【実機レビュー】「MAZE Alpha」は3辺狭小ベゼルのSIMフリースマホ デュアルカメラ【PR】

最新スマホのトレンドといえば、「iPhone X」、「GALAXY S8」シリーズ、「Xiaomi Mi Mix 2」などが採用しているフルスクリーンデザインです。今回、中国の通販サイト「GEARBEST」より、3辺狭小ベゼルが特徴のSIMフリースマホ「MAZE Alpha」をサンプル提供いただきました。

「フルスクリーンデザイン」とまではいきませんが、「上右左」の3辺が狭小ベゼルなデザインになっています。しかも、「GEARBEST」」での価格は2万円を切っていて、非常に特徴的なモデルとなっています。

フルスクリーンスマホはいいけど高いよん

と感じている方にチェックしていただきたい、「GEARBEST」においてアンダー2万円で販売されている「MAZE Alpha」のレビューを書いてみます。

「MAZE Alpha」実機レビュー

さっそく、「MAZE Alpha」をチェックしていきます。なお、このページには内容を随時追記を予定しています。

外箱

「MAZE Alpha」の外箱です。ボディカラーと同じブラックのシンプルなデザイン。外箱は結構しっかりとしたものになっていて、開封時のワクワクを演出してくれるレベルになっています。

MAZE Alpha 外箱

さっそく、「MAZE Alpha」の付属品を確認してみます。

MAZE Alpha

パッケージを開けて、ゴソゴソと取り出していくと「MAZE Alpha」本体、「充電アダプタ」、「USBケーブル(Type-C)」、「SIMピン」、「取扱説明書」、「保証書」、「ガラスフィルム×2」が入っていました。

MAZE Alpha 充電アダプタ

「充電アダプタ」は日本のブラグ形状と異なっているので注意が必要です。なにげに「ガラスフィルム」が入っているのはうれしいポイントです。

外観

さっそく、「MAZE Alpha」の外観をスペック紹介も交えながらチェックしていきます。

「MAZE Alpha」のボディカラーは「ブラック」のみとなっています。

MAZE Alpha 前面

「MAZE Alpha」は3辺狭小ベゼルデザインを採用。6.0インチフルHDディスプレイを搭載しています。

ディスプレイは特殊ガラス「Corning Gorilla Glass 4」に覆われていて耐久性が高められています。分かりやすくなるように、この写真はしっかりと照明を当てて撮影しておきました。

3辺狭小ベゼルデザインの印象は、実際に「MAZE Alpha」を起動したときにチェックをしてみます。

MAZE Alpha フロントカメラ

ディスプレイ下中央には「指紋センサー」を内蔵したホームボタンがあります。その右横に「500万画素のフロントカメラ」。狭小ベゼルデザインということで、フロントカメラの搭載位置が通常のスマホとは異なっています。

MAZE Alpha 背面

「MAZE Alpha」の背面です。背面はガラス素材でデザインされていて、光沢感があって質感もなかなかのものです。ただ、触っていると指紋がつきやすくなっています。

MAZE Alpha デュアルカメラ

メインカメラは1300万画素+500万画素のデュアルカメラを採用しています。SAMSUNG製のセンサーを採用しているようです。

MAZE Alpha イヤホンジャック USB

ボディ上部には「イヤホンジャック」があり、USBポートは「Type-C」が採用されています。

フレーム部分は「亜鉛合金」で仕上げられています。

MAZE Alpha SIMスロット

ボディ左サイドにはSIMスロットがあって、デュアルシム仕様(Nano SIM×2)になっています。4G+3Gの同時待ち受け対応らしいです(未チェック)。一方のnanoSIMカードとmicroSDカードは排他利用となっています。

スペック表によると、「MAZE Alpha」の対応バンド(4G)はB1/B3/B7/B8/B20です。3Gの対応バンドはB1/B8です。対応バンドがそれほど多くないので、使用環境を想定して確認しておく必要があります。

MAZE Alpha SIMスロット2

SIMスロットについては、カードが引っかかる部分が少なく、カードを装着したときの安定性に欠けています。SIMスロットにカードを挿すときにズレないか心配になります。

うわぁ、慎重にやらないと引っかかりそう

といった感じになると思います。

ボディサイズと重量

「MAZE Alpha」のボディサイズは、82.52(W)×159.8(H)×8.1(D) mmです。

厚さが8mmちょっとですから、薄型といった感じではありませんが、分厚くて仕方ないという感じではありません。大容量な4000mAhバッテリーを搭載していることを考えると厚さは許容範囲内だと思います。

6.0インチディスプレイを搭載していることから、ボディ幅が80mmオーバーと片手で操作しやすいレベルではありません。

ボディの高さは、3辺狭小ベゼルデザインということで160mmを切っています。

一方で、「MAZE Alpha」を手に持った瞬間に

かなりずしっとくるな!

ガラス素材を多用していることもあり、「MAZE Alpha」はけっこうな重量感ある仕上がりになっています。

実際に、「MAZE Alpha」の重量をスケールで計測しておきました。

MAZE Alpha 重量

「MAZE Alpha」の重量は「226g」でした。5.2インチクラスがおよそ150gぐらいですから、重みを感じるレベルです。

「MAZE Alpha」の外観チェックまとめ

まずは、「MAZE Alpha」の外観をチェックしておきました。

外観の質感についてはなかなかのものです。ただ、ボディカラーが「ブラック」のみである点は、マイナスポイントになります。

「MAZE Alpha」はGEARBESTで販売中

執筆時点(2017年9月17日)で、「GEARBEST」において「MAZE Alpha」4GB RAMモデルを19580円で販売しております。

Gearbest MAZE Alpha  4GB RAM 64GB ROM
MAZE Alpha 4GB RAM 64GB ROM

「MAZE Alpha」をセッティング

では、さっそく「MAZE Alpha」の電源をON!!!


新しいスマートフォンを初めて起動するときのワクワク感は何度味わってもいいものです!

MAZE Alphaをセッティング

「MAZE Alpha」が起動すると、まずは英語の設定画面が出てきます。中央少し上ぐらいの「ENGLISH(UNITED STATES)」をタップすると言語を選択できます。

MAZE Alpha 日本語選択

ちゃんと「日本語」を選択あり

無事に「日本語」を選択できます。ただし、使用していると一部の項目では英語表記が残りますが、おおむね問題ないレベルです。

MAZE Alpha 日本語化完了

あとは、見慣れた感じのセッティング画面が次々と表示されていきますので、サクサクと進めていきます。

MAZE Alpha Wi-Fi

今回のレビューでは「Wi-Fi」はオフにしてテストしています。「GEARBEST」のスペック表によると「MAZE Alpha」は「802.11a/b/g/n/ac」に対応。スペック上の「Wi-Fi」性能は申し分なしです。

無事にセッティングが完了すると、以下のようなホーム画面が表示されます。

MAZE Alpha ホーム画面

すべてのアプリがホーム画面に表示される仕様になっているようです。ほとんど余計なアプリがインストールされていません。

素のAndroidに近くていい感じ!

一方で表示されている情報量が若干少ないことが気になると気になった方がいらっしゃると思います。このあたりは、「設定」で「フォントサイズ」や「表示サイズ」を変更することで改善できます。「やすスマ」としては必ず「設定」変更しておきたい項目ですので、後ほど設定方法を書きたいと思います。

RAM・ストレージの状況

「MAZE Alpha」を初めて起動してすぐの内部ストレージ状況と、少し使用してからのメモリ状況を確認してみました。

今回テストしている「MAZE Alpha」のメモリ仕様は「4GB RAM+64GB ROM」です。

MAZE Alpha メモリ 内部ストレージ 状況

写真の通り、内部ストレージは空きがおよそ「51GB」でした。これだけの空き容量があれば、当分は容量不足に悩むことはないですね。

また、メモリについては平均メモリ使用が「1.4GB」でした。空き容量が大きく、こちらもまだまだ余裕です。

なお、「MAZE Alpha」には6GB RAMモデルもラインナップされています。6GB RAMモデルにも興味のある方はチェックしてみてください。

いや~、ついこないだまでは4GB RAMモデルはハイエンドクラスでしたが、この価格帯でも搭載するとは素晴らしいですね。

Antutuのベンチマーク結果

「MAZE Alpha」はSoCに「Mediatek Helio P25」を搭載しています。

MAZE Alpha Mediatek Helio P25

ミドルレンジ向けのSoCですが、オクタコアプロセッサ(2.5GHz×4+1.4GHz×4)を搭載しています。

「Antutu V6.27」で3回ベンチマーク計測してみました。以下の画像が結果です。

MAZE Alpha Antutuベンチマーク結果

3回とも66000オーバーのスコアを叩き出しました。多くの方にとっては十分に満足できる結果です。

おっ、思っていたよりも良いスコア!!!

実際に操作していても、サクサクと動作してくれます。動作は十分な軽快なものになっています。

ディスプレイをチェック

「MAZE Alpha」のディスプレイを中心にチェックしてみます。

3辺狭小ベゼル

MAZE Alpha フルスクリーン

写真でも確認できるように、上右左の3辺のベゼル幅がかなり狭くなっていて、ベゼルレスに近いものになっています。

スペック表によると、「MAZE Alpha」の画面占有率は83%です。

3辺のベゼル幅が分かるように、写真を撮っておきました。

MAZE Alphaのベゼル幅を確認

フルスクリーンではありませんが、かなり頑張ったデザインになっていますね!!!

ディスプレイはキレイ

「MAZE Alpha」の6.0インチディスプレイの解像度はフルHD(1920 x 1080ドット)

MAZE Alpha 視野角

斜めから見たときも見やすく、明るさもいい感じです。「MAZE Alpha」のディスプレイの表示品質は高いです。

MAZE Alphaのマルチタッチ数

ディスプレイのマルチタッチを調べてみると、最大5点まで対応となっていました。

常時片手持ちは厳しい

「MAZE Alpha」のディスプレイは縦長ディスプレイではなく、一般的なアスペクト比のものです。

ベゼル幅はかなり狭くなっていますが、大きいサイズのディスプレイを搭載しているので、ボディ幅は82.52mmです。

MAZE Alphaを持ってみた

う~ん、届かへん!!!

実際に「MAZE Alpha」を片手で持ってみると、ディスプレイの一部が届かないです。片手での使用もできないことないですが、両手で使用する場面が出てきそうです。

まとめ

2万円を切る価格で売られているスマホとしては、デザインやパフォーマンスは驚異的です。

ベンチマークは予想していたよりも高いスコアを叩き出しました。実際に操作してもいい感じで動作します。

「MAZE Alpha」のデザインとパフォーマンスはおおむね満足です。ディスプレイについてはけっこうキレイでびっくりしました。

デュアルカメラなどまだまだ確認したい特徴があるので楽しみです。

GEARBESTで「MAZE Alpha」を販売

Gearbest MAZE Alpha  4GB RAM 64GB ROM
MAZE Alpha 4GB RAM 64GB ROM

「MAZE Alpha」は「技適」マークを取得していないモデルです。使用に関しては「自己責任」でお願いします。なお、「やすスマ」ではSIM通信、Wi-Fi通信など通信に関わるレビューは一切実施しません。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする