ASUS 「 ZenFone 3 」情報|「 ZenFone 3 Laser 」日本発売 海外モデルまとめ

人気のZenfoneシリーズの最新作「 Zenfone 3 」は、2016年5月30日にComputex Taipei2016にて発表され、2016年7月12日に台湾で発売開始されました。このページは注目の「 Zenfone 3 」についてのまとめページです。

ZenFone 3

Contents

日本モデル「 ZenFone 3 Laser 」

ASUS JAPANは、2016年11月22日に、「Zenfone 3」シリーズの最新モデルとして「 Zenfone 3 Laser 」を2016年11月26日より発売開始することを発表しました。

スペックについては発表済みであった海外モデル「 Zenfone 3 Laser 」とほぼ共通しています。日本モデルの予想実売価格は27800円(税別)です。海外モデルとの価格設定の差が小さく、確実にスペック・デザインともに向上していることから前作「 Zenfone 2 Laser 」同様に人気モデルとなることが予想されます。

詳しいスペックや特長などは、別投稿で簡易レビューも含めてまとめてありますので、よろしければ合わせて御覧ください。

日本モデル「 ZenFone 3 」

ASUS JAPANは、2016年9月28日に、人気のZenfoneシリーズの最新作「 Zenfone 3 」を2016年10月7日から日本で順次発売開始することを発表しました。

今回発表された日本発売の「 ZenFone 3 」は、スタンダードモデルの5.2インチ「 ZenFone 3 (ZE520KL)」、ハイエンドモデルの「 ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL)」と「 ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」の3つのモデルです。

発売日

発売日はモデルによって異なり、「 ZenFone 3 (ZE520KL)」が2016年10月7日、「 ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL)」と「 ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」が2016年10月下旬以降に発売となります。

販売予定価格

既に海外において発売済の「 ZenFone 3 」は価格帯を超えたパフォーマンスの高さで人気となっています。

日本での販売予定価格は、「 ZenFone 3 (ZE520KL)」が39800円、「 ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL)」が55800円、「 ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」が89800円となっています。

海外モデル「 ZenFone 3 (ZE520KL)」が日本円換算で3万円弱となっていることから、日本モデル「 ZenFone 3 (ZE520KL)」の販売予定価格の39800円については、少し高い印象を受けます。

前作からデザイン・スペックともに大きく進化

「 ZenFone 3 」は、前作「 ZenFone 2 」と比較すると、デザインとスペックともに大きく進化しています。日本で発売する「 ZenFone 3 」のすべてのモデルに指紋認証システムを搭載しています。

ZenFone 3

また、日本モデルについても4Gと3Gのデュアルスタンバイ(DSDS)対応となっており、通話定額プランが充実した大手キャリアSIMと、データ通信のコストを抑えるための格安SIMと組み合わせてトータルコストを抑えることも可能となっています。

ドコモ回線利用での設定方法

なお、ドコモ回線(SPモード)をSIMフリースマホで利用する方法については、非常にかんたん設定となっており、作業を順を追って別ページに説明しています。よろしければ御覧ください。

今回発表された「 ZenFone 3」の3つのモデルのそれぞれの特長などをまとめておきます。


ハイスペックモデル「 ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」

今回発表されたモデルの中で最もハイスペックなモデルが「 ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」です。

「 ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL) 」は、フルメタルボディを採用し、SoCに新型「 Snapdragon 821 」を搭載したハイスペックモデルとなっています。

「 Snapdragon 821 」は各社のフラグシップモデルで数多く採用が予定されており、2016年上半期のフラグシップモデルに数多く採用された「 Snapdragon 820 」よりも更に性能アップしています。

「 ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL) 」についての詳細は別ページにまとめてありますので、よろしければ御覧ください。

高級感あるミドルハイモデル「 ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL)」

「 ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL)」は、デザインとしてはハイスペックモデル「 ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」と比較すると、ほぼ同等の高級感あるデザインは保ったまま、多くのスペックを若干抑えたモデルとなっています。

SoCについては、スタンダードモデル「 Zenfone 3 (ZE520KL)」と同じ「 Snapdragon 625 」を採用しています。

「 ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL)」についての詳細は別ページにまとめてありますので、よろしければ御覧ください。

スタンダードモデル「 Zenfone 3 (ZE520KL)」

スタンダードモデル「 Zenfone 3 (ZE520KL)」は、前作「 ZenFone 2 」から大幅にデザイン性が向上しながら、高いパフォーマンスをもったミドルクラスのSIMフリースマホとなっています。

「 Zenfone 3 (ZE520KL)」は、ガラス素材を積極的に使用した高級感あるデザインと、SoCにコストパフォーマンスに優れた「Snapdragon 625」を搭載したハイコストパフォーマンスモデルとなっています。

「 Zenfone 3 (ZE520KL)」についての詳細は別ページにまとめてありますので、よろしければ御覧ください。

「 Zenfone 3 Ultra 」は発表を予告

ズルトラ難民(やすスマもそうです)にとって強い関心が予想されている「 Zenfone 3 Ultra 」については、今回の発売決定モデルには含まれていませんでした。

発売決定モデルとしては発表されませんでしたが、「 Zenfone 3 Ultra 」が日本発売予定モデルとして予告されました。ズルトラを愛用されている方のなかなか見つからなかった買い替え先の有力候補になりそうですね。

また、海外モデルとして発表されている「 Zenfone 3 Laser 」や「 ZenFone 3 Max 」については今回の発表機種には含まれていませんでした。「 Zenfone 2 Laser 」が日本での人気モデルとなりましたので、これらのシリーズも期待して待ちたいところです。

「 Zenvolution~進化し続けるASUSのZen~ 」 16/9/23追記

ASUSは、2016年9月28日午後2時から、「 Zenvolution~進化し続けるASUSのZen~ 」を開催することが決定しました。

PCとSIMフリースマートフォンの新製品が発表される予定されており、発表会の模様はライブストーミングされます。

以前、本記事に書いたとおり、「 ZenFone 3 」日本モデルは9月に発表予定であることが明らかとなっています。

9月28日に、ついに「 ZenFone 3 」日本モデルが発表される可能性が高そうです。果たして、どのモデルの発売が発表されるか楽しみですね。

公式Twitterでは、「 Zenvolution~進化し続けるASUSのZen~ 」の開催に向けてカウントダウンを行っています。ハッシュタグとして「 #Z3N 」や「 #ZenFone 」が確認でき、新製品の機種の特徴についても書かれています。

「 ZenFone 3 」シリーズのうち、どのモデルが日本で発売されるか、今後のカウントダウンも楽しめそうですね。

海外モデル「 Zenfone 3 」シリーズのラインナップ

海外モデル「 Zenfone 3 」については、現時点で大きく分けて5つのモデルがあります。なお、すべてのモデルに指紋認証システムを搭載しています。

下にまとめている海外モデル「 Zenfone 3 」には、日本モデル「 Zenfone 3 」と重複している機種がありますが、海外で発売されている主なモデルとしてまとめておきます。

スタンダードモデル 「 ZenFone 3 」

スタンダードな「 ZenFone 3 」としては、液晶サイズの違う2つのモデルがあります。5.5インチ液晶搭載の「 ZenFone 3 (ZE552KL)」、5.2インチ液晶搭載の「ZenFone 3 (ZE520KL)」です。

5.2インチディスプレイ搭載の「 Zenfone 3 (ZE520KL)」は、5.5インチディスプレイ搭載の「 Zenfone 3 (ZE552KL)」と比較すると、ROMが32GB、RAMが3GB、バッテリーと2,650mAhなどスペックダウンしている部分もありますが、コンパクトさという点ではアドバンテージがあります。ニーズに応じて選択できるのはユーザーにとって嬉しい点です。

Snapdragon 625 オクタコアCPU搭載

「 Zenfone 3 (ZE520KL)」、「 Zenfone 3 (ZE552KL)」はともにSnapdragon 625 オクタコアCPUを採用しており、ミドルレンジでも比較的高いパフォーマンスを発揮します。

スタンダードモデル 「 ZenFone 3 」の台湾での価格

台湾での販売価格は、5.2インチモデル「 Zenfone 3 (ZE520KL)」が7990台湾ドル(およそ25,800円)、5.5インチモデル「 Zenfone 3 (ZE552KL)」が9990台湾ドル(およそ32,200円)と、性能を考えると非常に高いコストパフォーマンスになっています。

スタンダードモデル 「 ZenFone 3 」のスペックレビュー

デザイン性とスペックの向上で人気モデルとなりそうな「 Zenfone 3 」の主なスペックは以下のとおりです。

「 Zenfone 3 (ZE520KL)」

  • OS:Android 6.0
  • SoC:Snapdragon 625 Octa Core 2.0GHz
  • ROM:32GB
  • RAM:3GB
  • ディスプレイ:5.2インチ(1920×1080)
  • カメラ:リア1600万画素 フロント800万画素
  • バッテリー:2,650mAh
  • サイズ/重量:74.0(W)×146.9(D)×7.7(H) mm / 144g

「 Zenfone 3 (ZE552KL)」

  • OS:Android 6.0
  • SoC:Snapdragon 625 Octa Core 2.0GHz
  • ROM:64GB
  • RAM:4GB
  • ディスプレイ:5.5インチ(1920×1080)
  • カメラ:リア1600万画素 フロント800万画素
  • バッテリー:3,000mAh
  • サイズ/重量:77.4(W)×152.6(D)×7.7(H) mm / 155g

エクスパンシス

ハイスペックモデル「 ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」

ZenFone 3 Deluxe

「ZenFone 3」シリーズの中で最もハイスペックなモデルとなるのが、「ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」です。

新SoC Snapdragon 821採用

「 ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」で目を引く点としては、2016年7月に発表されたSoC「Snapdragon 821」を採用予定である点です。「Snapdragon 820」を搭載したモデルと、「Snapdragon 821」を搭載したモデルが登場する予定です。まずは、「Snapdragon 820」を搭載したモデルが海外で発売されています。

「Snapdragon 821」は、現行の「Snapdragon 820」の強化版という位置付けで、「Snapdragon 820」よりもCPU性能は10%アップとなっていると言われています。2016年後半に搭載デバイスが市場で発売される予定となっています。

また、メモリについては、フラグシップモデルで採用が増えてきた6GB RAMを搭載しています。内部ストレージも64GBまたは128GB ROMと大容量なものとなっています。

ボディについてもフルメタルボディを採用しており、「 ZenFone 3 Deluxe 」の優れたデザインを一層引き出すものとなっています。

ハイスペックモデル「 ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」の台湾での価格

ハイスペックモデル「ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」の台湾での販売価格は、内部ストレージ容量などで異なっています。最安モデルで15,900台湾ドル (およそ51,000円)となっています。

ハイスペックモデル「ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」のスペックレビュー

スペックから現状で最高峰のパフォーマンス機となりそうな「 ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」の主なスペックは以下のとおりです。

  • OS:Android 6.0
  • SoC:Snapdragon 820/821 Quad Core
  • ROM:64GB/128GB
  • RAM:6GB
  • ディスプレイ:5.7インチ(1920×1080)
  • カメラ:リア2300万画素 フロント800万画素
  • バッテリー:3,000mAh
  • サイズ/重量:77.4(W)×156.4(D)×4.2~7.5(H) mm / 172g

大画面モデル「 Zenfone 3 Ultra」

Zenfone 3 Ultra

「 Zenfone 3 Ultra」は、大画面6.8インチ液晶を搭載するなど「 Zenfone 3 」のAV機能を強化したモデルとなっています。

ファブレットサイズ「 Zenfone 3 Ultra」

「 Zenfone 3 Ultra 」の大きな魅力は、ゴリラガラス4.0採用の大画面6.8インチ液晶を搭載している点です。

ハイエンドモデルに近いスペック

「 Zenfone 3 Ultra 」は、Snapdragon 652 オクタコアCPUを搭載しています。また、メモリー容量は3GB/4GB RAMの2種類、内部ストレージ容量は32GB/64GB/128GBの3種類あります。

「 Zenfone 3 Ultra 」は、カメラ性能も高く、リアカメラは2,300万画素で手ブレ補正機能も搭載しています。

大容量バッテリー搭載

「 Zenfone 3 Ultra 」は大画面液晶を搭載しており、バッテリーの持ちを考えると気になるバッテリー容量ですが、4,600mAhと大容量となっています。

AV機能強化モデル「 Zenfone 3 Ultra 」の台湾での価格

「 Zenfone 3 」シリーズの中でAV機能強化したモデル「 Zenfone 3 Ultra 」の台湾での販売価格は17,990台湾ドル(およそ58,000円)となっています。価格的にはハイエンドクラスに近いものとなっています。

AV機能強化モデル「 Zenfone 3 Ultra 」のスペックレビュー

ハイエンドクラスに近いスペックで6.8インチの大画面液晶を搭載しており魅力あふれる「Zenfone 3 Ultra」の主なスペックは以下のとおりです。

「 Zenfone 3 Ultra 」のボディの厚みは6.8mmとスリムになっており、重量も233gと液晶サイズからすると軽量となっています。

  • OS:Android 6.0
  • SoC:Snapdragon 652 Quad Core 1.8GHz×2+1.4GHz×2
  • ROM:32GB/64GB/128GB
  • RAM:3GB/4GB
  • ディスプレイ:6.8インチ(1920×1080)
  • カメラ:リア2300万画素 フロント800万画素
  • バッテリー:4,600mAh
  • サイズ/重量:93.9(W)×186.4(D)×6.8(H) mm / 233g

日本発売が予告

AV機能を強化した「 Zenfone 3 Ultra 」は、2016年9月28日のASUS JAPAN開催の新製品発表会にて、日本発売が予告されています。

ファブレットサイズの高性能スマホを探しておられた方にとっては要注目モデルとなることが予想されます。別ページに「 Zenfone 3 Ultra 」について更にまとめておきましたので、よろしければ御覧ください。

カメラ強化モデル「 Zenfone 3 Laser 」

Zenfone 3 Laser

「 Zenfone 3 Laser 」は、「 Zenfone 2 Laser 」の後継モデルです。Laserシリーズは「Zenfone」シリーズではカメラ性能を強化したモデルとなっており、「 Zenfone 3 Laser 」は0.03秒AFの1,300万画素カメラが搭載されています。

カメラ強化モデル「 Zenfone 3 Laser 」のスペックレビュー

  • OS:Android 6.0
  • SoC:Snapdragon 430 Octa Core 1.2GHz
  • ROM:32GB/64GB
  • RAM:2GB/4GB
  • ディスプレイ:5.5インチ(1920×1080)
  • カメラ:リア800万画素 フロント1300万画素
  • バッテリー:3,000mAh
  • サイズ/重量:76.0(W)×149.0(D)×7.9(H) mm / 150g

バッテリー強化モデル「 ZenFone 3 Max 」

ZenFone 3 Max

「 ZenFone 3 Max 」は、「 ZenFone 3 」シリーズの中で、大容量バッテリーを搭載したモデルという位置づけになっています。

「 ZenFone 3 Max 」には、2つのモデルがあり、5.2インチ「 ZenFone 3 Max (ZC520TL) 」と5.5インチ「 ZenFone 3 Max (ZC553KL) 」があります。

ともにハイスペックスマホではありませんが、2つのモデルを比較すると5.5インチ「 ZenFone 3 Max (ZC553KL) 」の方が高いスペックとなっています。

2つのモデルのうち、後で発表となった5.5インチ「 ZenFone 3 Max (ZC553KL) 」については、公式ページのスペックの対応バンドには「 JP/HK/PH version 」という記載があり、日本での発売が大いに期待できそうな状況です。

大容量バッテリー搭載

まずはこのモデルの特徴であるバッテリー容量については、5.2インチ「 ZenFone 3 Max (ZC520TL) 」が4130mAh、5.5インチ「 ZenFone 3 Max (ZC553KL) 」が4100mAhとなっています。

前モデルよりも薄型化

日本でも今年3月に発売されたSIMフリースマホ「 ZenFone Max 」のバッテリー容量は5000mAhでしたので、容量自体はダウンしています。一方で、「 ZenFone 3 」シリーズのデザインとなっており、厚さおよび重量は改善されています。

リバースチャージ機能搭載

「 ZenFone 3 Max 」は、前モデル「 ZenFone Max 」と同様に、タブレットや他のスマートフォンも充電できるリバースチャージ機能搭載を搭載しています。

その他

「 ZenFone 3 Max 」の全体的なスペックはミドルクラスとしても抑え気味です。その代わりに、30日オーバーのスタンバイ時間などを引き出したモデルとなっています。

5.5インチ「 ZenFone 3 Max (ZC553KL) 」については、5.5インチフルHD液晶搭載で、オクタコアCPU、32GB ROMなど、重い処理を行う場合以外では十分な性能を発揮しそうです。

「 ZenFone 3 Max 」シリーズのスペックレビュー

2つのモデルの主なスペックをそれぞれまとめておきます。

「 ZenFone 3 Max (ZC553KL) 」

  • OS:Android 6.0
  • SoC:Snapdragon 430 Octa Core
  • ROM:32GB
  • RAM:2GB/3GB
  • ディスプレイ:5.5インチ(1920×1080)
  • カメラ:リア1600万画素 フロント800万画素
  • バッテリー:4,100mAh
  • サイズ/重量:76.24(W)×151.4(D)×8.3(H) mm / 175g

「 ZenFone 3 Max (ZC520TL) 」

  • OS:Android 6.0
  • SoC:MediaTek Quad Core
  • ROM:16GB/32GB
  • RAM:2GB/3GB
  • ディスプレイ:5.2インチ(1280×720)
  • カメラ:リア1300万画素 フロント500万画素
  • バッテリー:4,130mAh
  • サイズ/重量:73.7(W)×149.5(D)×8.55(H) mm / 148g

インドで「 ZenFone 3 」発売決定 16/8/18追加

ASUSは、インドにおいて「ZenFone 3」シリーズの発売を発表しました。インドでの発売が発表された「ZenFone 3」のモデルは、「ZenFone 3 Laser」、「ZenFone 3」、「ZenFone 3 Deluxe」、「ZenFone 3 Ultra」です。

インドでの販売価格

インドでの販売価格は、以下のとおりとなっています。

  • 「ZenFone 3 Laser (ZC551KL) 」 18,999ルピー(およそ28,400円)
  • 「ZenFone 3 (ZE520KL)」 21,999ルピー(およそ32,900円)
  • 「ZenFone 3 (ZE552KL) 」 27,999ルピー(およそ41,900円)
  • 「ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」 49,999~62,999ルピー(およそ74,700~94,200円)
  • 「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL)」 49,999ルピー(およそ74,700円)
  • インドでの販売時期

    「 ZenFone 3 (ZE520KL)」、「 ZenFone 3 (ZE552KL) 」が8月下旬、他のモデルが9月に発売される予定となっています。

    Source

    ASUS India

    日本向けモデルは9月発表予定 16/8/27

    日本向けモデルの発表予定時期が明らかとなりました。以下のリンク記事の最後の方にASUS本社の広報担当者から、日本向けモデルは9月に発表すると書かれており、もうまもなく日本向けモデルについても公式情報が出てきそうです。

    ZenFone 3がZenFone 2から厚さ30%、重さ10%削減を実現できた理由|PC Watch

    日本向けモデル発表時期以外にも、新しい「 ZenFone 3 」のスペックやデザインについてまとめられていますので、「 ZenFone 3 」に興味を持っている多くの方にとっては非常に有用かつ楽しめる内容になっています。

    気になる日本向けモデルの発売時期

    「 ZenFone 3 」の日本向けモデルの発表時期が9月となれば、次に気になるのが発売時期です。

    前モデル「 ZenFone 2」については、2015年4月20日に日本発売を正式にアナウンスしました。およそ1ヶ月後の2015年5月16日に多くのモデルが発売されました。

    今回の「 ZenFone 3 」については、新型iPhoneの発売タイミングとの関係も出てくる可能性がありますが、10月には発売を期待したいところです。

    日本発売モデルは?

    公式ページのスペックについて書かれているページで、ネットワーク周波数帯を見ると、「JP version」と記述があるモデルがあります。

    「ZenFone 3 (ZE520KL)」、「 ZenFone 3 (ZE552KL) 」、「ZenFone 3 Laser (ZC551KL) 」 、「 ZenFone 3 Max 」には「JP version」の記述があります。

    残る「ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)」 、「 Zenfone 3 Ultra 」は「JP version」と記述はありません。ただし、「WW version」という記述はあります。

    「JP version」の記述がある4つのモデルについてはほぼ確実と思いますが、AV機能強化モデル「 Zenfone 3 Ultra 」についても期待したいところです。

    また、9月に発表されましたら情報を整理してみようと思います。

    「 ZenFone 3 」がEXPANSYSで取り扱い

    7月12日に台湾で発売となった「 ZenFone 3 」がEXPANSYSで取り扱いされています。興味のある方は、よろしければ御覧ください。

    エクスパンシス

    Source

    Zenfone3(英文)|ASUS
    http://www.asus.com/Phone/

    ※詳細については各社のHPで必ず確認ください


コメント

  1. Ultra買うかも より:

    >「 Zenfone 3 Ultra 」は、Snapdragon 625 オクタコアCPUを搭載しています。

    652ですよね、後述ありますけど。

    • やすスマ より:

      Ultra買うかも 様

      ご指摘いただき大変ありがとうございました。
      この度は、ご迷惑をおかけいたしました。
      すぐに修正をさせていただきました。

      ズルトラ難民の「やすスマ」にとってもUltraは魅力的な機種です。

      皆様のスマホライフが充実するように情報発信に努めていきたいと思います。
      今後とも「やすスマ」をお願いいたします。

      この度はありがとうございました。