縦長ディスプレイ「HUAWEI Mate 10 lite」は2つのデュアルカメラを搭載したSIMフリースマホ 12月8日発売

ファーウェイ・ジャパンは、新型SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 lite」を2017年12月8日に発売することを発表しました。

HUAWEI Mate 10 lite

「HUAWEI Mate 10 lite」は縦長ディスプレイを搭載したミドルレンジモデルで、中国市場ですでに発表されていました。

「HUAWEI Mate 10 lite」の市場価格は42800円(税抜)となっています。

参考まもなく発売されるSIMフリースマホ一覧表|やすスマ

「HUAWEI Mate 10 lite」

同日に発表されたフラグシップモデル「HUAWEI Mate 10 Pro」のライト版モデルが「HUAWEI Mate 10 lite」です。

事前には日本発売が噂されておらず、サプライズでの発表となりました。

縦長ディスプレイ

「HUAWEI Mate 10 lite」の縦長ディスプレイ

「HUAWEI Mate 10 lite」はアスペクト比18:9の縦長ディスプレイを搭載。サイズは5.9インチで解像度はフルHD+(2160×1080)となっています。

ベゼルレスデザインとなっていて、ボディ幅が75.2mmです。これは一般的な5.5インチスマホと同等レベルのボディ幅です。

2つのデュアルカメラ

HUAWEI Mate 10 liteのデュアルカメラ

「HUAWEI Mate 10 lite」は、リアに1600万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載。

フロントにもデュアルカメラ(1300万画素+200万画素)を搭載しているのが大きな特徴です。

デュアルカメラならではの美しいボケ効果が期待できます。

Kirin 659

「HUAWEI Mate 10 lite」はSoCに「Kirin 659」を採用。
CPUはオクタコアプロセッサ(2.36GHz×4+1.7GHz×4で、メモリ仕様は「4GB RAM+64GB ROM」です。

海外モデル「HUAWEI Mate 10 lite」の「Antutu」スコアはだいたい63000のようです。ミドルスペックモデルとしては十分なパフォーマンスが期待できそうです。

バッテリー容量は3340mAhで、背面に指紋センサーを搭載しています。

ボディカラーは「グラファイトブラック」、「オーロラブルー」の2色展開です。

「HUAWEI Mate 10 lite」のスペック

「HUAWEI Mate 10 lite」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.0 (EMUI 5.1)
  • ディスプレイ:5.9 インチ(2160×1080)
  • SoC:Kirin 659
  • CPU:Octa Core 2.36GHz×4+1.7GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:16MP+2MP FRONT:13MP+2MP
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:micro
  • バッテリー:3340mAh
  • サイズ/重量:156.2(H)×75.2(W)×7.5(D) mm 164g
全体的なスペックはミドルクラスとしてはほぼ問題なしといった感じですが、USBポートが「Type-C」でないのが非常に美惜しいところですね!

Source

HUAWEI Mate 10 lite スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする