「TCL PLEX」でau回線のUQ mobileのSIMをテスト!人気の性能十分な格安スマホ

どうも、やすスマです。12月発売の「TCL PLEX」はなかなか話題でオパールホワイトは入手が困難なんです。

2019年12月発売のSIMフリースマホ「TCL PLEX」は税込29,800円でありながら、性能・使い勝手は非常に満足感の高いものになっています。

価格も含めると、大人気モデルOPPO「Reno A」にも肉薄するトータルのレベルだと考えています。

【2020年】格安SIMフリースマホおすすめ6選をランキングで紹介【価格は5万円台まで/おサイフケータイ】
価格が5万円台までのおすすめしたい格安なSIMフリースマホをランキング形式で紹介しています。『格安スマホってどれがオススメ?』、『おサイフケータイ搭載の格安スマホって?』という方はぜひ参考にしてみてください!

今回、人気の「TCL PLEX」でau回線(UQ mobile)のテストを行ってみました

実際にデータ通信と通話をテストしてみた内容をまとめておきます。

「TCL PLEX」でau回線のテストした結果

「TCL PLEX」でau回線のテストした結果

結論から言うと、「TCL PLEX」はau回線での使用は適していません

なんでかというと、販売元が公表している「TCL PLEX」の対応バンドがこんな感じになっているからです。

2G:2/3/5/8
3G:1/2/5/6/8/9/19
4G:1/3/5/7/8/19/20/28/38/40
※Docomo、SoftBank回線SIMに対応
出典:TCL – PLEX– FOX STORE

注意書きとしてNTTドコモ、SoftBank回線のSIMに対応と明記されています。

確かにNTTドコモ、SoftBankの主要な4Gバンドをほぼカバーしています。

au回線の4GバンドではBand1とBand28には対応していますが、主要バンドとなるBand 18(26)には非対応です。

今回は「UQ mobile」の音声SIMでテスト

検証のために用意したのは、au回線を用いている「UQ mobile」の音声SIM(au VoLTE対応)です。

auのサブブランド「UQ mobile」のハイレベルな通信品質は素晴らしいので愛用しています。

LINK 【UQmobile】

実際にUQ mobileの通話SIMを挿して検証

今回は「UQ mobile」の音声SIMでテスト

「TCL PLEX」に「UQ mobile」の通話SIMを挿して、APN設定を開くと上のような感じでした。

「UQ mobile」のAPN設定もあらかじめ設定されていました。

au回線対応とはうたっていないのにAPNがプリセットされていることにはちょっと驚き

「4G」接続の表示を確認

「4G」接続の表示も確認

「UQ mobile」のAPN設定を選択すると「4G」接続の表示を確認

データ通信は可能でした

実際に試してみると、筆者の環境ではUQ mobileのSIMを挿した「TCL PLEX」でウェブ閲覧等はできました。データ通信は可能といったところです。

ただ、前述の通り、au回線の対応バンドが限定的なので、場所によっては困難な状況になるかもしれません。そのあたりは十分に理解しておいてください。

スピードテストでもチェック

スピードテストも実施

どの程度の通信速度が出ているかも気になったのでスピードテストも実施しておきました。

ダウンロードはしっかり速度が出ていますが、アップロードは非常に低速。この計測後に「Reno A」でも同じSIMでテストしたらアップロード結果は明らかに異なりました。

やはり通話はNGでした

次に気になるのが通話ができるかということですが、

やはり通話はNG

予想通り、通話に関してはNGという結果でした。発信テストしてみると、上のような感じです。

「TCL PLEX」は「au VoLTE」対応をうたっていないので、これはものすごく妥当な結果です。

「TCL PLEX」でau回線のテストした結果まとめ

以上、コスパ優秀な「TCL PLEX」でau回線(UQ mobile)を検証しておきました。

検証した結果としては

  • 通話はNG
  • データ通信は可能

といった感じでした。

au回線での使用には適していません

au回線の使用を想定している場合は「TCL PLEX」は適していません。

OPPO「Reno A」やHUAWEI「P30 lite」など、au VoLTE対応をうたったスマートフォンで使用してください。

created by Rinker
OPPO Japan
¥38,500(2020/02/19 13:48:14時点 Amazon調べ-詳細)

NTTドコモ、SoftBank回線のSIMの利用であればおすすめです

NTTドコモ、SoftBank回線のSIMの利用を想定されている方には「TCL PLEX」はなかなかおすすめです。

「TCL PLEX」をレビュー!3万円とは思えないような良スペックのSIMフリースマホ【実機レビュー】
発表されてから大きな話題となっている「TCL PLEX」のレビュー記事です。「TCL PLEX」はおよそ3万円という価格のSIMフリースマホですが、実際にレビューしてみてもその価格帯を超える実力をもっていました。「TCL PLEX」に興味を持っている方はぜひご一読ください。

「TCL PLEX」に興味のある方はぜひ販売ページをチェックしてみてくださいね!

LINK TCL Plex オブシディアンブラック – murauchi.co.jp

以上、少しでも参考になれば幸いです!

おすすめ記事

本記事を読んでいただいた方におすすめしたい記事を紹介しておきます。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」は新次元到達のミドルスペックSIMフリースマホ おサイフケータイ
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」の実機レビュー記事です。公称されているスペックはなかなかですが、実際のパフォーマンスやデザインがどのような感じになっているかをレビューしています。「OPPO Reno A 128GB」が購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。
「HUAWEI nova 5T」は個性的なデザイン&クアッドカメラが突き刺さるハイスペックSIMフリースマホ【実機レビュー】
このページには「HUAWEI nova 5T」の実機レビューを紹介しています。クアッドカメラ、Kirin 980、8GB RAMなど、5万円台のスマートフォンとしては充実したスペック。購入したミッドサマーパープルカラーは非常に個性的なデザインが印象的です。
スポンサーリンク
SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
スマホを低価格で利用するために格安スマホや格安SIM情報を中心として発信しています。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました