au VoLTE対応 「 HUAWEI P9 lite PREMIUM 」情報|発売日・価格が判明!

UQコミュニケーションズは、2016年10月24日に、MVNO「UQ mobile」の2016年秋冬ラインアップを発表し、新型SIMフリースマホとして「 HUAWEI P9 lite PREMIUM 」を11月下旬に発売することを明らかにしました。

HUAWEI P9 lite PREMIUM

「 HUAWEI P9 lite PREMIUM 」は、人気機種「 HUAWEI P9 lite 」をベースに、UQ独自の仕様を施した機種となっています。多くの仕様については、ベースモデルの「HUAWEi P9 lite」から共通になっていますが、変更された点もありますので、変更点を中心にまとめておきます。

発売日が2016年11月25日に決定【追記】

「UQ mobile」で取り扱われる「 HUAWEi P9 lite PREMIUM 」の発売日が2016年11月25日に決定したことが明らかになりました。

参考SIMフリースマホ発売予定表

注目の価格は?

UQ オンラインショップにおける「 HUAWEi P9 lite PREMIUM 」を紹介します。端子購入アシストを利用しない場合は、端末代金が28,900円(税別)です。なお、別途、SIMパッケージ料金3,000円が掛かります。

注目は、端子購入アシストを利用した場合で、以下の画像のように、端子購入アシスト加算金とマンスリー割が同額になっており、状況によっては良いものになっています。

HUAWEi P9 lite PREMIUM

「 HUAWEi P9 lite PREMIUM 」は「 HUAWEi P9 lite 」をベースに、スペックアップしている部分もあります。端子購入アシスト時だけでなく、一括価格も3万円弱(税別)は悪くないです。



Source

「 HUAWEi P9 lite PREMIUM 」製品ページ|UQコミュニケーションズ

「 HUAWEi P9 lite PREMIUM 」の主な特長

「 HUAWEi P9 lite PREMIUM 」の特長として、auのVoLTE対応が挙げられます。また、LTEとWiMAX 2+のキャリアアグリゲーションにも対応しており、下りは最大220Mbpsの高速通信が可能となっています。

SoCを変更

「 HUAWEi P9 lite PREMIUM 」のSoCは、「 Snapdragon 617 」に変更されています。ベースモデルの「 HUAWEi P9 lite 」では、「 Kirin 650 」を搭載していました。

同じくUQの2016年秋冬ラインアップとして発表された「 IDOL 4 」や、DSDS対応機として人気の「 Moto G4 Plus 」や「 AXON7 mini 」にも「 Snapdragon 617 」が採用されており、ミドルレンジモデルとしては採用例の多いSoCとなっています。

メモリ強化

メモリは強化され、1GB増えて、3GB RAMとなりました。なお、内部ストレージについては「 HUAWEI P9 lite 」と同様の16GB ROMとなっています。

発表された「 HUAWEi P9 lite PREMIUM 」は、au VoLTEに対応するだけでなく、メモリが3GB RAMと強化されている点は大きいですね。まだ価格が分かりませんが気になるところです。



Source

「 HUAWEi P9 lite PREMIUM 」製品ページ|ファーウェイ・ジャパン

※詳細については各社のHPで必ず確認ください


この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする