【実機レビュー】ドコモ回線で接続テスト!UQモデル「HUAWEI P9 lite PREMIUM」をチェック

日記に書いたように、家族の回線をソフトバンクから「UQ mobile」に乗り換えました。

せっかくなので、SIMだけでなく、新しいスマホも同時購入しました。選んだ機種は「HUAWEI P9 lite PREMIUM」です。

HUAWEI P9 lite PREMIUM 外箱

「HUAWEI P9 lite PREMIUM」の気になる点をチェック

HUAWEI P9 lite PREMIUM」は、人気SIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」のUQ mobile向けモデルです。

HUAWEI P9 lite PREMIUM 外観

「HUAWEI P9 lite」と共通する部分が多いです。特に外観については、少なくとも「やすスマ」には違いが分かりません。一方で、スペックについては異なっている部分があります。今回はそのあたりをチェックしてみました。

「HUAWEI P9 lite PREMIUM」と「HUAWEI P9 lite」の違い

「HUAWEI P9 lite」と比較したときに、「HUAWEI P9 lite PREMIUM」で気になるポイントは以下の2点です。

  • SoCが「 Snapdragon 617 」に変更。RAMが3GBに強化でパフォーマンスは?
  • au回線の利用がキホンだけど、ドコモ回線での通信は可能か

以上の2点について確認するために、「Antutu」でベンチマークをやってみたり、ドコモ系の「格安SIM」で接続テストしてみたりしました。やってみた結果をまとめていきますね!

「Antutu」でベンチマーク

まずは、スペックの変更によって、「HUAWEI P9 lite PREMIUM」がどんなパフォーマンスになっているか気になりますよね!

実際に、UQ向けモデル「HUAWEI P9 lite PREMIUM」とSIMフリーモデル「HUAWEI P9 lite」の2機種で「Antutu V6.27」をやってみました。

まずは、SoCに「 Snapdragon 617 」搭載の「HUAWEI P9 lite PREMIUM」の結果から確認します。なお、「HUAWEI P9 lite PREMIUM」のモデル名は「VNS-L52」です。

HUAWEI P9 lite PREMIUM Antutu

次に、SoCに「 Kirin 650 」搭載の「HUAWEI P9 lite」の結果を確認します。なお、「HUAWEI P9 lite」のモデル名は「VNS-L22」です。

HUAWEI P9 lite Antutu

ベンチマークの結果を一覧表にしてみました。

項目 HUAWEI P9 lite PREMIUM HUAWEI P9 lite
3D 8345 9723
UX 17117 20451
CPU 15337 19542
RAM 5552 5140

ベンチマークでは「HUAWEI P9 lite」に軍配

「HUAWEI P9 lite PREMIUM」のCPUはオクタコアプロセッサ(1.5GHz×4+1.2GHz×4)で、「HUAWEI P9 lite」のCPUはオクタコアプロセッサ(2.0GHz×4+1.7GHz×4)です。

動作クロックの違いもあり、特にCPUの項目で差がつきました。「 Kirin 650 」の性能の高さが浮き彫りになりました。

RAMの項目については、3GB搭載の「HUAWEI P9 lite PREMIUM」に当然ながら軍配が上がりました。

総合スコアでは、「HUAWEI P9 lite」が上回りました。ただ、両モデルともにヘビーな使用でなければ十分なパフォーマンスをもっています。

ドコモ系のSIMは使える?

「HUAWEI P9 lite PREMIUM」はUQ mobileでの使用が前提となっていて、対応バンドについては公表されていません。教えてくれないことは余計に知りたくなりますよね!少し調べるために、ドコモ回線で使用できるか試してみました。

今回、動作確認するために用意したのは「楽天モバイル」の通話SIMです。

「HUAWEI P9 lite PREMIUM」にSIMを挿して、APN設定を行いました。

HUAWEI P9 lite PREMIUM 楽天モバイル APN設定

APN設定を保存すると、すぐに下の画像の状態になりました。

HUAWEI P9 lite PREMIUM ドコモ回線で接続成功

噂されていたとおり「HUAWEI P9 lite PREMIUM」でドコモ回線を使うことができました。

ついでに回線速度を「SPEEDTEST」で確認してみました。

HUAWEI P9 lite PREMIUM ドコモ回線 SPEEDTEST

「楽天モバイル」らしい速度が出ています(笑)

まとめ

以上のように、「HUAWEI P9 lite PREMIUM」で気になる点をチェックしてみました。

パフォーマンス面では、「HUAWEI P9 lite」の優秀さが改めて確認できました。なお、「HUAWEI P9 lite」はやすスマのメイン機です。レビューもしていますので、よろしければあわせて御覧くださいね。

また、それほど細かいテストはしていませんが、
現段階ではドコモ系の格安SIMでの接続テストは成功しました。

メーカーのスペック表では対応バンドが書かれていないので、気になっている方も多かったと思ってテストしました。

まぁ、すでにネット上では「接続できるよ~」的な情報がありましたが、実際に確認することは大切ですよね、、、たぶん。

このテストが終わって、「HUAWEI P9 lite PREMIUM」を初期化して、色々と設定させられて、「HUAWEI P9 lite PREMIUM」は「やすスマ」の手を離れました(笑)

何か参考になる部分があれば幸いです!!!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする