【海外SIMフリー】攻めの新機種!「Xperia 1」は21:9ディスプレイ搭載のフラグシップスマホ 予想外のDxoスコア判明

21:9ディスプレイ搭載のフラグシップ「Xperia 1」

「Xperia 1」

SONYは、スペイン・バルセロナで新型フラグシップスマートフォン「Xperia 1」を発表しました。

「Xperia 1」は、フラグシップモデルのラインとしては「Xperia XZ3」の後継にあたります。製品名を一新していることから分かるように、新たなコンセプトをもった新たなフラグシップモデルになっています。

「Xperia 1」の特長とスペック

「Xperia 1」の21:9ディスプレイ

「Xperia 1」のディスプレイは縦横比21:9の超縦長になっています。

6.5インチの高精細な4K(3840×1644)有機ELディスプレイです。

SONYならではの有機ELテレビ「BRAVIA(ブラビア)」で培ったテクノロジーが投入されています。

昔のXperiaのような、尖ったコンセプトで仕上がっていてワクワクしますね。

Snapdragon 855

基本スペックも当然ながらハイレベルです。

SoCには「Snapdragon 855」を採用。メモリ仕様はRAMが6GB、ROMが128GB。Androidスマートフォンとしては最高峰に近いパフォーマンスが期待できます。

参考AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のハイスペックスマホは?

トリプルカメラ

「Xperia 1」はトリプルカメラ搭載

トレンドになりつつあるトリプルカメラを「Xperia 1」は採用しています。1200万画素(標準26mm/F1.6)+1200万画素(超広角16mm/F2.4)+1200万画素(望遠52mm/F2.4)という構成になっています。

DxOMarkでのスコアが判明

スマートフォンのカメラ性能スコアを公表している「DxOMark Mobile」において、「Xperia 1」のスコアが公開されました。

結果としては「Xperia 1」のカメラの総合スコアは「79」でした。静止画スコアが「76」、動画スコアが「85」です。

DxOMark Mobile」では、「Huawei Mate 20 Pro」、「Huawei P20 Pro」、「Samsung Galaxy S10 Plus」の3機種がトップスコアの「109」をマークしています。

他社のフラグシップモデルと比較すると「DxOMark Mobile」のカメラスコアは伸びない結果になっています。

注目のパープルカラー

カラーはブラック、パープル、グレイ、ホワイトの4色展開です。

少し前のXperiaシリーズで象徴的なカラーであったパープルが復活しているのはうれしいですね!

「Xperia 1」のスペック

「Xperia 1」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 Pie
  • ディスプレイ:6.5 インチ(3840×1644)
  • SoC:Snapdragon 855
  • CPU:Octa Core 2.84GHz×1+2.42GHz×3+1.8GHz×4
  • RAM:6GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:12MP+12M+12MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3330mAh
  • サイズ/重量:72(W)×167(H)×8.2(D) mm / 180g

「Xperia 1」アンケート

「Xperia 1」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

「Xperia 1」 – SONY

SIMフリーXperia
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました