【日本発売期待】フラグシップモデル「HTC U11+(Plus)」発表 SIMフリー

台湾のHTCは、6インチの縦長ディスプレイを搭載した新型ハイエンドスマートフォン「HTC U11+(Plus)」を発表しました。

HTC U11+

「HTC U11+(Plus)」は11月中旬に発売を予定しています。現地での販売価格は、64GB ROMモデルが19900台湾ドル(約7.5万円)、128GB ROMモデルが21900台湾ドル(約8.3万円)です。

「HTC U11+」

「HTC U11+」は今年5月に発表された「HTC U11」をベースとしたモデルで、ディスプレイがアスペクト比18:9の縦長なものに変更されています。「HTC U11」については以下のページを参考にしてみてください。

高解像度ディスプレイ

解像度2880×1440の高精細ディスプレイを搭載。6インチの縦長ディスプレイ搭載と狭額縁デザインでボディ幅74.9mmを実現しています。一般的な5.5インチクラスのボディ幅と同等です。

ディスプレイは2.5Dガラス「Gorilla Glass 5」で覆われています。

ハイスペック

「HTC U11+」はベースモデル「HTC U11+」と同様にハイスペックな仕上がりになっています。SoCはクアルコムのハイエンドモデル向け「Snapdragon 835」を搭載。メモリ仕様は「4GB RAM+64GB ROM」と「6GB RAM+128GB ROM」の2つのパターンがあります。

Android 8.0 Oreo

最新OS「Android 8.0 Oreo」を搭載。ディスプレイに小窓を表示して、複数の画面を同時に表示させる機能「ピクチャー・イン・ピクチャー」に対応し、バッテリーの持ちやパフォーマンスの改善なども期待できます。

エッジ・センス(Edge Sense)

HTC U11+のエッジセンス

「HTC U11+」の大きな特長として、本体を「握る」というアクションで、お好みのアプリを起動することができる「エッジ・センス」を搭載しています。

スマートフォン最高スコアのカメラ

「HTC U11+」について紹介しておきます。リアには光学手ブレ補正機能付きの1200万画素(f1.7)カメラ、フロントには800万画素(f2.0)の広角カメラを搭載しています。

ベースモデル「HTC U11」は、スマートフォンのカメラ性能をスコアで公表している「DxOMark Mobile」において、トップスコアを記録しました。「HTC U11+」のカメラ性能についても期待できそうです。

3930mAhバッテリー

「HTC U11+」は3930mAhバッテリーを搭載。比較的大容量なものとなっています。急速充電技術「Quick Charge 3.0」に対応しています。

防水・防塵対応

「HTC U11+」はIP68レベルの防水・防塵に対応しています。

「HTC U11+」のスペックレビュー

「HTC U11+」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0
  • ディスプレイ:6.0 インチ(2880×1440)
  • SoC:Snapdragon 835
  • CPU:Octa Core 2.45GHz×4+1.9GHz×4
  • RAM:4GB/6GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:12MP(f1.7) FRONT:8MP(f2.0)
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3930mAh
  • サイズ/重量:74.9(W)×158.5(D)×8.5(H) mm 188 g

Source

HTC U11+ | HTC 網路商店-官方銷售網站

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする