高性能ゲーミング「Black Shark 2」がSIMフリースマホとして日本発売決定 価格は9万9800円

Xiaomiの高性能ゲーミングスマホ「Black Shark 2」が日本で発売決定

「Black Shark 2」が日本発売

TAKUMI JAPANは、Xiaomiが出資するBlack Shark社のゲーミングスマートフォン「Black Shark 2」を日本でSIMフリースマホとして発売すると発表しました。

TAKUMI JAPANは、以前「FREETEL」ブランドを率いていた増田薫氏が新たに立ち上げた会社です。

別記事にまとめているように、「Black Shark 2」は、中国において2019年3月に発表されています。

TAKUMI JAPANからリリースされる日本向け「Black Shark 2」は、技適の認証など、日本市場向けに調整されたものになっています。

2019年4月16日より予約受付開始で、2019年5月中旬以降より出荷開始が予定されています。

参考日本モデルSIMフリースマホ発売情報 – やすスマ

日本モデル「Black Shark 2」の特徴とスペックを紹介しておきます。

日本モデル「Black Shark 2」の特徴とスペック

今回発売される日本モデル「Black Shark 2」は、12GB RAM+256GB ROMモデルです。

筆者の愛用しているノートPCのメモリ容量の3倍ですね(汗)

海外ではメモリ仕様の異なる複数モデルがラインナップされていますが、日本では気合いの入った最上位モデルがリリースとなります。

ハイスペック

SoCは「Snapdragon 855」を搭載。高いパフォーマンスが評判のクアルコム製の最新ハイスペックモデルSoCです。基本スペックはAndroidスマートフォンでは最高レベルのパフォーマンスが期待できます。

参考AnTuTu ベンチマークランキング – やすスマ

高い基本スペックだけでなく、ゲームを快適にプレイするための機能を搭載しています。

ゲームプレイを快適にするための機能を搭載

タッチパネルは240Hzの反応レートになっているなど、タッチパネル周りで高い性能を誇ります。

また、iPhoneの「3D Touch」のように感圧式の操作が可能となる「Magic Press」機能を搭載しています。

「Black Shark 2」の多層液体冷却システム

ゲームプレイ時の安定動作を実現するために多層液体冷却システムを採用しています。本体の発熱をコントロールして、動作の安定化が図られています。

ゲームを長時間プレイしていると気になるのがバッテリー残量です。「Black Shark 2」は4000mAhという大容量のバッテリーを搭載。

USBポートはType-C。急速充電「Quick Charge 4.0」をサポートしています。

有機ELディスプレイ

ディスプレイは6.39インチの有機ELを搭載。解像度はフルHD+(2340×1080)。

背面には4800万画素+1200万画素のデュアルカメラを搭載しています。

ボディカラーはシャドーブラック、グローリーブルー、フローズンシルバーの3色展開です。

日本モデル「Black Shark 2」の価格

日本モデル「Black Shark 2」はヨドバシカメラ、ビックカメラ、amazon.co.jp、自社公式販売サイトなどで取扱されています。

日本モデル「Black Shark 2」の価格は9万9800円(税抜)です。

同じメモリ仕様の中国モデル「Black Shark 2」の価格は4199元(約7.0万円)。日本仕様に調整したこともあり、価格水準は上がっています。

先着3,000名様の先行予約販売者に対して、コントローラー+ボディケース(15,000円相当)をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

「Black Shark 2」のスペック

日本モデル「Black Shark 2」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9.0 Pie (BlackShark OS)
  • ディスプレイ:6.39 インチ(2340×1080)
  • SoC:Snapdragon 855
  • CPU:Octa Core 2.84GHz×1+2.42GHz×3+1.8GHz×4
  • RAM:12GB
  • ROM:256GB
  • カメラ:REAR:48MP+12MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:75.01(W)×163.61(H)×8.77(D) mm / 205 g

Source

Black Shark 2 – KAZUNA

SIMフリーXiaomi
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました