【実機レビュー】エッジにかけても上手く貼れる!「HUAWEI P10 lite」にTPU液晶保護フィルムを貼ってみた

「HUAWEI P10 lite」の保護フィルム選び

ファーウェイ・ジャパンが2017年6月9日に発売した「HUAWEI P10 lite」は両面2.5D曲面ガラスが採用されています。

前モデル「HUAWEI P9 lite」と比較すると、このデザイン面の進化は大きな特長になっています。

「HUAWEI P10 lite」ではエッジにかけてゆるやかにカーブする形状になっていて、間違いなくデザイン性は向上していますが、一方で液晶保護フィルムを選びは難しいものになってしまいます。

「HUAWEI P10 lite」を大切に使いたい!!!という気持ちで、Amazonで口コミなどを参考にしながらで液晶フィルムを購入して貼ってみました。

「G-Color」のTPU保護フィルムをセレクト

今回購入した液晶フィルムは「G-Color」のTPU素材のものです。

エッジにかけてゆるやかにカーブしている形状から考えて、薄いTPU保護フィルムのものをセレクト。エッジにかけても保護してくれるTPU素材の薄いフィルムということで、慎重に貼らなければいけません。

貼ることをミスするリスクが気になるところですが、今回購入した「G-Color」のTPU保護フィルムは3枚セットになっています。値段もそれほど高いことから、非常に大切な点です。

HUAWEI P10 lite G-Color

HUAWEI P10 lite G-Color 3枚セット

実際に貼ってみたときの手順と考えたこと等についても含めながら、さっそく状況をまとめておきます。

いざ貼り付け

HUAWEI P10 lite アルコールシートでゴシゴシ

まずは、液晶フィルムに付属しているアルコールシートとクリーニングクロスで「HUAWEI P10 lite」の全面をホコリを取るためにゴシゴシとキレイにします。

HUAWEI P10 lite 液晶フィルムをのせる

ここからは集中して作業していきます。「HUAWEI P10 lite」に貼り付ける液晶フィルムをのせます。

このときの位置合わせによって、その後の状況が大きく左右されるので何度も確認しながら位置を決めます。

このあとは写真を撮る余裕がまったくありませんでした(笑)

かなり慎重に1枚目をトライした結果が以下のとおりです。

HUAWEI P10 lite 液晶フィルム 成功

写真はまったく撮れませんでしたが、かなり集中して作業した結果、珍しく一発で上手く貼ることができました!!!

薄型のTPUフィルムということで、気にしていたサイドにかけての状態も浮くことなくキレイに貼れています。

フィルムを貼った状態で、写真を表示したものが以下のとおりです。

HUAWEI P10 lite 液晶フィルム 透明度

「G-Color」のTPU保護フィルムは高透過率を誇ると謳われている商品ということで、上の写真のように画面表示についても問題なしです。

さらに、ディスプレイをタッチ操作をしてみても、反応が悪くなったということもありません。

HUAWEI P10 lite 液晶フィルム カメラ

フロントカメラ周りもフィルムを貼った状態でチェックしてみました。穴が開いている位置も問題ないですね。

まとめ

以上、「HUAWEI P10 lite」のディスプレイにTPU保護フィルムを貼ってみました。

結果は予想していたよりもはるかに大成功となりました。事前には結構張るのが難しいという口コミもありましたが、慎重に手順を守ってやると、十分になんとかなるレベルです。

やわらかい薄型フィルムということで、使っているうちに傷の心配はあります。

貼り替えを考えてときにも、フィルムが3枚セットになっているのは大きなポイントになります。

総合すると、「G-Color」のTPU保護フィルムは、「HUAWEI P10 lite」の液晶フィルムを探しておられる方にオススメできる一品と感じています。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする