人気モデル「g07」がさらに進化!低価格DSDS対応 SIMフリースマホ「g07+」発表

NTTレゾナントは、2017年3月27日に、「gooのスマホ」の最新モデル「g07+」を発表しました。価格は19800円(税別)です。

「g07+」はコストパフォーマンスで人気を博したSIMフリースマホ「g07」の進化モデルです。「g07」については別ページまとめていますので、合わせてチェックしてみてください。

「g07」の基本スペックそのままに「au 3G(CDMA2000)」に対応するなど、価格を据え置きで随所で進化しています。

「g07+」の特徴

「g07+」は、前モデル同様に4G+3Gのデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。

auユーザーが利用可能

新たに「au 3G(CDMA2000)」に対応したことで、auのフィーチャーフォンユーザーがauの純正SIMを音声専用、格安SIMをデータ通信専用に使うことで、コストを抑えてスマホを使用することが可能になります。

ただし、au回線でのVoLTEとLTEデータ通信は対応していません。

IGZO液晶パネル採用

「g07+」のディスプレイのサイズや解像度などは前モデルと変化していませんが、新たに「IGZOパネル」を採用したのは大きな特徴です。

「IGZOパネル」を採用したことで、消費電力を抑え明るく高精細な画面表示が可能になりました。

前モデルと比較して、バッテリー容量は変化していませんが、「IGZOパネル」採用によって、電池持ちの改善が期待できそうです。

また、タッチパネルの精度が向上しています。

さらに進化したコスパモデル

DSDS対応、指紋センサー搭載、USB Type-Cなどのトレンド機能をそのままにさらに進化しました。

アルミボディ

「g07+」は前モデル同様にアルミボディになっています。ボディの加工はさらに高品質なものに進化。

g07+ アルミボディ

デザイン性の評価も高かった前モデルからの進化ということで期待したいところです。

「g07」でうれしい採用であったストラップホールについても、引き続きあります。

g07+ ストラップホール

「やすスマ」所有の「g07」でもストラップホールにはお世話になっています。ただ、穴がすごく小さいので、細い針金を使って、悪戦苦闘してなんとかヒモを通しました(笑)ストラップホールはあると便利と思われる方はけっこういらっしゃると思います。

2色のカラバリ

「g07+」のカラーバリエーションは、ホワイトパネル、ブラックパネルの2色展開です。

「g07+」のスペックレビュー

「g07+」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 6.0
  • ディスプレイ:5.5 インチ(1920×1080)
  • SoC:MediaTek MT6750T
  • CPU:Octa Core 1.5GHz×4+ 1.0GHz×4
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:13MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:75.6(W)×152.0(D)×7.9(H) mm / 150g

まとめ

コスパの高さで評判であった「g07」が、さらに進化して「g07+」として発売になります。現時点(2017年3月27日)では、NTTレゾナントが直営している「gooSimseller」において、ホワイトパネルモデルが4月中旬以降出荷、ブラックパネルモデルが5月上旬以降出荷予定とアナウンスされています。

「やすスマ」は「g07」の実機を持っています。おおむね快適に使用できていますが、バッテリーが思ったよりも持たないのが気になっています。今回の「IGZOパネル」採用してきたのは大きな改善だと感じています。

「g07」から価格は据え置きということで、多数の改善によってさらに高いコスパ機に進化するかもしれませんね!

なお、「gooSimseller」では、発売を記念して数量限定で「OCN モバイル ONE」のSIMカードとセットで「g07+」が1万7800円(税別)で提供されています。

Source

「g07+」製品ページ

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする