「UMIDIGI F2」はパンチホールディスプレイ・クアッドカメラ搭載のSIMフリースマホ【日本Amazonでも販売】

どうも、やすスマです。色んな意味で話題のUMIDIGIのSIMフリースマホ「UMIDIGI F2」を取り上げておきます。

このページにはUMIDIGIのグローバル版「UMIDIGI F2」の情報をまとめています。

UMIDIGIをご存知でしょうか?UMIDIGIのスマートフォンは日本のAmazon(アマゾン)でも販売されているので、ご存じの方も多いと思います。

そんなUMIDIGIのスマートフォン「UMIDIGI F2」の主な特徴はコチラ。

POINT

  • パンチホールディスプレイ
  • 十分なパフォーマンス
  • 高性能なクアッドカメラ
  • 大容量バッテリー

主な特徴を中心として「UMIDIGI F2」を紹介しておきます。

「UMIDIGI F2」の特徴とスペック

UMIDIGI F2

前モデル「UMIDIGI F1」は日本のAmazon(アマゾン)で販売。「UMIDIGI F1」の優れたコスパは話題となりました。

「UMIDIGI F2」はそんな「UMIDIGI F1」の後継モデルです。

「UMIDIGI F2」の価格

海外のECサイト「Aliexpress(アリエクスプレス)」での「UMIDIGI F2」の通常価格は249.99ドル(約2.7万円)です。

今後の価格変動も予想されますが、およそ250ドルの価格はミドルスペックモデルとしては標準的な価格帯です。

「UMIDIGI F2」発売当初の「Aliexpress」での発送は大きな遅延が発生。オーダーされた方は「ぜんぜん届かない!」という状況となってしまいました。

価格やスペックだけでなく、UMDIGIの販売体制づくりの改善が求められそうです。

6.53インチのパンチホールディスプレイ

「UMIDIGI F2」のパンチホールディスプレイ

「UMIDIGI F2」の前面デザインはトレンドに沿ったものになっています。

「UMIDIGI F2」は6.53インチのフルHD+(2340×1080)ディスプレイを搭載。セルフィーカメラがディスプレイ左上の穴に埋め込まれた、いわゆるパンチホールディスプレイを採用しています。

ノッチなしのデザインでベゼルもスリムに仕上げて画面占有率を高めています。

十分なパフォーマンス

パフォーマンスを大きく左右するSoCですが、「UMIDIGI F2」はMediaTek製の「Helio P70」を採用。

「UMIDIGI F1」はSoCに「Helio P60」を搭載していました。F2では少しパワーアップしています。

MediaTek製のミドルスペック向けSoCです。ウェブ閲覧、動画視聴、SNSなどの用途であれば必要十分なパフォーマンスをもったSoCです。

一方で、ヘビーな3Dゲームを高画質で楽しむのはちょっと厳しいことが考えられます。

メモリ仕様は、RAM容量が6GB、内部ストレージ容量が128GB。内部ストレージが高速な「UFS 2.1」規格になっています。

ミドルスペックモデルとしては強力なメモリ仕様です。

外部ストレージとしてmicroSDカードの使用をサポート。トリプルカードスロットを採用し、2枚のSIMと1枚のmicroSDカードを同時に使用できるようになっています。

ベンチマークアプリ「AnTuTu Ver 8」の総合スコアではおよそ19万が見込まれます。

ミドルスペックモデルとしては不満のないパフォーマンスが期待できます。

高性能クアッドカメラ

「UMIDIGI F2」のクアッドカメラ

「UMIDIGI F2」の背面には4800万画素(メイン)+1300万画素(超広角)+500万画素(マクロ)+500万画素(深度)のクアッドカメラを搭載。

スマートフォンによってクアッドカメラの構成が異なりますが、「UMIDIGI F2」はマクロカメラを搭載し、マクロ性能を重視しています。

スペック上では非常に強力なカメラとなっています。実機での撮影性能が気になるところです。

前面には3200万画素カメラを搭載。AIビューティにも対応し、セルフィー撮影性能にも注力しています。

大容量バッテリー

「UMIDIGI F2」の大容量バッテリー

バッテリー容量は5150mAh。ヒットモデル「ZenFone 6」を上回るような大容量なバッテリーを搭載しています。

USBポートは「Type-C」。5000mAhオーバーの大容量バッテリーを最大18Wの急速充電で充電可能です。

指紋認証センサーはボディの右側面に搭載しています。

OSは最新の「Android 10」です。

ボディカラーはブルー、ブラックの2色展開です。

Aliexpressにおいて、「UMIDIGI F2」2019年10月14日に発売開始です。

充実した対応バンド

Aliexpressで公表されているグローバル版「UMIDIGI F2」の対応バンドは以下のとおりです。

4G
LTD FDD:B1/2/3/4/5/6/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B/B66/B71
LTD TDD:34/38/39/40/41
3G
WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA:B34/39
CDMA EVDO:BC0/BC
2G
GSM:B2/B3/B5/B8
CDMA1X:BC0/BC1

発売国によっては対応バンドを変更する可能性がありますが、基本的にはなかなか強力な対応バンドとなりそうです。

Banggoodでも販売開始

banggood.comにおいて、「UMIDIGI F2」を対象とするフラッシュセールを開催しています。

フラッシュセールでは、グローバル版「UMIDIGI F2」が199.99ドルで販売されています。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

「UMIDIGI F2」のスペック

「UMIDIGI F2」の主なスペックは以下の通りです。

SPEC
  • OS:Android 10
  • ディスプレイ:6.53インチ(2340×1080)
  • SoC:Helio P70
  • RAM:6GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:48MP+13MP+5MP+5MP FRONT:32MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5150mAh
  • サイズ/重量:77.7 × 162.6 × 8.7 mm / -g

日本のAmazonでも取り扱い開始【2020年1月9日追記】

日本のAmazon(アマゾン)において「UMIDIGI F2」の販売開始となっています。

UMIDIGI日本公式ショップが販売・発送という形態での取り扱いになっています。2020年1月9日段階では通常3~4日以内に発送と案内されています。

Amazonでの「UMIDIGI F2」の販売価格は27,669円です。

日本での発売当初の価格は、海外での通常価格の水準と類似しています。

Amazonでの販売ページは下のリンクからチェックしてみてくださいね!

「TCL PLEX」も同じような価格で販売されています。性能から考えると「TCL PLEX」を選ばれる方も多いと予想されます。

「TCL PLEX」をレビュー!3万円とは思えないような良スペックのSIMフリースマホ【実機レビュー】
発表されてから大きな話題となっている「TCL PLEX」のレビュー記事です。「TCL PLEX」はおよそ3万円という価格のSIMフリースマホですが、実際にレビューしてみてもその価格帯を超える実力をもっていました。「TCL PLEX」に興味を持っている方はぜひご一読ください。

UMIDIGIのスマートフォンはAmazonでセール対象となることもあるので、その価格の状況も注目しておきたいですね!

「UMIDIGI F2」情報まとめ

「UMIDIGI F2」のスペックは、前モデル「UMIDIGI F1」と比較すると大きく進化を果たしています。

日本のアマゾンでの販売状況も含めて、「UMIDIGI F2」を注目しておきたいですね!

アンケート

「UMIDIGI F2」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

おすすめ記事

同じUMIDIGIから、大型バッテリーを搭載したSIMフリースマホ「UMIDIGI Power 3」が発表されています。

「UMIDIGI Power 3」はグローバル市場で2019年11月11日に発売予定です。

「UMIDIGI Power 3」についてのまとめ記事はコチラです。

【日本発売期待】「UMIDIGI Power 3」はどデカなバッテリー搭載のSIMフリースマホ【クーポン】
勢いに乗るUMIDIGIから「UMIDIGI Power 3」の特徴とスペック情報まとめです。Powerのネーミング通り、6150mAhの大型なバッテリーを搭載。背面にはクアッドカメラ。日本でも積極的な展開をしつつあるUMIDIGIのスマートフォンということで注目です。

参考

UMIDIGI Global

スポンサーリンク
SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました