【実機レビュー】海のような美しさのサファイアブルーに一目惚れ!「HUAWEI P10 lite」をチェック

【実機レビュー】「HUAWEI P10 lite」

ファーウェイ・ジャパンが2017年6月9日に発売したSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite WAS-LX2J」を入手したので、さっそくレビューしていきます。

大人気シリーズ最新モデル

「HUAWEI P10 lite」は、SIMフリースマホとして大ヒットモデルになった「HUAWEI P9 lite」の後継モデルです。

前作「HUAWEI P9 lite」はコストパフォーマンスの高いモデルとして人気を集め、SIMフリースマホとしては大ヒットになりました。

確実にスペックアップ

「HUAWEI P10 lite」の市場想定価格は29980円です。最新モデルとして、かなり手の出やすい価格設定になっています。価格設定だけでなく、前モデル同様にパフォーマンスレベルもかなり高いものになっています。

「HUAWEI P10 lite」では、CPUが「Kirin 658」、メモリが「3GB」、内部ストレージが「32GB」に強化されているなど、確実にスペックアップしています。

決め手は「サファイアブルー」

性能面でも確実にアップしていることも魅力ですが、「やすスマ」が最も魅力を感じたのは、「サファイアブルー」カラーがラインナップされていたことです。

「サファイアブルー」モデルは背面ガラスの下に極薄の光沢フィルムを重ねて、光によって美しく輝くようになていて、一目惚れといった感じでした!

新色カラーの登場が「やすスマ」の物欲を確実に刺激してくれました。

「HUAWEI P10 lite」が届いてすぐに開封したときの写真が下のものです。

その美しいカラーは、見た瞬間に「ワクワク感」を感じるレベルでした。

「HUAWEI P10 lite」スペックをおさらい

レビューを始める前に、「HUAWEI P10 lite」のスペックをかんたんにおさらいです。

  • OS:Android 7.0 (EMUI 5.1)
  • ディスプレイ:5.2 インチ(1920×1080)
  • SoC:Kirin 658
  • CPU:Octa Core 2.1GHz×4+1.7GHz×4
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:12MP FRONT:8MP
  • FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/18/19/26
  • TDD-LTE:Band 41
  • W-CDMA:Band 1/5/6/8/19
  • Wi-Fi:802.11 ac/a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:micro
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:72(W)×146.5(D)×7.2(H) mm / 146g

「HUAWEI P10 lite」では、性能アップだけでなく、ボディが前モデルより薄型化するなど、コンパクトさにも磨きがかかっています。

では、実際に入手した「HUAWEI P10 lite」を開封していき、デザインチェックを中心にまとめていきます!

「HUAWEI P10 lite」レビュー

2017年6月13日に「goo SimSeller
」でオーダーしていた「HUAWEI P10 lite」が届きました。

goo SimSeller
」では、オーダーしたときに発売記念キャンペーンを実施していて、「HUAWEI P10 lite」を21800円(税別)で購入することができました。

発売日から少し経っての到着でしたが、非常にお得に手に入れることができたので満足です!

「HUAWEI P10 lite」を開封

さっそく、到着した「HUAWEI P10 lite」の箱を開けると、本体が下の写真のようにささっていました。

HUAWEI P10 lite

「HUAWEI P10 lite」の付属品を確認

次に、箱からゴソゴソと付属品を取り出して、主なものを並べてみました。

HUAWEI P10 lite 付属品

ファーウェイ製のスマホでお馴染みですが、クリアケースがついているのはうれしいポイントです!

クリアケースについては、クリア感が分かりやすいように、外箱にのっけてアップで撮影しておきました。

HUAWEI P10 lite クリアケース

このようなユーザーに対しての心遣いは、ファーウェイが支持されている理由のひとつだと考えています。あとは、別記事にまとめているように、サポートも充実してきているのもポイント高いです。

別ページに「HUAWEI P10 lite」用のTPUケースを別途購入してレビューしています。よろしければ合わせてチェックしてみてください。

ACアダプタ

「ACアダプター」も注目しておきたい付属品です。

HUAWEI P10 lite ACアダプター

HUAWEI QUICK CHARGE」とあるように、30分で43%の充電が可能になるなど、急速充電に対応しています。

2Aと高い出力になっていて、より快適に使用できるようになっています。

一方で「HUAWEI P10 lite」」のACアダプターは高出力化によって、「HUAWEI nova lite」のACアダプターと比較するとサイズがアップしています。

HUAWEI P10 lite ACアダプター HUAWEI nova lite 比較

「HUAWEI nova lite」のACアダプターがもともとコンパクトということもありまるので、「HUAWEI P10 lite」のACアダプターが大きすぎて困るというレベルではありません。

ACアダプターが若干大きくはなっていますが、それよりも急速に充電できるようになったメリットのほうが大きいと考えています。

「HUAWEI P10 lite」の外観をチェック

「HUAWEI P10 lite」の外観をチェックしていきます。

「HUAWEI P10 lite」は5.2インチフルHDディスプレイを搭載しています。

HUAWEI P10 lite ディスプレイ

写真のように、ベゼル幅はけっこう狭いものになっていて、かなりコンパクトに仕上がっています。「やすスマ」としても、片手でも十分に操作できています。

HUAWEI P10 lite コンパクト

「HUAWEI P10 lite」のスペック表では重量が「146g」と書かれていますが、実際にSIMを挿入して計測してみたところ、「144.8g」と表示されました。比較的軽量に仕上がっています。

HUAWEI P10 lite 重量

ホームボタンなどのナビゲーションキーはディスプレイ上に表示される仕様になっています。

「設定」メニューでナビゲーションボタンの配置や組合せを変更することもできます。

ディスプレイ自体の表示品質ですが、さすがファーウェイ製のスマホといった感じです。「やすスマ」としては十分に満足できるものです。

2.5Dガラス

ディスプレイは2.5Dガラスに覆われていて、デザイン性と耐久性を向上させています。

HUAWEI P10 lite 2.5Dガラス

両面に2.5D曲面ガラスを採用しているということで、ホールド感も向上していますが、一方で液晶保護フィルムを貼るのはなかなか難しいものになります。

「HUAWEI P10 lite」の液晶フィルムを選んで購入してみました。エッジにかけてゆるやかにカーブする形状に気をつけながら貼っています。

詳しくは別ページにまとめています。よろしければ合わせてチェックしてみてください。

フロントカメラ

「HUAWEI P10 lite」のフロントカメラは800万画素(F2.0)です。

HUAWEI P10 lite フロントカメラ

「ポートレートモード」を搭載していて、より美しくセルフィーが撮影できるようになっています。

美しい海のような「サファイアブルー」カラー

「やすスマ」が「HUAWEI P10 lite」に惚れた大きな理由である「サファイアブルー」カラーをもっとみていきましょう。

HUAWEI P10 lite サファイアブルー1

HUAWEI P10 lite サファイアブルー2

HUAWEI P10 lite サファイアブルー3

3万円の最新スマホでこのクオリティはすごいですよね!

光の当たり方の異なる写真をいつくか載せましたが、美しさが伝わっているとうれしいです!

写真ではあまりうまく表現できていませんが、背面についても2.5Dガラスに覆われています。

指紋センサー

「HUAWEI P10 lite」は背面に「指紋センサー」を搭載しています。

HUAWEI P10 lite 指紋センサー

「HUAWEI P10 lite」の指紋センサーは認証速度が素晴らしく早く、かつ正確なものになっています。センサーに軽く指を置くレベルで反応してくれます。

リアカメラ

「HUAWEI P10 lite」の背面には1200万画素のメインカメラがあります。

大型の1.25μmピクセルセンサーを搭載していて、ローライト環境での撮影時でもより多くの光を取り込むことが可能になっています。

様々な角度から

「HUAWEI P10 lite」を様々な角度から撮影してみました。

HUAWEI P10 lite 上部

そこそこ薄型なボディになっていますが、ちゃんと「イヤホンジャック」があります。

HUAWEI P10 lite 左部

ボディ左には「SIMスロット」があります。デュアルシム仕様になっていて、対応するSIMサイズはともに「Nano SIM」です。

HUAWEI P10 lite デュアルシム

デュアルシム仕様ですが、4G+3GBのデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)には対応していません

HUAWEI P10 lite microSD

一方のSIMスロットはmicroSDスロットと兼用になっています。

HUAWEI P10 lite 右部

ボディ右に「音量ボタン」と「電源ボタン」があります。

microUSBポート

多くの最新スマホはUSBポートに「Type-C」を採用していますが、「HUAWEI P10 lite」はmicroUSBポートが採用されています。

USBポートの横には「マイク」と「スピーカー」があります。

音楽などを数回再生してみましたが、予想していたよりもいい音が出ていて、スマホのスピーカーとしては不満ないレベルの音質と感じました。

5.2インチ人気モデルと比較

「やすスマ」の所有している「HUAWEI P9 lite」、「HUAWEI nova lite」、「ZenFone 3 (ZE520KL)」と並べてみました。いずれのモデルも5.2インチディスプレイを搭載しています。

HUAWEI P10 liteとZenFone 3 比較

さすがにいずれのモデルも人気モデルということで、コンパクトな仕上がりになっています。

写真からも分かるように、ディスプレイ表示の特徴は異なる部分もありますが、いずれのモデルも高いレベルの画面表示品質になっています。

メーカーのスペック一覧をもとにして、これら4機種のサイズ・重量をまとめてみました。

HUAWEI P10 lite HUAWEI P9 lite HUAWEI nova lite ZenFone 3
高さ 約146.5mm 約146.8mm 約147.2mm 146.8mm
約72mm 約72.6mm 約72.94mm 73.9mm
厚さ 約7.2mm 約7.5mm 約7.6mm 7.69mm
重量 約146g 約147g 約147mm 144g

どのモデルも数値が拮抗しています。実際に「HUAWEI P10 lite」と「HUAWEI P9 lite」を重ねてみました。

HUAWEI P10 liteとHUAWEI P9 liteの厚さ比較

このように見ると厚さはそれほど変わらない印象ですが、「HUAWEI P10 lite」の背面はガラス素材になっていて、フラットに近い形状になっています。

実際に持ってみると、そのあたりによって厚さの差を感じます。

さっそく起動

「HUAWEI P10 lite」の外観をチェックできたところで、さっそく起動!!!

「googleアカウント」や「Wi-Fi」設定などの初期設定をさくっと終わらせました。

ホーム画面

実際に初回起動時のホーム画面が以下のような感じです。

HUAWEI P10 lite ホーム画面

初期設定では、ホーム画面にすべてのアプリを表示するようになっています。

「設定」メニューから設定変更することでドロワーですべてのアプリを表示する形式にもできます。

HUAWEI P10 lite ドロワー

「Gmail」、「Googleマップ」などの「Google」アプリや「ファーウェイ」アプリ以外に余計なものはインストールさせれおらず、大手キャリアモデルにはないすっきりした状況です。

HUAWEI P10 lite googleアプリ

ファーウェイアプリはシンプルな機能をもったお役立ちアプリが多いです。

内部ストレージ

「やすスマ」が気に入って使っている「HUAWEI P9 lite」や「HUAWEI nova lite」は内部ストレージ容量が「16GB」と、最新ミドルレンジモデルと比較すると心許ないものになっています。

実際にいくつかアプリをインストールしていくと、空き容量が残りわずかになってしまう状況になっています。

「HUAWEI P10 lite」の内部ストレージ容量は「32GB」になっていて、上に挙げた2機種と比較すると内部ストレージ容量が倍増されています。

初回起動してすぐに内部ストレージの状況をチェックしておきました。

HUAWEI P10 lite 内部ストレージ

およそ「20GB」が空き状況になっています。

これぐらいの空き容量があれば、ある程度のアプリをインストールするなどしても大丈夫そうです。

メモリ

「HUAWEI P10 lite」のRAM容量は「3GB」です。最新ミドルレンジモデルとしては標準的なものです。

これぐらいのRAM容量があれば、ヘビーな用途でなければ困ることはないレベルです。

初回起動してメモリ状況を確認してみました。

HUAWEI P10 lite メモリ

パフォーマンス

「HUAWEI P10 lite」のパフォーマンスを計測するために「Antutu V6.27」で3回計測してみました。

HUAWEI P10 lite Antutu

トータルスコアはおよそ「57000」強という感じですね。これぐらいのパフォーマンスがあれば、けっこうサクサク動作するレベルです。

「HUAWEI P10 lite」はSoCに「Kirin 658」を採用しているということで、「Kirin 655」を採用している「HUAWEI nova lite」のスコアを若干だけ上回る感じです。

ちなみに、前モデル「HUAWEI P9 lite」はSoCに「Kirin650」を採用していて、「Antutu」スコアは「55000」弱でした。

さらに「Geekbench」でも計測しておきました。

HUAWEI P10 lite Geekbench

「HUAWEI nova lite」と比較すると「Single-Core Score」が向上しています。

「やすスマ」のもっている「ZenFone 3 (ZE520KL)」の「Single-Core Score」を上回っています。

一方、「Multi-Core Score」では「ZenFone 3 (ZE520KL)」に軍配が上がります。

Wi-Fiも強化

「HUAWEI P9 lite」の「Wi-Fi」は2.4GHzのみ対応でしたが、「HUAWEI P10 lite」では5GHzにも対応しています。

5GHzに対応していることで、環境によっては、より高速でネットを利用することができます。

光ファイバー回線の「やすスマ」宅の環境でも、以下のようにスピードテストで大きな差が出ました。

HUAWEI P10 lite 5GHz Wi-Fi

プリセットAPN

「HUAWEI P10 lite」にあらかじめ設定されているAPN設定をチェックしてみました。

HUAWEI P10 lite APN設定

格安SIMでシェア上位の「楽天モバイル」、「mineo」、「OCN モバイル ONE」など多くのMVNOサービスのAPNはあらかじめ設定されています。

「やすスマ」はとりあえずNTTドコモの純正SIMを「HUAWEI P10 lite」に挿しています。

NTTドコモのAPN設定は手動で行う必要がありましたが、以下のページのような手順でさくっと設定して問題なく利用できています。

日本語入力

「HUAWEI P10 lite」のデフォルトのキーボードは「iWnn IME」になっています。

HUAWEI P10 lite iWnn IME

ゲームアプリをインストール

「HUAWEI P10 lite」にゲームアプリをインストールしてみました。

まずは「ポケモンGO」の状況について紹介ですが、「HUAWEI P10 lite」は「ジャイロセンサー」を搭載していて、ARモードも含めて問題なくプレイすることができました。

HUAWEI P10 lite ジャイロセンサー

「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」をインストール。多様なアニメーションがあるゲームですが、スムーズに問題なく動作していました。

撮影サンプル

前述の通り、「HUAWEI P10 lite」は1200万画素メインカメラを搭載しています。

実際に、「HUAWEI P10 lite」で撮影した写真を掲載しておきます。

オリジナルの撮影データをサイズのみ調整して掲載しています。

HUAWEI P10 lite 写真サンプル1

HUAWEI P10 lite 写真サンプル2

HUAWEI P10 lite 写真サンプル3

一般的なスナップ撮影としてみれば十分に高い画質です。

スマホのカメラで更なる高画質を求める場合は、カメラ機能を高めた「HUAWEI P10」などが候補となりますが、「HUAWEI P10 lite」のカメラ性能は多くの方にはとって十分なものになっている印象です。

実際に使用してみて

ベンチマークとして「Antutu」と「Geekbench」を行いましたが、肝心の実際に操作してみた感じとしてはかなりサクサクに動作する印象です。

ディスプレイのタッチ精度・速度は非常によくて、指紋センサーが素早く反応することもあり、すごく快適に使用できています。

随時追記

手に入れた瞬間からワクワク感を感じさせてくれる「HUAWEI P10 lite」を使用しながらさらにレビューしていきます。

随時追記していきますので、ぜひ期待していただければ幸いです!

goo SimSellerでの購入がおすすめ

「HUAWEI P10 lite」は「goo SimSeller」での購入がおすすめです。

「やすスマ」も「goo SimSeller」で購入しました。

「OCN モバイル ONE」SIMとセットですが、契約は必須ではありません。販売価格も他と比べてもけっこう安い状態です。

執筆時点(2017年6月17日)で在庫切れとなっている人気カラーもありますが、随時在庫状況も変化しているので、よろしければチェックしてみてください。


goo SimSeller

Source

HUAWEI P10 lite スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする

コメント

  1. supreme より:

    電池持ちはやっぱ悪くなってるのですか??気になってメールしてみました

  2. やすスマ より:

    supreme様

    ご質問ありがとうございます。
    電池の持ちですが、まだ使い始めて数日で、
    バッテリーについての計測もしておらず確信をもてていませんが、
    動画を再生していても減るスピードがそれほど早くなく、
    スタンバイ時での減りも少ないです。

    ようやく、通常使うアプリをインストールできましたので、
    またレビューにバッテリーの持ちの印象を追記していきたいと思っています。

    曖昧な答えで申し訳ございませんが、
    ファーストインプレッションとしては、
    バッテリーの持ちが悪くなったという印象はありません。

    参考になれば幸いです。
    これからも「やすスマ」をよろしくお願いします。