【日本発売期待】フロントにデュアルカメラ搭載!「Vivo X9s」「Vivo X9s Plus」情報

中国メーカーのVivoは、2017年7月6日にフロントにデュアルレンズカメラを搭載した「Vivo X9s」シリーズを発表しました。

Vivo X9s

「Vivo X9s」シリーズでは、5.5インチ「Vivo X9s」と5.85インチ「Vivo X9s Plus」の2つのモデルがラインナップされています。

2つのモデルの特長をそれぞれについてまとめておきます。

「Vivo X9s」

Vivo X9s SIMフリー

「Vivo X9s」は5.5インチフルHDディスプレイを搭載。

SoCには「Snapdragon 652」を採用。メモリ仕様は「4GB RAM+64GB ROM」です。

日本で発売済みのSIMフリースマホの中では、「ZenFone 3 Ultra」が同じ「Snapdragon 652」を採用しています。

「やすスマ」が所有している「ZenFone 3 Ultra」を使ってベンチマーク「Antutu」を行ったところ、800000オーバーのスコアでした。ミドルクラスでは比較的高い性能になっていることが予想されます。

【実機レビュー】「ASUS ZenFone 3 Ultra 」はズルトラ後継にぴったり!!
「 ZenFone 3 Ultra 」実機レビュー このページは「 ZenFone 3 Ult...

フロントに2000万画素+500万画素デュアルカメラを搭載しているのが大きな特長です。リアには1600万画素カメラを搭載しています。

Vivo X9s フロント デュアルレンズカメラ

メタル素材を採用したボディの厚さが6.99mmと薄型になっているのも魅力です。

カラーバリエーションはゴールド、ローズゴールド、ブラックの3色展開。

「Vivo X9s」の現地における販売価格は2698元(約45000円)です。

「Vivo X9s」スペックレビュー

「Vivo X9s」の主なスペックは以下の通りです。

OSAndroid 7.1
ディスプレイ5.5 インチ(1920 x 1080)
SoCSnapdragon 652
CPUOcta-Core 1.8GHz×4+1.2GHz×4
ROM64GB
RAM4GB
カメラREAR:20MP+5MP FRONT:16MP
指紋センサー
USBmicro
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー3320mAh
サイズ152.6×74.2×6.99 mm
重量155.3g

「Vivo X9s Plus」

Vivo X9s Plus

「Vivo X9s Plus」は5.85インチフルHDディスプレイを搭載。

「Vivo X9s」と同じく、フロントに2000万画素+500万画素デュアルカメラを搭載しています。

SoCには「Snapdragon 653」を採用。メモリ仕様は「4GB RAM+64GB ROM」です。

6インチ弱という比較的大型のディスプレイを搭載しているということで、バッテリー容量が4015mAhと大容量なものが採用されています。

カラーバリエーションはゴールド、ローズゴールド、ブラックの3色展開。

「Vivo X9s Plus」の現地における販売価格は2998元(約50000円)です。

「Vivo X9s Plus」スペックレビュー

「Vivo X9s Plus」の主なスペックは以下の通りです。

OSAndroid 7.1
ディスプレイ5.85 インチ(1920 x 1080)
SoCSnapdragon 653
CPUOcta-Core 1.95GHz×4+1.44GHz×4
ROM64GB
RAM4GB
カメラREAR:20MP+5MP FRONT:16MP
指紋センサー
USBmicro
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー4015mAh
サイズ162.59×78.84×7.25 mm
重量183.2g

Source

「Vivo X9s」製品ページ | Vivo

スポンサーリンク
SIMフリー ViVo
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました