手軽にコスパ良好コンボ?「FUJI Wifi」SIMを「HUAWEI Mobile WiFi E5785」に挿して検証

この記事には、「FUJI Wifi」SIMをSIMフリーモバイルルーター「HUAWEI Mobile WiFi E5785」に挿して検証した内容を紹介しておきます。

やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。

なお、「HUAWEI Mobile WiFi E5785」の市場想定価格は9,980 円(税込10,978円。SIMフリーのモバイルルーターとしては手頃な価格です。

現在の「FUJI Wifi」は、2020年7月からは新サービスの提供を開始。例えばSIMプランの20GBプランであれば月額1,600円(税別)~で提供しています。

最大100GBという大容量プランも提供しているので、モバイルルーターとの相性もなかなかいいサービスとなっていますよ。

今回は「HUAWEI Mobile WiFi E5785」と「FUJI Wifi」というコスパ良好な組み合わせを試した内容を紹介しますね!

目次

「FUJI Wifi」SIMを「HUAWEI Mobile WiFi E5785」に挿して検証

「FUJI Wifi」SIMを「HUAWEI Mobile WiFi E5785」に挿して検証

今回やることは、「FUJI Wifi」SIMを「HUAWEI Mobile WiFi E5785」に挿すとどうなるのかということだけ。よって、必要なことを確認しながら、さくさくと進めていきますね!

「FUJI Wifi」のソフトバンク回線サービスで検証

筆者は「FUJI Wifi」の20GBプラン(ソフトバンク回線)を契約しています。

なお、「FUJI Wifi」ではNTTドコモ/au回線のプランも提供。NTTドコモ/au回線の場合は設定方法は異なる可能性があります。

なお、「FUJI Wifi」に問い合わせると、ソフトバンク回線はMNO方式NTTドコモ/au回線はMVNO方式での提供という違いがあるそうです。

どの通信会社の回線サービスを選ぶかによって状況が異なる可能性があるので理解しておいてくださいね。

SIMフリーのモバイルルーター「HUAWEI Mobile WiFi E5785」の対応バンド

「HUAWEI Mobile WiFi E5785」の対応バンド

「HUAWEI Mobile WiFi E5785」の対応バンドは以下のとおりです。

LTE FDD: B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B28/B32
LTE TDD: B38/B41/B42
UMTS:B1/B2/B5/B8
GSM:B2/B3/B5/B8

NTTドコモ/au/SoftBank/楽天モバイルの必須バンドにしっかり対応しています。

「HUAWEI Mobile WiFi E5785」は、SIMフリーのモバイルルーターということで、対応バンドが非常に充実していますね。

なお、「HUAWEI Mobile WiFi E5785」の機能について詳しく知りたい場合は「「HUAWEI Mobile WiFi E5785」レビュー」の記事をご覧ください。

変換アダプタを使って「FUJI Wifi」SIMのサイズを調整

変換アダプタを使って「FUJI Wifi」SIMのサイズを調整

まず、大切なポイントは「HUAWEI Mobile WiFi E5785」の対応SIMサイズです。「HUAWEI Mobile WiFi E5785」の対応SIMサイズmicroSIMとなっています。

「FUJI Wifi」SIMはnanoSIMということで、そのままでは「HUAWEI Mobile WiFi E5785」に挿すことができませんね。

SIMサイズを変換するアダプターとSIMピン

でも大丈夫です。「FUJI Wifi」は、SIMサイズを変換するアダプターとSIMピンも送ってくれていて、SIMサイズを調整することができます。

変換アダプタを使ってmicroSIMサイズに

「FUJI Wifi」の変換アダプタを使うとなくすと心配です。ということで、そこらへんにころがっていた変換アダプタを使って以下のようにサイズ調整を行っています。

そこらへんにころがっていた変換アダプタを使って以下のようにサイズ調整

これを「HUAWEI Mobile WiFi E5785」のSIMスロットに挿せば準備完了です。

「HUAWEI Mobile WiFi E5785」のSIMスロットに挿せば

さっそく「HUAWEI Mobile WiFi E5785」を起動して、ぼーっと待ってみます。

APN情報は自動で設定されました

ホントにぼーっと待っていると、ディスプレイに「SoftBank」の文字が!!!

「HUAWEI Mobile WiFi E5785」には多数のAPN情報があらかじめセットされています。ということで、今回使った「FUJI Wifi」SIMに合ったAPN情報を「HUAWEI Mobile WiFi E5785」が自動で設定してくれました。

スマホやタブレットの接続にはQRコードが便利

あとは「HUAWEI Mobile WiFi E5785」とスマホなどの使用デバイスと接続すればいいですよね。

スマホやタブレットの場合は、「HUAWEI Mobile WiFi E5785」で表示したQRコードを読み込むことでカンタンに接続完了です。非常に手軽な方法なんでオススメです。

Xiaomi Redmi Note9S 4+64GB グレイシャーホワイト 【日本正規代理店品】 REDMINOTE9S/WH/64GB
シャオミ(Xiaomi)

さすがソフトバンク本家回線というインターネット速度

筆者の場合は「HUAWEI Mate 20 Pro」で接続。「fast.com」で平日15時台にインターネット速度を計測したところ、以下のような結果でした。

まぁ、爆速まではいきませんが、高画質での動画視聴も含めて、多くの用途で十分なインターネット速度が出ていますね。

「FUJI Wifi」のソフトバンク回線サービスは本家回線を使っています。昼間などの混雑時でもけっこう快適に使えるところがMVNOサービスの格安SIMとの明確な差です。

まとめ:「FUJI Wifi」SIMを「HUAWEI Mobile WiFi E5785」に挿して検証

以上、「FUJI Wifi」SIMを「HUAWEI Mobile WiFi E5785」に挿して検証してみました。

「FUJI Wifi」のソフトバンク回線サービスは本家回線であることもあって、非常にスムーズに接続できる結果となりました。

「FUJI Wifi」のNTTドコモ/au回線サービスは設定方法が異なる可能性も

一方、「FUJI Wifi」のNTTドコモ/au回線サービスについては試してみないと分からないのが実際のところです。

手動で設定しなければならない可能性もあります。まぁ、手動で設定する場合でもパソコンやスマホなどを使ってさくっと設定できます。

「FUJI Wifi」ではソフトバンク回線サービスがオススメ

現状では回線品質を含めて考えると「FUJI Wifi」ではソフトバンク回線サービスがいいチョイスだと感じています。

「FUJI Wifi」は、2020年7月より新サービスの提供を開始。新たに「デポコミコース」導入による割引制度を新設しています。

コスパに優れた「FUJI Wifi」のサービスを、手頃価格のルーター「HUAWEI Mobile WiFi E5785」を使ってみることを検討してみてはいかがでしょうか。

「HUAWEI Mobile WiFi E5785」で楽天モバイル「UN-LIMIT」SIMを検証

「HUAWEI Mobile WiFi E5785」で楽天モバイル「UN-LIMIT」SIMが使えるかの検証も行っています。

楽天モバイル「UN-LIMIT」SIMも挿すだけでデータ通信可能という結果になっています。詳しくは「「HUAWEI Mobile WiFi E5785」で楽天モバイル「UN-LIMIT」使える?」をご覧ください。

「UN-LIMIT VI」の3ヶ月無料キャンペーンをチェック /

「HUAWEI Mobile WiFi E5785」レビュー

「HUAWEI Mobile WiFi E5785」のレビュー記事も公開しています。

手頃な価格のSIMフリーモバイルルーターとしての使い勝手を具体的に紹介しています。興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

以上、参考になれば幸いです!

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

HUAWEI Mobile WiFi E5785 – HUAWEI

※今ならRakuten UN-LIMITが1年無料

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる