【日本発売期待】「 Moto Z Play 」情報 モトローラ SIMフリー 16/9/1


レノボ傘下のモトローラは、拡張モジュール「Moto Mods」を装着可能のミドルクラススマホ「 Moto Z Play 」を発表しました。

モトローラの日本発売SIMフリースマホとしては、「 Moto G4 Plus 」が、日本で発売されるスマホとしては初のLTEと3Gの同時待ち受けに対応しており、人気モデルとなっています。

「 Moto Z Play 」のスペックレビュー

Moto Z Play

「 Moto Z Play 」は、モトローラの「 Moto Z 」シリーズのミドルレンジモデルとなっています。主なスペックについて紹介します。

OS Android 6.0.1
SoC Snapdragon 625
ディスプレイ 5.5 インチ(1920×1080)
CPU Octa-Core 2GHz
ROM 32GB
RAM 3GB
カメラ REAR:16MP(f2.0) FRONT:5MP(f2.2)
指紋センサー
バッテリー 3510mAh
サイズ/重量 76.4(W)×156.4(D)×6.99(H) mm / 165g

「 Moto Z Play 」の主な特長

ミドルレンジスマホ「 Moto Z Play 」の主な特長について、まとめてみます。

「Moto Mods」に対応

Moto Z Play

モトローラ「 Moto Z Play 」は、本体背面に装着できる拡張モジュール「Moto Mods」に対応しています。「Moto Mods」モジュールとしては、光学10倍ズームカメラ「Hasselblad True Zoom」、モバイルプロジェクター「Moto Insta-Share Projector」などがあります。

3510mAhバッテリー

厚み7mm弱とスリムなボディに、大容量3510mAhバッテリーを搭載しており、最大50時間の駆動時間を実現しています。

充実したスペック

「 Moto Z Play 」は、5.5インチSuper AMOLED液晶を搭載しており、SoCにコストパフォーマンスの高いSnapdragon 625を採用しています。32GB ROM、3GB RAMとミドルレンジモデルとしては比較的充実したスペックとなっています。

日本発売について

「 Moto Z Play 」は、2016年9月以降に発売予定で、販売予定価格は499ドル(およそ51700円)となっています。

「ミドルハイ」クラスのスペックをもち、「Moto Mods」などの特長ある「 Moto Z Play 」ですが、現段階では、日本発売についてアナウンスはありません。

[adsense]

Source

「 Moto Z Play 」製品ページ


この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする