驚きのローコスト!SIMフリータブレット「 MediaPad T1 7.0 LTE 」発表 10980円~



ファーウェイ・ジャパンは、LTE対応の7インチSIMフリータブレット「 MediaPad T1 7.0 LTE 」を発表しました。

MediaPad T1 7.0 LTE

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」には、カラー、メモリ、内部ストレージが異なる2つのモデルがあります。

ファーウェイは、今年7月に2万円台のSIMフリー7インチタブレット「 MediaPad T2 7.0 Pro 」を発売しており、優れたコストパフォーマンスで人気となりました。

今回の「 MediaPad T1 7.0 LTE 」は、更に低い価格帯となっています。SIMフリータブレットはWi-Fiモデルよりも高い価格帯となっていましたが、用途とスペックが合えばお買い得なモデルとなりそうです。

購入してレビューしています

実際に「 MediaPad T1 7.0 LTE 」を購入して、レビューを行っています。よろしければ以下のリンクをチェックしてみてください。



おすすめは2GB RAM+16GB ROMモデル

(価格はすべて税抜)

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」の販売想定価格は、1GB RAM+8GB ROMの「シルバー」モデルが10980円、2GB RAM+16GB ROMの「ゴールド」モデルが14980円となっています。2016年10月21日に発売日予定となっています。

「シルバー」モデルは公式オンラインストアとMVNOで限定販売され、「ゴールド」モデルが一般販売されます。

2つのモデルを比較すると価格は高いですが、スペックから考えると「ゴールド」モデルを購入した場合の方が満足度は高くなりそうです。

そこで、「 MediaPad T1 7.0 LTE 」の「ゴールド」モデルについてまとめておきます。

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」「ゴールド」モデルの特長・スペック

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」は7インチディスプレイを搭載しています。解像度は1024×600となっており、フルHDが主流となっている中ではローコストモデルということでスペックは抑えられています。

CPUは、1.5GHzのクアッドコアプロセッサを搭載し、前述の通り、2GB RAM+16GB ROMです。価格から考えるとなかなか頑張ったスペックとなっています。

MediaPad T1 7.0 LTE

OSはAndroid 6.0、バッテリー容量は4100mAh、重量は278gとなっています。厚さも8.5mmと比較的抑えられており、ローコストモデルとしてはなかなかのスペックになっています。

カメラは200万画素ですから、とりあえず記録用に撮影できる程度であることが予想されます。なお、SIMカードスロットは、Micro SIMサイズとなっています。

まとめ

これだけ安いLTE対応SIMフリータブレットが登場するとなると、車載専用機として、格安SIMとの組み合わせてカーナビアプリを入れておくと、かなり低コストで最新マップ情報入りのカーナビになりそうです。

Yahoo!カーナビ – 無料で使える本格カーナビアプリ

価格:0  平均評価:4.4(40,329 件)

カーナビは、購入当初はいいですが、少し時間が経つとマップが古くなってしまい、更新するためにも結構の出費になることが多いです。カーナビアプリであれば無料で高性能なものがあり、しかも随時マップが更新されています。

7インチタブレット対応の車載ホルダーも数多くありますから、「やすスマ」は次にカーナビを必要とする時には、SIMフリータブレット+格安SIMの組み合わせでいこうかと密かに思っています。

Source

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」製品ページ|ファーウェイ・ジャパン

※詳細については各社のHPで必ず確認ください


この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする