モトローラ スリムボディSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」を日本発売

Moto Z2 Play JAPAN

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、2017年6月20日に、薄型ミドルレンジSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」を2017年6月29日に発売することを発表しました。

参考まもなく日本で発売されるSIMフリースマホ一覧表

「Moto Z2 Play」は、日本でも発売された「Moto Z Play」の後継モデルです。日本モデルの価格は53800円(税別)です。

「Moto Z2 Play」では、ボディの厚さが6mmを切るなど、コンパクトさに磨きがかかっており、さらには基本スペックが向上しています。

「Moto Z2 Play」は拡張モジュール「MotoMods」に対応しているのが大きな特徴です。「Moto Z2 Play」は今月初めに海外にて発表されていましたが、早くも日本で発売されます。

「Moto Z2 Play」の特徴

「Moto Z2 Play」の大きな特徴は、厚さ5.99mmの薄型ボディです。

「Moto Z2 Play」は5.5インチフルHDディスプレイを搭載。ボディ重量が145gとディスプレイサイズを考えると軽量なボデイになっています。

MotoMods

モトローラ製のスマホでお馴染みとなっている、機能を拡張できるモジュール「MotoMods」にも対応。例えば、カメラユニット「True Zoom」を装着すれば10倍光学ズームでの撮影が可能になります。

向上した基本スペック

「Moto Z2 Play」では、ボディを薄型化を実現しながら、多くの基本スペックが向上しています。

SoCとして「Snapdragon 626」を採用。メモリ仕様は「4GB RAM+64GB ROM」です。

「Snapdragon 626」は、多くの人気モデルに搭載されている「Snapdragon 625」をバージョンアップしたSoCです。CPUの動作クロックも向上しており、「Snapdragon 625」搭載機と比較して性能向上が期待できます。

リアには1200万画素カメラを搭載。f1.7と明るいレンズを採用しているのが大きな魅力です。

SIMスロットはnanoSIM×2で、4G+3Gのデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。

バッテリー容量は3000mAHで、ホームボタンに「指紋認証センサー」を搭載しています。USBポートは「Type-C」です。

3色カラー

カラーバリエーションはルナグレー、ファインゴールド、ニンバスブルーの3色になっています。

「Moto Z2 Play」のスペックレビュー

「Moto Z2 Play」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.1.1
  • ディスプレイ:5.5 インチ(1920×1080)
  • SoC:Snapdragon 626
  • CPU:Octa Core 最大2.2GHz
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP(f1.7) FRONT:5MP(f2.0)
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:76.2(W)×156.2(D)×5.99(H) mm / 145g

Source

「Moto Z2 Play」製品ページ | モトローラ・モビリティ・ジャパン

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする