【日本発売期待】Samsung フラグシップモデル「Galaxy S8」「Galaxy S8+」発表

Samsung(サムスン)は、2017年3月30日に、ニューヨークでフラグシップAndroidスマートフォン「Galaxy S8」、「Galaxy S8+」を発表しました。

Galaxy S8 Galaxy S8+

Samsungのフラグシップモデルとしてお馴染みの「Galaxy S」シリーズの最新モデルが発表されました。

「Galaxy S8」、「Galaxy S8+」ともにすでに日本語ページが公開されていて、日本での発売が予想されます。

「Galaxy S8」の特徴

今回発表された2種類のモデルに共通する大きな特徴は、ディスプレイが18.5:9の画面比率を採用し、超狭額縁設計でなめらかなデザインになっている点です。

Galaxy S8 ディスプレイ

「Infinity Display」と呼ばれる、5.8インチディスプレイを搭載。スマートなデザインによって、ボディの横幅は約68.1mmになっています。

ハイエンドSoC搭載

SoCは、発売地域によって異なる2つのパターンがあります。「Snapdragon 835」または「Exynos 8895」です。ともにハイエンドなSoCになっており、高いパフォーマンスが期待できます。

虹彩認証

「Galaxy S8」はボデイ背面に搭載した指紋認証センサー以外に、虹彩での認証が可能になっています。

「Galaxy S8」のスペックレビュー

「Galaxy S8」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.0
  • ディスプレイ:5.8 インチ(2960×1440)
  • SoC:Snapdragon 835/Exynos 8895
  • CPU:Octa Core
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP(f1.7) FRONT:8MP(f1.7)
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:68.1(W)×148.9(D)×8.0(H) mm / 155 g

「Galaxy S8+」の特徴

「Galaxy S8+」は、「Galaxy S8」とほぼ同じ基本スペックで、ディスプレイサイズをさらに大型な6.2インチに変更したモデルです。

大型な6.2インチディスプレイを搭載しながら、超狭額縁設計によって、ボディの横幅は73.4mmに抑えられています。

「Galaxy S8」と比較するとディスプレイサイズが大型化したモデルということで、バッテリー容量は500mAhアップしています。

「Galaxy S8+」のスペックレビュー

「Galaxy S8+」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.0
  • ディスプレイ:6.2 インチ(2960×1440)
  • SoC:Snapdragon 835/Exynos 8895
  • CPU:Octa Core
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP(f1.7) FRONT:8MP(f1.7)
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3500mAh
  • サイズ/重量:73.4(W)×159.5(D)×8.1(H) mm / 173 g

Source

「Galaxy S8」「Galaxy S8+」製品ページ|Samusung

「Galaxy S8」情報ページ(英文)|Samusung

「Galaxy S8+」情報ページ(英文)|Samusung

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする