Huawei フラグシップモデル「Mate 10」「Mate 10 Pro」情報 DxOMark Mobileスコア判明

中国のHuawei(ファーウェイ)は、2017年10月16日に、新型フラグシップモデルとして「Huawei Mate 10」、「Huawei Mate 10 Pro」を発表しました。

参考【日本発売期待】Hauwei 次期フラグシップモデル「Mate 10」シリーズを2017年10月16日に発表!

前モデル「Huawei Mate 9」は、日本においてもSIMフリースマホとして発売されました。ライカコラボのデュアルカメラを搭載したハイスペックモデルということで日本でも評判となりました。

参考【実機レビュー】プレミアムな仕上がりの「HUAWEI Mate 9」

「Huawei Mate 10」、「Huawei Mate 10 Pro」の最も大きな特徴はAI処理専用プロセッサ「NPU」を統合した最新SoC「Kirin 970」を搭載している点です。

海外モデルの「Huawei Mate 10」、「Huawei Mate 10 Pro」では、世界初の4G+4Gのデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDV)に対応しています。

欧州における販売価格は「Huawei Mate 10」が699ユーロ(約9.2万円)、「Huawei Mate 10 Pro」が799ユーロ(約10.5万円)です。

「Huawei Mate 10」と「Huawei Mate 10 Pro」それぞれについてまとめておきます。

「Huawei Mate 10」

Huawei Mate 10

「Huawei Mate 10」は5.9インチのHDR対応ディスプレイを搭載。解像度が2560×1440の高精細ディスプレイです。ディスプレイのアスペクト比は16:9となっています。ボディの左右は狭額縁デザインとなっていて、画面占有率は81.79%となっています。ファーウェイは「HUAWEI FullView Display」と名付けられています。

「Huawei Mate 10」は「IP53」レベルの防水に対応しています。

Huawei Mate 10 ライカのデュアルカメラ

リアには、ライカと共同開発したレンズを採用したデュアルカメラを搭載しています。1200万画素RGBセンサーと2000万画素モノクロセンサーが搭載されています。f1.6という明るいレンズを採用していて、光学式手ブレ補正機能を搭載しています。劣化を抑えながら2倍までズームできる「ハイブリッドズーム」機能も搭載しています。

「Huawei Mate 10」は大容量な4000mAhバッテリーを搭載しています。急速充電技術「SuperCharge」に対応していて、30分の充電で58%まで充電することが可能となっています。

Huawei Mate 10 カラー

「Huawei Mate 10」には、シングルシムモデル「ALP-L09」、デュアルシムモデル「ALP-L29」がラインナップされています。

「Huawei Mate 10」のカラーバリエーションは「シャンパンゴールド」、「ブラック」、「モカブラウン」、「ピンクゴールド」の4色展開です。

「Huawei Mate 10」では、ポルシェデザインと提携して作り上げれた特別モデル「Huawei Mate 10 PORSCHE DESIGN」もラインナップされます。

「Huawei Mate 10」は海外にて2017年11月に発売開始されます。残念ながら、日本は第1次の発売国に含まれていません。

「Huawei Mate 10」のスペック

「Huawei Mate 10」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0 (EMUI 8.0)
  • ディスプレイ:5.9 インチ(2560×1440)
  • SoC:Kirin 970
  • CPU:Octa Core 2.36GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP+20MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:77.8(W)×150.5(D)×8.2(H) mm / 186g

Source

HUAWEI Mate 10 | Android Phone | HUAWEI Global

「Huawei Mate 10 Pro」

Huawei Mate 10 Pro

「Huawei Mate 10 Pro」はアスペクト比18:9の6インチ有機ELディスプレイを搭載しています。ボディ左右が狭額縁デザインとなっていて、画面占有率は81.61%。「Huawei Mate 10 Pro」はボディ幅74.5mmとなっています。これは一般的な5.5インチスマホと同等のボディ幅です。

「Huawei Mate 10 Pro」の防水に対応していて、その性能は「IP67」となっています

リアには、「Huawei Mate 10」と同様にライカと共同開発したレンズを採用したデュアルカメラを搭載。f1.6という明るいレンズで光学式手ブレ補正機能を搭載。

Huawei Mate 10 Pro バッテリー

スマートフォンのカメラ性能を評価したスコアを公表している「DxOMark Mobile」において、「Huawei Mate 10 Pro」のカメラスコアは「97」と公表されました。

執筆時点(2017年10月20日)で、スマートフォンで最高スコアは「Google Pixel 2」の「98」ですが、「Huawei Mate 10 Pro」はそれに次ぐ、全体で2番目のスコアになっています。

参考Huawei Mate 10 Pro: Oustanding still image performance – DxOMark

「Huawei Mate 10 Pro」は大容量な4000mAhバッテリーを搭載しています。大容量バッテリーを搭載しながら、厚さが7.9mmの薄型ボディを実現しています。「Huawei Mate 10」と同様に急速充電技術「SuperCharge」に対応しています。

「Huawei Mate 10 Pro」には、シングルシムモデル「BLA-L09」、デュアルシムモデル「BLA-L29」がラインナップされています。

「Huawei Mate 10 Pro」は2017年11月に発売開始されます。第1次の発売国に日本が含まれています

日本において、前モデルと同様にSIMフリースマホとしては発売されるか、大手キャリアから発売されるかはアナウンスされていません。

「Huawei Mate 10 Pro」のカラーバリエーションは「ミッドナイトブルー」、「チタニウムグレー」、「モカブラウン」、「ピンクゴールド」の4色展開です。

「Huawei Mate 10 Pro」のスペック

「Huawei Mate 10 Pro」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0 (EMUI 8.0)
  • ディスプレイ:6.0 インチ(2150×1080)
  • SoC:Kirin 970
  • CPU:Octa Core 2.36GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:4GB/6GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:12MP+20MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:74.5(W)×154.2(D)×7.9(H) mm / 178g

Source

HUAWEI Mate 10 Pro | Android Phone | HUAWEI Global

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする