Amazonで2万円台!「UMIDIGI S5 Pro」レビュー 有機EL搭載のSIMフリースマホ【Note 9Sともバチバチ比較】

この記事は約16分で読めます。
やすスマ
やすスマ

このページを読んでいただきありがとうございます。ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。スマホはたくさん触ってきましたが、今回初めてUMIDIGIのスマホを触っています!

この記事には、UMIDIGIのSIMフリースマホ「UMIDIGI S5 Pro」をレビューした内容をまとめています。

これまでに多数のスマホをレビューしてきた筆者が、初となるUMIDIGIスマホをバシバシとチェックしておきました。

この記事を見ていただくと、「UMIDIGI S5 Pro」への理解を深めていただけます

執筆時点で、「UMIDIGI S5 Pro」は、日本のAmazonで2万円台で購入することができます。「Redmi Note 9S」と同じようなレンジのミドルスペックスマホクラスといったところですね。

LINK 「Redmi Note 9S」についてはコチラ→ 日本版「Redmi Note 9S」レビュー

実際に「UMIDIGI S5 Pro」を触ってみると、価格帯から考えると、超えていると感じる部分物足りないと感じる部分が興味深いほどに混在していました。

本記事はUMIDIGIさんより商品を提供いただき作成しています。

メーカーさんからの提供を受けてのレビューですが、「UMIDIGI S5 Pro」が気になっている方の参考になるように感じたことは遠慮なく書いておきます

さっそく、「UMIDIGI S5 Pro」のレビューを始めていきます!

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

「UMIDIGI S5 Pro」レビュー!ポップアップカメラ搭載のSIMフリースマホ

「UMIDIGI S5 Pro」レビュー

日本のAmazonでもUMIDIGIから販売されているSIMフリースマホ「UMIDIGI S5 Pro」。日本のAmazonで販売されているということで、技適にもしっかり対応しています。

UMIDIGIのスマートフォンの中ではハイスペックな部類に入るもので、ご存じの方も多いと思います。

まずは、「UMIDIGI S5 Pro」のスペックからさくっと確認しておきます。

「UMIDIGI S5 Pro」スペック

・OS:Android 10
・ディスプレイ:6.39 インチ(2340×1080)
・SoC:Helio G90T
・RAM:6GB
・ROM:256GB
・カメラ:REAR:48MP+16MP+5MP+5MP FRONT:16MP
・Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
・指紋センサー:○
・USB:Type-C
・バッテリー:4680mAh
・サイズ/重量:75.7(W)×159.2(H)×9.6(D) mm / 202g

「UMIDIGI S5 Pro」は有機ELディスプレイを採用。2万円台のSIMフリースマホとしてはかなり充実したスペックです。

あと、前面カメラはポップアップ式になっているのも大きな特徴となっています。ノッチ/パンチホールなしのフルスクリーンデザインも魅力となります。

ただ、実際の使用感が大切なので、「UMIDIGI S5 Pro」の魅力的な部分も含めながら掘り下げていきます。

「UMIDIGI S5 Pro」はオーシャンブルー、コスミックブラックのカラー展開

オーシャンブルー

「UMIDIGI S5 Pro」のカラーはオーシャンブルー、コスミックブラックの2色展開。

今回のレビュー機は、上のようなオーシャンブルーをチョイスしています。デザインは後ほど詳しく見ていきましょうね!

なお、今回のレビュー機は、日本のAmazonで販売されているものと同等品です。

「UMIDIGI S5 Pro」の付属品:保護ケースの付属がうれしい

「UMIDIGI S5 Pro」の付属品

「UMIDIGI S5 Pro」の主な本体付属品は、取扱説明書、保護ケース、ACアダプター、USBケーブル、Type-C to 3.5mmイヤホンジャック変換ケーブル、SIMピンといったところです。

取扱説明書は日本語にも対応

「UMIDIGI S5 Pro」の取扱説明書は日本語にも対応しています。自然な表現か?と聞かれれば肯定はできませんが、何が書かれているかの雰囲気はおおむね理解できます(笑)

保護ケースがちゃんと付属しているのはうれしい

「UMIDIGI S5 Pro」に付属している保護ケースは表面に加工が施された柔らかめのものです。背面のカラーが隠れるタイプなんで、好き嫌いは分かれるところでしょうね。

筆者の好みとしてはシンプルなクリアケースの方がうれしかったです。とはいえ、保護ケースを別に購入しなくてもいいのでありがたいところです。

「UMIDIGI S5 Pro」は最大18Wの急速充電

急速充電に対応したACアダプター

「UMIDIGI S5 Pro」は最大18Wの急速充電に対応。その急速充電に対応したACアダプターが同梱されています。

最大18Wの急速充電

ちゃんと「PSE」マークもありなので、日本国内でも安心して使うことができますね。

開封時の体験を大切にしている姿勢が良いですが…

スマホ本体以外にもけっこうこだわっている

「UMIDIGI S5 Pro」を開封してみると、スマホ本体以外にもけっこうこだわっている姿勢を感じることができます

ただ、筆者のものだけかもしれませんが、ACアダプターに小さな傷があったり、USBケーブルの表面に少しシワがあったり、実用上は問題ないのですが惜しいと感じてしまいます。

UMIDIGIの開封時の体験を大切にしたいという姿勢は良いと感じているので、今後の改善も期待しつつ、細かい部分ですがちゃんと書いておきます!

さっそく、「UMIDIGI S5 Pro」本体に本格的に触れていきます!

「UMIDIGI S5 Pro」の有機ELディスプレイは明るく美しい

「UMIDIGI S5 Pro」の有機ELディスプレイ

「UMIDIGI S5 Pro」のディスプレイはめちゃくちゃ魅力的です。

「UMIDIGI S5 Pro」は6.39インチの有機ELディスプレイを搭載。実際に見てみるとすぐに分かるほど明るくて鮮やかなキレイなディスプレイです。

解像度がフルHD+ということで、表示の精細感も問題ありません。また、価格から考えると仕方ないですが、ディスプレイのリフレッシュレートは60Hzになっています。

ジェスチャーナビゲーション

初期状態では、ナビゲーションバーがディスプレイに表示されていますが、ジェスチャーナビゲーションに設定変更することでナビゲーションバーを非表示にすることができます。

ポップアップカメラ採用のフルビューデザインをさらにいかすためにも、強くオススメしたい設定です!

ノッチ/パンチホールなしのフルビューデザインがめっちゃいい

フルビューデザイン

「UMIDIGI S5 Pro」は、ポップアップカメラ搭載ということで、ノッチ/パンチホールのないすっきりしたフルビューデザイン。どうですか、この迫力のあるディスプレイはやっぱり大きな魅力ですよね。

ディスプレイはフラットな形状

「UMIDIGI S5 Pro」のディスプレイはフラットな形状になっています。ディスプレイにはちゃんとフィルムが貼られているのがうれしいところです。

ベゼルはスリムな感じ

ベゼルはスリムな感じでけっこうスタイリッシュ。正面から見るとほぼディスプレイといった印象ですね!

ポップアップ

前面カメラはこのようにポップアップします。ただ、「POCO F2 Pro」と比較するとポップアップの動作はゆっくりめ。。。

ポップアップカメラが自動で格納

「UMIDIGI S5 Pro」は落下を感知すると、ポップアップカメラが自動で格納されるんです。ただ、ポップカメラの動作の速さだとちょっと心配と感じちゃう部分です。

LINK ポップアップカメラ搭載のハイスペック→ Xiaomi「POCO F2 Pro」レビュー

2万円台でディスプレイ内指紋認証センサーを搭載

指紋認証センサーはディスプレイ内

指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載。認証速度は爆速ではありませんが、普通には使えています。

スリープ時に指紋認証センサー部分をタップしても認証できる状態にならないのは改善してほしいポイントです。端末を持ち上げるか、ディスプレイをONにしてから認証する感じになります。また、顔認証には非対応になっています。

ただ、2万円台のスマホがディスプレイ内指紋認証センサーを搭載していること自体が大きな魅力ですね。

さすが有機ELディスプレイという美しい画面表示

「UMIDIGI S5 Pro」は有機ELディスプレイ搭載ということで、さすがの美しい画面表示となっています。

高いコスパで話題のXiaomi「Redmi Note 9S」と並べてみました。

Xiaomi「Redmi Note 9S」と並べてみました
左「UMIDIGI S5 Pro」 右「RemiNote 9S」

ともにディスプレイの明るさは最大にしていますが、やはり写真左の「UMIDIGI S5 Pro」の方が明るく鮮やかということがすぐ分かります。

というか、「UMIDIGI S5 Pro」のディスプレイは逆に明るすぎるぐらいです。「UMIDIGI S5 Pro」を使うときには明るさをけっこう下げて使うぐらいがちょうどいい感じです。

横から見ても
左「UMIDIGI S5 Pro」 右「RemiNote 9S」

横から見てもこのように「UMIDIGI S5 Pro」のディスプレイは非常に見やすくて好印象ですね。

光沢感のある背面デザインの「UMIDIGI S5 Pro」

「UMIDIGI S5 Pro」の背面は光沢感のあるデザイン

「UMIDIGI S5 Pro」の背面は光沢感のあるデザインになっています。レビュー機はオーシャンブルーカラーなんですが、けっこう濃いめの青で落ち着きのあるカラーという印象です。

背面の上下左右の端にかけてゆるやかにカーブする形状になっています。実際のホールド感も悪くないです。

ボディ幅が75.7mm

ただ、ボディ幅が75.7mmということもあって、筆者ではつねに片手操作というのはムリゲーといったところです。

また、光沢感のあるキレイなデザインですが、指紋の跡はちょっと気になっちゃう感じです。

クアッドカメラは出っ張り

「UMIDIGI S5 Pro」のクアッドカメラは出っ張りは上のような感じです。少し出っ張っていますが、まあ最近のスマホだとよくあるぐらいのレベルといった印象です。

「UMIDIGI S5 Pro」の側面はコチラです。パラパラめくって見てくださいね!

上の写真からもわかるように、スピーカーはモノラルで、3.5mmイヤホンジャックは非搭載になっています。側面上部はポップアップカメラのみとなっています。

デュアルSIMに対応

「UMIDIGI S5 Pro」はデュアルSIMに対応。ただし、片方のSIMスロットはmicroSDカードとの排他利用となります。

microSDカード

メーカー公称の対応バンドは以下のとおりです。

「UMIDIGI S5 Pro」対応バンド

4G: FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B/66/71
  TDD-LTE: B34/38/39/40/41
3G: WCDMA: B1/2/4/5/6/8
  TD-SCDMA: B34/39
  CDMA EVDO: BC0/BC1
2G: GSM: B2/B3/B5/B8
  CDMA1X: BC0/BC1

特に4Gバンドがかなり充実しています。実際に使えるかはSIMを挿すまでは分かりませんが、4GバンドについてはNTTドコモ/au/SoftBank/楽天モバイルの必須バンドをカバーしています。

「OCN モバイル ONE」の音声SIM

試しに、「OCN モバイル ONE」の音声SIMを挿してみると、APN設定は手動で行う必要はありますが、通話・データ通信ともに問題なく行うことができました。

「UMIDIGI S5 Pro」に様々なSIMを挿した検証を後日実施予定です。追って検証内容を記事にまとめて公開する予定です。

さきほど書いたように、「UMIDIGI S5 Pro」は2枚のSIMとmircoSDカードを同時に使用できません。ただ、「UMIDIGI S5 Pro」は256GBの大容量な内部ストレージ搭載ということで、基本的にはmicroSDカードなしでも安心して使えちゃう感じですね!

LINK オトクなセールを実施中→ OCNモバイルONE

「UMIDIGI S5 Pro」の重量はおよそ200g

「202.4g」

実際に、レビューしている「UMIDIGI S5 Pro」の重さを計測してみると、「202.4g」でした。

筆者としては、ポップアップカメラ搭載ということを考えると、およそ200gの重量は納得できる部分と感じています。

付属の保護ケースをつけてみる

付属の保護ケースをつけてみるとこんな感じになります。

ここからは、「UMIDIGI S5 Pro」の機能や動作を中心にチェックしていきます。

「UMIDIGI S5 Pro」はピュアな感じの「Android 10」を搭載

OSは「Android 10」

「UMIDIGI S5 Pro」のOSは「Android 10」を採用。メーカー独自のカスタマイズがバンバンといった感じではなく、ピュアな感じのものになっています。

メーカー独自カスマイズもりもりがいいという方には物足りないかもしれませんが、大きなクセは感じずにさっと使うことができます。また、すべてのアプリがホーム画面に表示されるようになっています。

ほとんどはちゃんと日本語化

上の設定メニューのように、ほとんどはちゃんと日本語化されています。ただ、細かい部分をみると英語表記のものが残っています。

英語表記

このあたりは今後のアップデートでの改善を期待したいところですね!

技適マークもちゃんと確認できます

技適マークがちゃんと表示

レビュー機は技適マークがちゃんと表示されます。また、本体梱包用のフィルムに技適マークの書かれたシールも貼られていました。

日本国内でも安心して利用することができますね。

最大4800万画素のクアッドカメラ搭載の「UMIDIGI S5 Pro」

最大4800万画素のクアッドカメラ搭載の「UMIDIGI S5 Pro」

「UMIDIGI S5 Pro」の背面には4800万画素(標準)+1600万画素(超広角)+500万画素(マクロ)+500万画素(深度)のクアッドカメラを搭載。

「UMIDIGI S5 Pro」に加えて、「Redmi Note 9S」、「Xperia 10 Ⅱ」も持ってさくっと撮影してきました。

LINK 「Xperia 10 Ⅱ」について知りたい方はコチラ→ 「Xperia 10 Ⅱ」レビュー

まずは標準カメラで撮影です。

さきほどの最後の写真を撮影した場所で広角カメラに切り替えて撮影。

次は、「UMIDIGI S5 Pro」と「Redmi Note 9S」でマクロ撮影です。

最後に3機種で夜景撮影も行っておきました。

明るい場所で「UMIDIGI S5 Pro」の標準カメラで撮影するとそれほど不満ないレベルに撮れる印象です。ただ、場面によっては明るすぎて、細かい部分がうまく表現できていないことがある印象も受けます。

広角カメラは、発色の傾向や明るさが標準カメラとは明らかに異なります。広角カメラはいまひとつといった印象です。

また、「UMIDIGI S5 Pro」は夜景撮影モードが用意されています。明るく撮れるのはうれしいですが、見た目以上の明るさで表現することがあるのでちょっと不自然と感じる場面があります。

また、動画撮影は標準カメラのみとなっていて、手ブレ補正がないので、動画撮影を重視される方にはちょっと厳しいと感じてしまいます。

標準カメラを使って写真を撮るのがほとんどということであれば、それなりに満足できるカメラという印象を受けます。

「UMIDIGI S5 Pro」は大容量256GBの内部ストレージが魅力

大容量256GBの内部ストレージ

「UMIDIGI S5 Pro」の大容量256GBの内部ストレージは大きな魅力なんです。この価格帯でいわゆる「ニゴロ」の大容量はうれしいですよね!

初回起動時にはおよそ245GBの空き容量ということで、アプリをがしがしインストールしたり、動画をバンバン撮影しても安心して使える容量となっています!

気になる内部ストレージの読み書き速度については、「AnTuTu V8.4.3」で計測しておきました。

「AnTuTu V8.4.3」で計測

「UMIDIGI S5 Pro」はUFS2.1規格の内部ストレージを搭載。UFS2.1のスマートフォンではいたって普通の読み書きの速度という結果です。実用の体感も含めて、問題ないレベルの読み書き速度といったところです。

ちなみに、人気スマホ「OPPO Reno A 128GB」でのテスト結果は以下のとおりです。

「OPPO Reno A 128GB」
created by Rinker
OPPO Japan
¥22,580(2020/09/26 18:57:22時点 Amazon調べ-詳細)

けっこう強力なSoC「Helio G90T」搭載でパフォーマンスは高い

次に「UMIDIGI S5 Pro」の魅力となるのが搭載SoCです。MediaTek製の「Helio G90T」搭載ということでミドルスペッククラスではかなり強力なものです。

まず、「AnTuTu V8.4.3」を使って「UMIDIGI S5 Pro」で3回連続でベンチマーク計測した結果は以下のとおりです。

「UMIDIGI S5 Pro」は、3回ともおよそ29万ほどのスコアをコンスタントにマーク。また、計測していると本体から発熱を感じますが、それでも動作は安定している印象です。

「アスファルト9」

「UMIDIGI S5 Pro」で「アスファルト9」をプレイしても快適にプレイできちゃいます。筆者はほぼゲームしないので、プレイレベルの低さには問題がありますが。。。

スピーカーがモノラル

ただ、「UMIDIGI S5 Pro」のスピーカーがモノラルで、全般的にこもった音になっているのが残念なポイントです。

ゲームプレイ時にも有機ELディスプレイの美しさを実感できるので、サウンド面の弱さがちょっと残念といったところです。

実際の使用場面での動作は軽快そのもの

「Redmi Note 9S」

ベンチマーク結果よりも、実際の動作はどうなの?って気になりますよねぇ。

また、「Redmi Note 9S」の4GB+64GBモデルと複数のアプリで起動の速さを比較。起動の速さは同等レベルか、「UMIDIGI S5 Pro」の方が早いといったところです。

他のミドルスペックスマホと比較すると、「UMIDIGI S5 Pro」のパフォーマンスの高さをすぐに実感することができます。

「Snapdragon 665」搭載のスマートフォンと比較すると、「UMIDIGI S5 Pro」の方が明らかに快適です。

「UMIDIGI S5 Pro」のパフォーマンスの高さは間違いなく大きな魅力といっていいでしょうね!

まとめ:「UMIDIGI S5 Pro」レビュー ポップアップカメラ搭載のSIMフリースマホ

まとめ

以上、UMIDIGIのSIMフリースマホ「UMIDIGI S5 Pro」をレビューした内容を紹介しておきました。

正直に言うと、カメラについては過度な期待はできない印象です。ただ、美しい有機ELディスプレイけっこう性能が高いSoCが魅力的であることは間違いありません。

実用性と直結する内部ストレージが大容量256GBであることも好印象です。

ただ、英語表記がちょこちょこ残っていたりあらかじめセットされているAPN情報が少なかったりと、どちらかと言えば、ある程度はAndroidスマートフォンを使い慣れた方向けと感じるところです。

印象的だった部分をまとめると以下のような感じですね!

・見た瞬間から美しい有機ELディスプレイ
・ポップアップカメラ搭載のフルビューデザイン
・けっこう強力なSoC「Helio G90T」で高性能
・内部ストレージが大容量256GBで安心

・一部に英語表記が残っている
・APN設定が少ない
・動画撮影性能が弱い
・スピーカーの音質がイマイチ

執筆時点で、「UMIDIGI S5 Pro」は、日本のAmazonで29,969円(税込)で販売されています。

「Redmi Note 9S」の6+128GBモデルと思いっきり競合する価格ですが、「UMIDIGI S5 Pro」の有機ELディスプレイとポップアップカメラに魅力を感じた方にはなかなかアリなモデルと感じています。

ぜひ、「UMIDIGI S5 Pro」の販売ページで細かなスペックも含めてチェックしてみてください!

以上、参考になれば幸いです!

「UMIDIGI S5 Pro」アンケート

「UMIDIGI S5 Pro」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

「UMIDIGI S5 Pro」アンケート

「UMIDIGI S5 Pro」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

UMIDIGI S5 Pro – UMIDIGI

コメント

  1. fuhito より:

    きのう、a7がbanggoodからとどき、まだひらがなしかうてませんumidigiのひょうばんよくなくてがっかりしてたら、やすすまさんのよんでうれしくなりました。きしゅはちがいますが、なんかうれしくって、ありがとうございます。らくてんせっていしてさくさくつかってます

    • やすスマやすスマ より:

      コメント頂きありがとうございます。非常に嬉しいコメントです!

      初のUMIDIGIスマホだったので、過去の思い出がないので、できる限りフラットにレビューしたつもりです。
      すべてが素晴らしいとは言いませんが、冷静に見ればちゃんと光るものがある機種であることを触っていて感じました。
      UMIDIGI JAPANさんとは定期的にコミュニケーションを取っているので、改善のヒントにもなればいいと思いながらレビューを書きました。

      A7が届いたということで、ぜひ設定をすすめて楽しんでみてくださいね(^o^)

  2. より:

    amazonで購入して1ヶ月使い倒してみましたが、こちらのレビューで低評価なモノラルスピーカーはそもそも使っていませんwww
    Bluetoothステレオヘッドセットを使っている分には、まったく無問題。
    モバイル版MS-office辺りでファイル閲覧やExcelのセル数値の訂正程度の軽い作業をする分には、G90Tのスペックで十分ですしね。急速充電時の発熱量が予想以上だったのには驚きましたけど、火傷する程のレベルじゃないですから、慣れれば気になりません。

    仰るとおり、いろいろ粗挽きな感じ。一番気になっているのは、画面内指紋認証機能の精度が低いこと。急いでいる時は、使いものにならんので、即キャンセルしてコード入力。夜中に使ってると、指紋認証時の画面輝度が問答無用でMAXになるのも、地味にイラつきます。

    • やすスマやすスマ より:

      有益な情報をありがとうございます(^o^)

      確かにBluetoothイヤホンを使えばスピーカーの弱点はカバーできますよね。
      実は、記事にそのように書こうか最後まで迷っていました(笑)

      確かに発熱はそれなりに感じますよね。ただパフォーマンスはそれほど下がらないのがホント不思議。
      液冷かな?とかいろいろ予想していますが、そのあたりは謎なんで分かりませんwww

      粗削りな部分がありますが、アップデートで改善できそうな箇所があるので、メーカーさんにもちゃんと伝えておきたいと思っています。
      Androidに慣れていれば、乗り越えられる部分も多いですし、光るものもけっこうあるスマホだと感じています!

  3. YGEKIJO より:

     ご無沙汰しております。
    3年ほど前にHUAWEI nova liteの保護フィルムを投稿をしたものです。(HNは忘れてしまいました、すみません)
     昨年UMIDIGI F1(BIGLOBE docomo→BIGLOBE au回線に変更)に買い換えましたが、あまりの不安定さに何度も返品交渉をしました。Amazonですぐ返せばよかったのですが、なんだかんだ言っているうちに面倒になって今となっています。
    「カメラのピントは合わない」「指認証は何度も登録やり直し」「サポートは最悪」等々、不満だらけでした。一番困ったのはWi-Fiの電波掴みの悪さです。政治的な問題でUMIDIGIにしたのですが、引き続きHUAWEIにすれば良かったと思い切り後悔しました。
     しかし、最近は慣れたせいもありますが、安定してきたような気がします。128GBのROMと5250㎃のバッテリーには満足しています。
     UMIDIGIの一番の魅力はハードのスペックの高さと圧倒的なコストパフォーマンスにあります。弱点はソフト面の完成度が低いことです。
    新興メーカーなので仕方ないと思っていましたが、短期間の間に随分成長したようですね。先日のタイムセールではポチリそうになりました。
     今後の情報を楽しみにしています。
     話は変わりますが、無料につられて6月RAKUTEN MINIを申し込んだのですが、「最短2日」→「8月中」→「9月中お届け」といつになるのかわかりません、このままでは年内に届くのか怪しいものです。どうせ1年で解約するので気長に待ちます。では。

    • やすスマやすスマ より:

      お久しぶりです!
      丁寧にコメント頂きありがとうございます(^o^)
      おっしゃるように、UMIDIGIさんは確かにハードの構成には力を入れていることを強く感じました!
      レビューでも書きましたが、ソフト面では発売後のアップデートに力を入れてもらい、改善できるところが多々といったところですね。
      ここからワンランクアップできるかが大きな鍵だなぁと見ています。

      RAKUTEN MINIは出荷が遅れているという情報は見ていますが、なかなか厳しい状況ですね。
      かなり攻めてきている姿勢は感じますが、まだ数回のバージョンアップが必要といったところですね。
      SIMを使いはじめると、パートナー回線エリアでも快適ですし、早く到着するといいですね!

      今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました