです。
    ガラホのSIMを本機に挿して、使用する際ドコモへの手続きが必要なのでしょうか?

  3. やすスマ より:

    すー 様

    記事へのコメントありがとうございます。
    初めまして、管理人の「やすスマ」です。

    参考になる記事とお言葉をいただきありがとうございます。
    ブログを運営する際の大きなエネルギーとなります。

    では、さっそく本題です。

    ドコモのガラホについては、「やすスマ」は利用しておらず、
    勉強不足でもありますので、細かいことは分かりませんが、
    分かる範囲で書いてみようと思います。
    勘違いしている部分があるかもしれませんので、
    他の方にもフォローいただければ幸いです。

    ドコモのガラホについては、SIMカードがLTE対応SIMだと認識しています。
    「 BLADE V7Max 」のSIMスロットはnanoSIM×2となっておりますので、
    サイズさえ合えば、技術的には使用可能と認識しております。

    また、ztebladevec4には格安SIMを挿して利用されているということでしょうか。

    「 BLADE V7Max 」にまとめることを検討されているということですが、
    そのパターンは以下のいずれでしょうか?

    ・データ通信(4G)は格安SIMで行い、通話(3G)はガラホのドコモSIMで行う
    ・データ通信・通話(4G・3G)ともにガラホのドコモSIMで行う

    要するにDSDS(デュアルスタンバイ)を想定されているか否かが気になるところです。

    技術的に可能であっても、キャリアの料金体系は複雑になっています。
    技術的に利用できたとしても、利用料金が高くなる可能性もあります。
    なるべく節約しながら上手く運用したいところですね。

    質問に対する答えとなっておりませんが、参考になれば幸いです。

    • すー より:

      早速のご回答、ありがとうございます❗
      DSDS機には、通話は、ドコモ、通信は、OCN(現在の格安スマホのsimを使う)を考えております。
      ドコモガラホの契約は、現在のガラケーのプランが適用できるとのことで、今月中には、ガラホに代える予定です
      ZTEスマホを現在使っているので、親近感があり、MOTOR社のより使いやすいかなとおもいますが、どうでしょうか?

      • やすスマ より:

        すー 様

        状況のご回答ありがとうございます。
        従来のガラゲーのプランを適用してガラホへの機種変更ということですね。

        「Blade V7MAX」などの日本発売のDSDS機は4G+3Gの組み合わせになります。
        4G+4Gではうまくいきませんので、通話が3Gかどうかが大きなポイントです。

        ガラホについては勉強不足で、あまり自信はありませんが、
        結論としてはドコモ SIMで3Gで通話が可能であれば技術的には大丈夫かと思います。

        あとはSIMカードサイズが一致することも大切なポイントです。

        このようにDSDS機のうまい活用を考えるのは本当に楽しいですね!

        実際にレビューしてみて「Blade V7MAX」はすごくいい機種でした。
        DSDS機として活用が上手く行けばいいですね。
        また状況を教えていただければうれしく思います。