【実機レビュー】憧れのハイスペックタブレット入手!Huawei「MediaPad M3」をチェック

ハイスペックSiMフリータブレット「MediaPad M3」

「楽天モバイル」の「楽天ス-パーSALE特別企画」で、以前から欲しかった「MediaPad M3」を手に入れました

「MediaPad M3」は、SoCに「Kirin 950」採用するなどの高いスペックになっていることに加えて、Harman Kardonとのパートナーシップによって音質にこだわっているなど高いエンターテイメント性ももった魅力的なSIMフリータブレットです。

大手キャリアのドコモからは、「MediaPad M3」ベースに若干スペックを下げた「dtab Compact d-01J」が2017年5月に発売されています。

「楽天モバイル」の「楽天ス-パーSALE特別企画」では、限定110台ということで、激戦になることを予想して、セール開始と同時にアクセスしてゲットしました。

ちなみに、「MediaPad M3」には「スタンダードモデル」と「プレミアムモデル」の2種類のモデルがあります。

今回の「楽天ス-パーSALE特別企画」で対象となっていて、今回入手できたのは「スタンダードモデル」の方です。

さっそく、スペックなども紹介しながらレビューしていきます。

「MediaPad M3」をレビュー

「楽天モバイル」で「MediaPad M3」をオーダーしたのは2017年6月17日でした。オーダー翌日に送信されてきた「楽天モバイル」からのメールにしたがって、速攻で本人確認書類をアップロード。2017年6月20日に「MediaPad M3」が無事に到着しました。

MediaPad M3

8.4インチディスプレイを搭載しているということで、思ったより大きめの外箱です。しっかりした紙質になっていて、開封の楽しみを演出してくれます。

Harman Kardonとのパートナーシップを示す、「harman/Kardon」と書かれたロゴが外箱に描かれています。

MediaPad M3 harman/Kardon

さっそく、開封してみると「MediaPad M3」本体が下の写真のように入っています。

MediaPad M3 開封

「MediaPad M3」本体を取り出すなどすると、SIMピンやUSBケーブルなどの付属品が入っています。

MediaPad M3 付属品

「MediaPad M3」の付属品を確認していると、外箱のフタ部分に液晶保護フィルムが入っています!

慌てて開封すると液晶保護フィルムを見落としそうになりますので注意が必要です。

MediaPad M3 液晶保護フィルム

ファーウェイ製のスマホでは、ケースや液晶保護フィルムが入っているのはお馴染みですが、「MediaPad M3」の付属品に液晶保護フィルムがあることはまったく把握しておらず、うれしい驚きでした。

さっそく「MediaPad M3」を様々な角度からチェックしていきます。

「MediaPad M3」のデザインをチェック

まずは正面からです。

MediaPad M3 ディスプレイ

「MediaPad M3」は8.4インチディスプレイを搭載。解像度が2560 x 1600と高いものになっているが大きな魅力です。

「MediaPad M3」を前面から見ると、狭額縁デザインになっていることが分かります。画面占有率は82%と非常に高いものになっています。

画面占有率を高める設計によって、本体のコンパクト化が実現されています。

MediaPad M3 インカメラ

ディスプレイの上にはインカメラがあります。800万画素カメラになっていて、タブレットのインカメラとしては高い画素数になっています。

MediaPad M3 指紋センサー

ディスプレイの下には「指紋センサー」ボタンがあります。

「指紋センサー」ボタンでは、ジェスチャーによって、「ホームに戻る」や「前に戻る」などの動作を行うことができます。

MediaPad M3 指紋センサー ジェスチャー

「MediaPad M3」ではアルミ製のボディを採用。写真のよう高級感あふれるものになっています。

MediaPad M3 アルミボディ

本体の厚さも「7.3mm」と薄型設計になっています。

MediaPad M3

ボディの上部には「ヘッドセットジャック」だけでなく、「スピーカー」も搭載しています

MediaPad M3

ボディの下部には「スピーカー」、「マイク」、「USBポート」、「カードスロット」があります。

実際に付属していたピンを使って、「カードスロット」を引き出し、SIMとmicroSDをセットしてみました。

MediaPad M3 カードスロット

「MediaPad M3」に挿すことができるSIMカードは「Nano SIM」×1です。

いわゆる「デュアルシム」仕様ではありません。また、microSDは最大256GBまで対応しています。

なお、「USBポート」は「micro」タイプになっています。裏表なく差せる「Type-C」ではありません。

「MediaPad M3」は音質にこだわったモデルということで、2つのスピーカーを搭載しています。

MediaPad M3 メインカメラ

背面の上部には800万画素のメインカメラがあります。カメラ部分の出っ張りはほとんどありません。。

MediaPad M3 右

ボディの右部には、「音量ボタン」と「電源ボタン」があります。写真からも分かるように、エッジ部分にはダイヤモンドカット加工を施しており、デザイン性を高めています。

価格帯はまったく異なりますが、持っていた7インチのエントリーSIMフリータブレット「MediaPad T1 7.0 LTE」と並べてみました。

MediaPad M3

「MediaPad T1 7.0 LTE」は値段の割にかなり頑張ったデザインになっていますが、「MediaPad M3」と並べると明らかにデザインのレベルが違います。

それにしても、「やすスマ」は「MediaPad T1 7.0 LTE」、「MediaPad T2 8 Pro」×2を所有しています。

なんか、「HUAWEI P10 lite」や「HUAWEI nova lite」なども含めてファーウェイ製品の虜になっています。

「MediaPad M3」に液晶保護フィルムを貼った状態で、本体重量を測ってみました。

MediaPad M3 重量

8.4インチのタブレットとしてはかなり軽量です。このあたりも「MediaPad M3」の大きな魅力です。

次ページ

次ページからは「MediaPad M3」を本格的に起動していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする

コメント

  1. 愛野美奈子 より:

    記事を読ませていただきました。

    あたしもMediaPad M3 8.4のプレミアム版を購入しました。

    記載がない点
    マイクロソフトオフィスやamebaTVは確実にアンインストール可能です。
    Google純正アプリでアンインストール可能なアプリはできます。

    このアブレットの最大の利点はメーカーがバックアップソフトを提供しているから修理に出しても修理前と同じに復元が可能。
    Google純正のバックアップ機能を使用しなくてもよい点です。
    Android OS7にしたらバッテリーの省電力モードがなくなったというひともいますが実は備わっています。
    開発者モードを呼び出して液晶のdpiの変更ができます。
    このタブレットはスマタブレット(通話もできるタブレット)なのでスマホモードにしたとメーカーから聞きました。

    HUAWEのスマホとタブレットは通信部分とケース以外は全てHisilicon社が製造しています。

    現状動かないアプリやゲームはタブレットやスマホのスナップドラゴンで調整されておりCPUに対応できていないからだそうです。

    ゲームアプリのメーカ数社に確認したらスナップドラゴン系で調整をしているので、他のCPUでは動かないのは当たり前といわれました、HUAWEのスマホの大手キャリア版の販売しさらに格安SIMでHUAWEのスマホが売れるのであればKirin CPUでも対応できるように調整をするとのことです。

    • やすスマ より:

      愛野美奈子 様

      「やすスマ」です。
      この度はコメントいただきありがとうございます。
      非常に的確&興味深いもので、大変参考になりました。

      特に「スナップドラゴン系で調整」というものは
      実際に確認されたものということで、すごくいい情報だと思いました!

      また、記述不足についてはご指摘どおりだと思っております。

      いくつか確認して記述したいと思っていたことがありながら、
      「M3」が非常に快適で、完全に生活に入り込んでいて確認を怠っていました。

      本当に行動力のなさに反省です。

      これからも「やすスマ」をよろしくお願いします。

  2. 愛野美奈子 より:

    追記事項

    Kirin CPUはSnapdragon系よりも性能はうえです。

    実はたいていの方が本当に深くKirin CPUのことを知らないんです。
    世界で一番防犯カメラiPカメラ、防犯カメラ用録画機に搭載されている画像圧縮チップを開発製造しているHisiliconは長年のノウハウをつぎ込んでモバイル用CPUのKirinを開発製造し親会社のHuwai製品のみに搭載していますCPUの中身を知るとただARMのポンのせじゃないことがわかります。

    省電力モードを解除してベンチマークをを計るとわかります。
    たいていの方は1回のベンチマークを測定していないからmediaPad M3の性能が低いとか記載してしまうんですよね最低2回は測定しないといけないんですよ。

    Android7.0にあげたらゲームと一部のソフトが動かないのでハードの問題という人いますがアプリ側の問題です。