【日本発売期待】「Vivo X20」、「Vivo X20 Plus」情報!6インチオーバーの縦長ディスプレイ

中国のVivoは、2017年9月22日に、アスペクト比18:9の縦長ディスプレイを搭載した新型スマートフォン「Vivo X20」、「Vivo X20 Plus」を発表しました。

「Vivo X20」の主な特長

Vivo X20

「Vivo X20」は6.01インチの縦長なAMOLEDディスプレイ(2160×1080)を搭載。ベゼル幅を抑えたデザインが目を引きます。

Snapdragon 660

SoCには「Snapdragon 660」を搭載。CPUはオクタコア(2.2GHz×4+1.9GHz×4)です。性能が大幅に強化された最新のミドルレンジ向けSoCです。日本でも発売されている「ZenFone 4(ZE554KL)」も同じSoCを搭載しています。ハイエンドクラスに近いパフォーマンスということで評判になっています。

RAMは4GB、内部ストレージ容量は64GB/128GBです。

デュアルカメラ

Vivo X20 デュアルカメラ

「Vivo X20」の背面には1200万画素+500万画素のデュアルカメラ。フロントには1200万画素カメラを搭載しています。

バッテリー容量は3245mAhで、厚さ7.2mmの薄型ボディとなっています。

ボディカラーは「ゴールド」、「ローズゴールド」、「ブラック」の3色展開です。

販売価格

現地における、「Vivo X20」の販売価格は64GB ROMモデルが2998元(約5.1万円)、128GB ROMモデルが3498元(約5.9万円)です。

「Vivo X20」のスペックレビュー

「Vivo X20」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.1.1
  • ディスプレイ:6.01 インチ(2160×1080)
  • SoC:Snapdragon 660
  • CPU:Octa Core 2.2GHz×4+1.9GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:12MP+5MP FRONT:12MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:micro
  • バッテリー:3245mAh
  • サイズ/重量:155.85(H)×75.15(W)×7.2(D) mm 159g

Source

vivo X20- vivo智能手机官方网站

「Vivo X20 Plus」

Vivo X20 Plus

「Vivo X20 Plus」は「Vivo X20」と同じコンセプトで、より大型なディスプレイを搭載したモデルになっています。

「Vivo X20 Plus」のディスプレイは6.43インチのAMOLEDディスプレイを搭載。ファブレットサイズのモデルとなっています。SoCは「Snapdragon 660」で、メモリ仕様は「4GB RAM+64GB ROM」です。

メインカメラはデュアルカメラです。バッテリーの容量は3905mAhで「Vivo X20」よりも増加。ボディカラーは「ゴールド」、「ローズゴールド」、「ブラック」です。

販売価格

現地における、「Vivo X20 Plus」の販売価格は3498元(約5.9万円)です。

「Vivo X20 Plus」のスペックレビュー

「Vivo X20 Plus」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.1.1
  • ディスプレイ:6.43 インチ(2160×1080)
  • SoC:Snapdragon 660
  • CPU:Octa Core 2.2GHz×4+1.9GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP+5MP FRONT:12MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:micro
  • バッテリー:3905mAh
  • サイズ/重量:165.32(H)×80.09(W)×7.45(D) mm 181.5g

Source

vivo X20Plus- vivo智能手机官方网站

スポンサーリンク
SIMフリー ViVo
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました