【実機レビュー】これはすごいハイレベルかも!「g07」のデザインをチェック

NTTレゾナントのオリジナルスマホブランド「gooのスマホ」シリーズの新型モデル「g07」を購入しました。

g07

「g07」の販売価格は一括払いで19800円(税別)です。価格帯はエントリー~ミドルクラスです。
DSDSなど、いくつかの機能についてはミドルクラス以上と同等になっていることから、「g07」は間違いなく注目すべきモデルです。

参考【日記】「g07」がすごいコスパでポチって、ついに届いた!

参考19800円でDSDS+指紋センサー!SIMフリースマホ「 g07 」発表

「g07」のデザインを中心にレビューします



このページでは、「g07」のデザインを中心に様々な角度からチェックしています。
デザインチェックのまとめの前に、「g07」のスペックと特長的な機能をまとめておきます。

「g07」のスペックと特長的な機能まとめ

まずは、「g07」の基本スペックについて確認してみます。

  • OS:Android 6.0
  • ディスプレイ:5.5 インチ(1920×1080)
  • SoC:MediaTek MT6750T
  • CPU:Octa Core 1.5GHz×4+ 1.0GHz×4
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:13MP FRONT:8MP
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • ネットワークLTE:B1 / B3 / B8 / B19
  • ネットワークW-CDMA:B1 / B6 / B8
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:75.6(W)×152.0(D)×7.9(H) mm / 150g

上の基本スペックを見て、どのように感じましたか?
「g07」の「goosimseller」における販売価格は19800円(税別)です。
上のスペック表だけ見ても「g07」は十分に評価しても良いレベルです!

参考gooのスマホ g07 + 選べるOCNモバイルONEセット【送料無料】

5.5インチフルHDディスプレイ3GB RAM+32GB ROMオクタコアプロセッサなど、動作スピードを大きく左右するスペックはミドルクラスとしても十分に合格点です。

下のリンク先に、ベンチマークアプリ「Anututu」でスコア計測するなど、「 g07 」のパフォーマンスを詳細にチェックしています。ぜひ合わせて御覧ください。

「g07」の特長

「g07」は基本スペックだけでなく、使い勝手を高める機能を多数搭載しています。
これらによって「g07」の注目度が高まっていると言って過言でないと考えます。
使い勝手を高める機能のうち、特に注目しておくべき3点を確認しておきますね!

DSDS対応

「g07」はデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。
日本で発売された2万円クラスのSIMフリースマホはDSDS非対応でした。この点だけでも大きな特長であることは間違いないです。

指紋認識センサー

「g07」は、指紋認識センサーをボディ背面に搭載しています。指紋認識センサーはミドル~ハイエンドクラスに採用されることが多いです。
指紋認識センサーを使い始めると、指紋認識センサーの利便性を強く感じる方は多いです。
およそ2万円の価格帯でありながら、搭載されているのも大きなポイントです。

USBはType-C

USBについては、上下どちらでも挿せる「Type-C」になっています。
「Type-C」を採用するスマホは続々と増えていますが、ミドルクラス以上の場合が多いです。

充電はすべての方が頻繁に行うものです。
「Type-C」採用機は続々と増えてくると予想されます。
使い勝手の向上を考えると「Type-C」採用は、多くのユーザーに大きなメリットがあります。

「 g07 」のデザインをチェック

「 g07 」について、まずは簡単なまとめを行いました。
ここからは、今回の本題である、「 g07 」のデザインをチェックしていきます。

まずは、デザインとは直接的には関係ないですが、なんとなく外箱を記念撮影しておきました!
最近は外箱がコンパクトなスマホが増えてくる中で、「 g07 」の外箱の大きさに驚きました。
特に、横幅についてはスマホを並べて2台入るぐらいです。

g07
  
外箱
 

ちなみに、箱は大きいですが、中に入っている付属品はおおむね普通です。
「USB Type-C」ケーブルについてもちゃんと入っています。
更には、液晶フィルムが付属していたのはうれしいポイントでした!

では、さっそく開封して、「g07」のデザインを確認してみます!

g07
  
前面
 

まずは、前面から確認してみます。「g07」は5.5インチフルHD液晶を搭載です。

超狭額縁ではありませんが、それなりに額縁は細くなっていて、ディスプレイサイズからすると比較的コンパクトな印象を受けます。

ちなみに、「 g07 」の横幅は75.6mmです。同じ5.5インチフルHDディスプレイを搭載している「 ZenFone 3 Laser 」の横幅は約76.0mmです。

超薄型ベゼルのデザインをうたっている「 ZenFone 3 Laser 」と横幅はほぼ同等ですので、いい感じです!

参考【簡易レビュー】ASUS「 ZenFone 3 Laser 」 実機でレビューしてみた

また、あまり写真では表現できていなくて申し訳ないですが、「g07」のディスプレイはDragontrail強化ガラスで覆われています。

耐久性を高めるだけでなく、エッジにかけてわずかにカーブしており、デザインとしての質感を高めることに成功しています。

今回購入した「g07」は「ホワイトパネル」モデルを選択しました。「ブラックパネル」モデルとのカラーの違いは、主に前面のカラーの違いになっています。

g07
  
背面
 

「g07」はアルミボディを採用しています。
「g07」のボディの質感については到着前に予想していたものは超えていました。
加工品質についても一定のレベル以上で、2万円クラスのスマホとしては十分に満足できるレベルです。

背面のアルミボディの色合いは、素材感を生かした一般的なシルバー色になっています。

g07
  
エッジの美しいカット
 

上の写真を見ていただくと、「g07」に施されたエッジ部の美しいカットを確認いただけると思います。
光の反射で美しさが演出されるデザインです。

g07
  
指紋認識センサー
 

使い勝手を向上させる指紋認識センサーがボディ背面に搭載されています。
指紋認識センサーの搭載位置は機種によって異なりますが、おそらく「g07」と同様の位置を好まれる方は多いと考えます。
カラーの一体感も含めてデザインも悪くないですよね!

g07
  
上部
 

以降は、ボディサイドのチェックを中心に行います。

まずは、「g07」上部です。
ヘッドフォン端子が「無事に」搭載されています。
エッジのカットの具合についても確認できます。
ぜひチェックしておいてください!

g07
  
下部
 

ボディ下部では、大きな特長の1つである「USB Type-C」をまず注目です。
「USB Type-C」の両サイドには「スピーカー」があります。

隠れたポイントは、上の画像の右端にある「ストラップホール」です。
SIMフリースマホにおいては、ストラップホールがある機種は少なくなってきています。
転落防止のためにストラップを用いたい方にとっては大きな注目ポイントだと考えます。

g07
  
 

ボディ右には、「音量ボタン」と「電源ボタン」があります。いたってスタンダードな配置になっています。

g07
  
 

ボディ左には、「SIM/SDカードトレイ」と「ショートカットボタン」があります。

「SIM/SDカードトレイ」は取り出しピンを用いるタイプになっています。
DSDS対応で気になる「SIM/SDカードトレイ」については別ページで詳しくレビューしております。よろしければ合わせて御覧ください。

参考【実機レビュー】DSDS対応で気になるSIMスロットもチェック!「g07」の初期設定

SIMのサイズについては、「nanoSIM」+「microSIM」です。

SIMスロットについては、nanoSIMとmicroSDカードがスロットを共有する仕様になっています。
すなわち、microSDカードを使用する場合には、2枚のSIMカードを挿すことができません。
一部の機種を除くと、他のDSDS機も同様の仕様になっています。
ただ、使い方のバリエーションから考えると、やはりこの点は残念です。

「ショートカットボタン」については予め設定した機能を呼び出すことができるようです。この辺りも後日検証する予定です。


g07

g07

「 g07 」のデザインチェックまとめ

以上のように「 g07 」のデザインをチェックしてみました。
購入時点では、価格を考えると、ほぼ文句のつけようがないレベルだと考えます。

SIMフリースマホで売れ筋の3万円クラスの機種と並べても違和感がまったくないレベルになっています。

手に持ったときの感触

「g07」はアルミボディ採用で、結構冷たいです(笑)。
まあ、動作させていても、ボディ全体がほんのりと熱くなる程度ですから、発熱をしっかりコントロールできています。

また、スペックでは厚さ7.9mmとなっており、厚さを感じるかな?と予想していましたが、実際にはそれほどでした。
逆に、ボディはスペック以上に薄くなっている印象を受けます。

薄い印象を受ける理由は、背面のデザインにあります。
左右のエッジにかけてカーブしており、エッジ部が薄くなっています。
このように形状を工夫している点は、非常にいい感じです。

ただ、アルミの素材感を残した仕上げになっています。
少し手が滑りそうで怖いです。
落下防止のためにケースをつけてしまうと、せっかくの「g07」のデザインを損ねてしまいます。
迷うところですよね!

デザインチェックの段階では、久々にすごいコスパをもったスマホが出た!といった感じです。
基本スペックもミドルレンジモデルと遜色なく、DSDSなどの最新機能にも対応しています。

「g07」に興味を持たれた方は、下のリンクから詳細をチェックしてみてくださいね!


g07

g07

別ページでも「g07」をレビュー

「g07」のレビューを別ページでも行っています。よろしければ合わせて御覧ください。

【実機レビュー】ベンチ結果もあり!「g07」の基本部分をチェックしてみた

【実機レビュー】DSDS対応で気になるSIMスロットもチェック!「g07」の初期設定

Source

「 g07 」製品ページ|NTTレゾナント

コメント

  1. すー より:

    やすすま様
    以前コメントさせて頂いた、すーです。
    ガラケーからガラホに機種変更し、メールもドコモメールへと変更出来ました!
    さあ、Blade Max7 いつ買うかと思っていた矢先
    go の登場です。迷っています❗

  2. やすスマ より:

    すー 様

    いつも「やすスマ」に遊びに来ていただきありがとうございます。
    「Blade V7Max」の際には、本当にありがとうございました。

    また、ガラホへの機種変更とドコモメール化が
    完了したということでたいへんうれしく思います。

    色々と活用方法を考えているときはとても楽しいですよね!

    さて、「g07」は先日買ったばかりですので、
    まだ細かなチェックはできていません。
    現時点ではデザイン面だけで「Blade V7Max」と比較しておきます。

    「Blade V7Max」と「g07」はデザインではかなり近いレベルだと感じました。
    ただ、細かい部分では「Blade V7Max」の方が若干だけ勝っているとも感じました。

    具体的には、カーブガラスの処理や指紋認識センサーの位置です。
    「Blade V7Max」の指紋認識センサーは機能も含めて秀逸です。

    先日参加したASUSのZenTourでASUSの技術部門の責任者の方と、
    ZTEの指紋認識センサーについて話していても
    「あれはすごいっすねぇ~」と確実に評価されていました。
    あっ、これはオフレコだったかもしれませんが(笑)

    あとは、「g07」の動作チェックが大切なポイントです。
    レビューすべき機種が手元に溢れつつあります。
    「g07」のレビューも進めていきますので、もうしばらくお待ちください。

    色々と情報を見ていただき、結果としていい買い物になればよいですね!

  3. すー より:

    早速のお返事ありがとうございます
    価格差が1万円、悩ましいです。
    1万円上乗せしても、max7なのか
    1万円も違うなら、gooなのか
    悩みます。

  4. やすスマ より:

    すー 様

    返事をありがとうございます。
    基本的に、Blade V7Maxはいい機種という結論を自分なりには持っています。

    確かに価格差の1万円は大きいですよね!

    頑張ってg07のレビューを進めていこうと思います。

    今後ともよろしくお願い致します。

  5. いとう より:

    はじめまして。
    今この「g07」と「 HUAWEI P9 lite 」で迷っているのですが、カメラのシャッター音はどちらが大きいでしょうか。
    「g07」の音は大きいというコメントを他所で見かけたのですが、もし比較される事があれば教えてほしいです。
    よろしくお願いします。

    • やすスマ より:

      いとう 様

      「やすスマ」です。はじめまして。
      また、ブログ訪問およびご質問をありがとうございます。

      さっそくですが、「g07」のシャッター音について確認してみました。
      「 HUAWEI P9 lite 」と比較では、「g07」の方が大きくなっていますが、
      すごく大きいシャッター音かと聞かれると、私としてはそのようには感じません。

      愛用している「 ZenFone 3 Ultra 」のシャッター音が、
      スピーカーから風圧が出るほどの爆音です(笑)
      「g07」のシャッター音は、少なくともその爆音レベルではないです。

      一般的な機種と比較した場合に、「g07」のシャッター音は
      少し大きいかな?どうかな?というのが個人としての感じ方です。

      ちなみに「 HUAWEI P9 lite 」のシャッター音は、
      一般的な機種と比較しても、小さい部類だと思います。

      「 HUAWEI P9 lite 」はいい機種で、同じような価格帯の「g07」と
      迷うお気持ちはすごく分かります。

      これからも「g07」のレビューを追加していきますので、
      機種選びの参考にしていただければ幸いです。

  6. いとう より:

    確認してくれてありがとうございます。
    「 HUAWEI P9 lite 」の方が小さめなんですね。
    私は「goo g02」を使用中で、シャッター音の大きさがずっと気になっていました。
    ストレージも足りなくなり、新しいスマホにするならシャッター音が今より小さなものが良いなと思っていました。
    「g07」も2台持ちから解放されるので捨てがたいです。
    やすスマさんのレビュー参考にさせてもらいます。

  7. やすスマ より:

    いとう 様

    「goo g02」のシャッター音は大きかったのですね!
    ZTE製造だと思いますが、まったく知りませんでした(汗)

    「gooのスマホ」を展示している家電量販店は、
    ビックカメラとヨドバシカメラの一部店舗のみのようですから、
    なかなか実機を触る機会が少なく残念ですよね。

    「g07」には、確かにDSDSという特長がありますよね!
    「g07」ではDSDSを未チェックですが、
    他の機種で試したときには色々とニーズを満たしてくれそうです。

    今日も新規レビューを作成しましたので、参考になれば幸いです。
    http://yasu-suma.net/sim-free/g07-4/

    まだまだチェックしたい項目が山積みであたふたしていますが、
    今後もがんばりますのでよろしくお願いいたします。