【実機レビュー】「honor 9」 はつい自慢したくなるデザインのハイスペックスマホ ファーウェイ SIMフリー

ファーウェイ・ジャパンから2017年10月12日に発売されたSIMフリースマホ「honor 9」を購入しましたのでレビューします。

「honor 9」の日本発売での販売価格を知ったときには、

これならライカレンズの「HUAWEI P10」を買ったほうがいいかも

とも思いましたが、新モデルの魅力に惹きつけられて、ポチってみました。

日本における「honor 9」の販売価格は53800円(税別)です。海外では日本円換算で4万円~ぐらいになっていましたので、予想していたよりも高めの設定です。

実際に使ってみての結論としては、


かっこよくて他人に満足したくなるハイスペックモデル

という印象です。

では、さっそく実機を用いてレビューしてみます。

「honor 9」はなかなかのハイスペックモデルです。

前モデル「honor 8」はMVNOでは楽天モバイル専売となっていました。「honor 9」では取り扱いのMVNOが拡大されて、「楽天モバイル」、「IIJmio」、「イオンモバイル」、「gooSimseller」で取り扱いされます。

参考まもなく日本で発売されるSIMフリースマホ一覧表

「honor 9」実機レビュー

さっそく、ついつい自慢したくなるデザインとスペックを合わせもった「honor 9」をレビューしていきます。

「honor 9」スペック

まずは「honor 9」のスペック確認です。

  • OS:Android 7.0
  • ディスプレイ:5.15 インチ(1920×1080)
  • SoC:Kirin 960
  • CPU:Octa Core 2.4GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP+20MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3200mAh
  • FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/20
  • TDD-LTE : B38/40
  • WCDMA : B1/2/5/6/8/19
  • サイズ/重量:70.9(W)×147.3(D)×7.45(H) mm / 155 g

honor 9 スペック ファーウェイHPより

「HAUWEI P10」と同じSoC「Kirin 960」を採用するなど、スペックはフラグシップモデルに近いものになっています。

カメラ性能に定評あるファーウェイ製のスマホということで、搭載しているデュアルカメラの性能も期待できます。

実際に操作してみても、ミドル以下のモデルからの機種変更であればパフォーマンスの差を体感できるぐらいの高いパフォーマンスとなっています。

イオンモバイルのキャンペーンで購入

今回、やすスマ@yasu_sumaは「honor 9」を「イオンモバイル」で購入しました。

発売開始時点で、「イオンモバイル」では「honor 9」の発売を記念して「イオンモバイル ヨロシ9!キャンペーン」を開催しています。

「honor 9」とSIM(データSIMも可)をセットで購入すると、SIMの事務手数料が1円で、さらに「honor 9」自体の割引も受けれるということで、単品で購入するよりもお得だったので、「イオンモバイル」での購入を決めました。

イオンモバイル

「honor 9」が到着

「honor 9」が発表された日(2017年10月10日)にオーダー。2017年10月14日に「honor 9」が到着しました。

honor 9 外箱

まずは、「honor 9」の外箱です。非常にシンプルでカッコイイです。開封時のワクワク感を十分に演出してくれます。

外箱を開けると、nova liteを開封したときと同じように、「honor 9」がファーウェイ製のスマホでおなじみの感じでささっています。

honor 9 開封

選んだカラーは「サファイアブルー」です。

付属品をチェック

外箱から、付属品を出して、「honor 9」本体と並べてみました。

honor 9 付属品

クリアケース付属

「クリアケース」が付属しているのは非常にうれしいです。美しい「honor 9」を傷から守ることが可能です。

「クリアケース」は、ハード系のものです。透明度はそこそこあります。

honor 9 ケース

実際に「honor 9」に「クリアケース」を装着してみました。

honor 9 ケース装着後

装着すると背面デザインの雰囲気は変わってしまいます。背面の美しいデザインをそのまま楽しむか、傷から守るためにケースをつけるか迷うところです。

「やすスマ」はケース無しで「honor 9」を楽しむことにします。

honor 9 ACアダプター

ACアダプターはコンパクトなものになっています。「honor 9」のUSBポートは「Type-C」で、9V/2Aの急速充電に対応しています。

デザインをチェック

さっそく、「honor 9」の大きな魅力であるデザインのチェックに移っていきます。

honor 9 ロゴ

起動すると「honor」ロゴが表示されます。

honor 9 起動

やっぱり、かなりカッコイイです。

デザインの美しさにうっとり、、、。

前モデル「honor 8」もデザインが非常に美しいと感じていましたが、なぜか買うタイミングを逸していました。ようやくこのデザインのモデルを手に入れてうれしくなっています。

真面目に「honor 9」を様々な角度から眺めてみます(笑)

honor 9 前面

「honor 9」は5.15インチディスプレイを搭載。ディスプレイはなかなか美して明るいもので、やすスマとしては十分に満足できるものになっています。

ディスプレイは2.5Dガラス「Gorilla Glass」で覆われています。

「honor 9」にはクリアケースが付属していますが、液晶フィルムは貼られていません。

2.5Dガラスということでエッジ部分が少しカーブしているので、液晶フィルムを貼る場合は、どのような液晶フィルムを選ぶか迷うところです。

honor 9 Gorilla Glass

指紋センサー

ディスプレイ下のホームボタンには、「指紋センサー」が内蔵されています。前モデル「honor 8」は背面に「指紋センサー」が搭載されていたので、「指紋センサー」の搭載場所が変更されています。

「指紋センサー」の両隣には、バックライト付きのボタンが2つあります。「SIMフリースマホ「honor 9」のナビゲーションキー設定方法まとめ」にまとめているように「設定」メニューからこれらのボタンの役割を変更することが可能です。

やすスマはシングルナビゲーションキーに設定変更して「honor 9」を使っています。慣れると快適に操作できるようになります。

ナビゲーションキーのライト消灯時間も「設定」メニューから変更することができます。

次に、「honor 9」のボディ背面です。

honor 9 背面

本当にボディ背面が本当に美しいです!!!

honor 9 背面2

光のあたる角度によって「honor 9」のボディは表情を変えます。

この「honor 9」に施された「マイクロパターン」は大きな魅力です。

ただし、この美しいデザインの「honor 9」は防水・防塵には対応していません。

背面のデュアルカメラ

honor 9 背面 デュアルカメラ

背面上部には、こちらも大きな魅力となる2000万画素+1200万画素のデュアルカメラを搭載。2000万画素のモノクロセンサーと1200万画素のRGBカラーセンサーという構成で、劣化を抑えながら2倍までズームできる「ハイブリッドズーム」機能を搭載しています。

「honor 9」のカメラ性能については、後日実際に撮影してみてチェックしてみようと考えています。

honor 9 ボディ上部

ボディ上部には「赤外線発光部」と「マイク」があります。

honor 9 ボディ下部

ボディ下部には「USB Type-C」ポート、「ヘッドセットジャック(イヤホンジャック)」、「マイク」、「スピーカー」があります。「イヤホンジャック」が廃止される機種が増えてきていますが、「honor 9」にはちゃんと「イヤホンジャック」が搭載されています。

honor 9 ボディ右部

ボディ右部には、「音量ボタン」と「電源ボタン」があります。

honor 9 ボディ左部

SIMスロット

ボディ左部には、「SIMスロット」があります。

honor 9 SIMスロット2

SIMスロットは「Nano SIM x 2」の構成になっています。micro SDカードスロットと兼用ですので、microSDカードを使用している時には2枚のSIMカードをさすことができません。

honor 9 SIMスロット

「honor 9」のLTE対応バンドはB1/3/5/7/8/19/20/38/40です。

NTTドコモのプラチナバンド「BAND 19」、ソフトバンクのプラチナバンド「BAND 8」に対応しています。

3G対応バンドは「B1/2/5/6/8/19」です。FOMAプラスエリア(Band6/19)にも対応しています。

4G+3Gの同時待ち受け(DSDS)に対応しています。なお、「au VoLTE」には対応していません。

また、複数のLTEバンドを1つにまとめて同時に利用することで高速通信を実現する「キャリアアグリゲーション」には対応していません。

背面サイドがカーブ

「honor 9」のデザインで気に入っているのが、背面の左右エッジがカーブしている形状になっていることです。

honor 9 エッジカーブ

honor 9 エッジカーブ2

フレーム部分には細かなカットが施されていて、デザインの高級感を演出しています。

軽量な仕上がり

SIMカード1枚を挿した状態で、重量計測を行ってみました。

honor 9 重量

メーカースペック表では、ボディの重さが「155g」と書かれています。スペック通りの重さとなっている印象です。

honor 9を持ってみた

「honor 9」のボディ幅は約70.9mmです。やすスマ@yasu_sumaとしては片手で操作するのもまったく問題ないコンパクトさです。

「honor 9」はエレガントなデザインでコンパクトな仕上がりになっています。

おサイフケータイには非対応

「honor 9」は「おサイフケータイ」、「ワンセグ」という日本特有の機能には対応していません。

次ページ

デザインのチェックが終わったので、「honor 9」を実際にセットアップしてベンチマークを行いながら動作チェック等をやっていきます。


【海外SIMフリー】Huawei Honor 9【TOMTOP】

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする