これはベタ惚れ!Xiaomi「Mi 10 Ultra」は120W充電対応のハイスペックスマホ【日本発売期待】

この記事には、Xiaomiのフラグシップスマートフォン「Mi 10 Ultra」情報をまとめています。

やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。Xiaomiからとんでもない魅力を感じるスマホがまたも発表です!

「Mi 10 Ultra」の主な注目ポイントは以下のとおりです。

  • DXO歴代トップの高性能カメラ
  • 120W有線+50W無線充電対応
  • 66万オーバーのAnTuTuスコア

さっそく、「Mi 10 Ultra」の特徴とスペックを紹介しておきます。

目次

Xiaomi「Mi 10 Ultra」はDXO歴代トップの高性能カメラ搭載スマホ

Xiaomi「Mi 10 Ultra」はDXO歴代トップの高性能カメラ搭載スマホ

Xiaomiは、2020年8月にハイスペックスマートフォン「Mi 10 Ultra」を中国で発表しています。「Mi 10 Ultra」は2020年8月16日に発売となります。

Mi 10シリーズのフラグシップモデルといえば、「Mi 10 Pro」でしたが、この「Mi 10 Ultra」は従来モデルを大きく上回るぐらいに惚れちゃいそうなパッケージになっています。

他のフラグシップスマホも知りたい方は「【2020年版】フラグシップスマホまとめ」を先にご覧くださいね。

「Mi 10 Ultra」の魅力ポイントを紹介していきます!

「Mi 10 Ultra」はDXO歴代トップの高性能カメラを搭載

「Mi 10 Ultra」のカメラはDXO歴代トップ

「Mi 10 Ultra」の大注目ポイントはなんといってもそのカメラ性能です。

「Mi 10 Ultra」のクアッドカメラ

「Mi 10 Ultra」の背面には4800万画素(メイン OIS)+4800万画素(5倍望遠 120mm OIS)+1200万画素(2倍望遠 50mm)+2000万画素(12mm超広角)のクアッドカメラを搭載。

総合スコア「130」をマーク

「HUAWEI P40 Pro」を上回るスマホ歴代トップのDXOMARKスコア

「Mi 10 Ultra」はDXOMARKのカメラテストにおいて、総合スコア「130」をマーク。「Mi 10 Ultra」は「HUAWEI P40 Pro」を2ポイント上回ってスマホ歴代トップに立っています。

そのカメラ性能は、各テスト項目で高い評価を受けています。実際撮影されたサンプル写真の高いクオリティはただただ驚きです。

1/1.32インチの大型センサーと120倍デジタルズームがすごい

「Mi 10 Ultra」のメインカメラには1/1.32インチの大型センサーを搭載。低照度の撮影でも威力を発揮します。

「Mi 10 Ultra」は望遠性能にもかなり力を入れていて、最大120倍のデジタルズームに対応。「HUAWEI P40 Pro+」、「Galaxy S20 Ultra」の最大100倍デジタルズームを上回ってきています。

スペック値だけでなく、実際にどこまで実用的に望遠撮影できるかが大きなポイントとなってくるところですね。

「Mi 10 Ultra」はDXOMARKカメラテストのZOOMの項目でもスマホ歴代最高のスコアをマーク。望遠性能にも大いに期待が持てそうです。

一般的な環境における実際の撮影写真が出るまでは断定はできませんが、少なくとも「Mi 10 Ultra」のカメラ性能には大きな期待が持てます

「Mi 10 Ultra」は120Hzの有機ELエッジカーブディスプレイを搭載

6.67インチのAMOLED(有機EL)ディスプレイ

「Mi 10 Ultra」は6.67インチのAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。

120Hzリフレッシュレート240Hzサンプリングレートに対応し、ゲーミングスマホに迫るような滑らかな表示と高い応答性をもった高速ディスプレイです。

ディスプレイに開いたホールに2000万画素のセルフィーカメラを搭載。ディスプレイサイドにかけてゆるやかにカーブしたエッジカーブディスプレイデザインです。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥38,963 (2021/01/17 17:40:12時点 Amazon調べ-詳細)

「Mi 10 Ultra」は66万オーバーのAnTuTuスコアをマーク

66万オーバーのAnTuTuスコア

「Mi 10 Ultra」のSoCは「Snapdragon 865」を搭載。「Snapdragon 865 Plus」ではありませんが、AnTuTuのベンチマークスコアは66万オーバーを記録しているとのことです。

「Snapdragon 865」シリーズのSoC搭載スマホとしては非常に高いスコアを叩き出しています。

「Mi 10 Ultra」のメモリ仕様は、RAM容量が8GB/12GB/16GB内部ストレージ容量が128GB/256GB/512GBです。

LPDDR5 RAMとUFS3.1 ROMの組み合わせで、よりパフォーマンスを引き出す構成になっています。

「Mi 10 Ultra」は驚きの120W有線充電対応

驚きの120W有線充電対応

「Mi 10 Ultra」の充電性能はめちゃくちゃ強力です。

「Mi 10 Ultra」のバッテリー容量は4500mAh(2250mAh×2)

最大50Wの無線充電

「Mi 10 Ultra」はなんと最大120Wの有線充電、さらには最大50Wの無線充電にも対応しています。

有線充電であれば、たった23分で4500mAhバッテリーをフル充電できちゃうということです。これまでにはなかったような驚きの急速充電です。

VIVO、OPPOからも100Wオーバーの急速充電対応スマホが登場しそう

VIVOやOPPOからも同等レベルの有線急速充電のスマートフォンが発売されてきそうです。2020年8月17日には、VIVOから、120W有線急速充電対応の「iQOO 5」シリーズの発表が予定されています。

100Wオーバーの有線充電に対応したハイスペックスマートフォンが続々と登場してきそうですね!

有線・無線充電ともに現状で最高峰の充電性能を持ち、その使い勝手にも大きな期待が持てます。

ボディ重量は221.8g

一方で、これだけのハイレベルなパッケージということもあって、ボディ重量は221.8gです。一般的なスマホでは、かなりの重量感があります。

ただ、この「Mi 10 Ultra」にはその重さを跳ね返すぐらいのインパクトあるよ!と判断する方も多いでしょうね!

セラミックブラック、ブライトシルバーのカラーに加えて、透明バージョンも用意されています。

\ 「Mi 10 Ultra」を販売 /

「Mi 10 Ultra」の価格:性能から考えると納得の価格

「Mi 10 Ultra」の価格は以下の通りです。

  • 8GB+128GBモデル 5299元(約8.1万円)
  • 8GB+256GBモデル 5599元(約8.6万円)
  • 12GB+256GBモデル 5999元(約9.2万円)
  • 16GB+512GBモデル 6999元(約10.7万円)

これだけハイレベルな「Mi 10 Ultra」のパッケージを見ちゃうと、意外と高くない!って思うのが不思議なところです。

「Mi 10 Ultra」のスペック:最高峰のパフォーマンスが期待できるスペック

「Mi 10 Ultra」のスペックは以下のとおりです。

・OS:Android 10 (MIUI 12)
・ディスプレイ:6.67 インチ(2340×1080)
・SoC:Snapdragon 865
・RAM:8GB/12GB/16GB
・ROM:128GB/256GB/512GB
・カメラ:REAR:48MP+48MP+12MP+20MP FRONT:20MP
・Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
・指紋センサー:○
・USB:Type-C
・バッテリー:4500mAh
・サイズ/重量:75.04(W)×162.38(H)×9.45(D) mm / 221.8g

「Mi 10 Ultra」の対応バンド

「Mi 10 Ultra」の対応バンドは以下のとおりです。

5G :n1 / n3 / n41 / n78 / n79
4G:FDD-LTE :B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17
   TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41
3G:WCDMA:B1 / B2 / B4/ B5 / B8
   EVDO:BC0
2G:GSM:B2 / B3 / B5 / B8
   CDMA:BC0

「Mi 10 Ultra」は中国発売モデルということで、グローバルに展開するモデルと比較すると対応バンドが充実しているというわけではないですね。

まとめ:Xiaomi「Mi 10 Ultra」はDXOトップの高性能カメラ搭載スマホ

DXOトップの高性能カメラ搭載スマホ

以上、Xiaomiのハイスペックスマートフォン「Mi 10 Ultra」の特徴とスペックを紹介しておきました。

いやー、まさにとんでもないスペックを持ったスマホが登場してきました。

高性能カメラと120W急速充電が大きな魅力の「Mi 10 Ultra」

Mi 10 Pro」からカメラ構成を大きく変更し、「Mi 10 Ultra」はXioamiスマホにはめずらしいぐらいにカメラ性能アピールのハイスペックスマホという印象を受けますね!

また、有線での最大120Wの急速充電にも大きな期待がかかりますね。ここまでくると従来モデルとはまったく別次元の使い心地が期待できそうです。

Xiaomi「Redmi K30 Ultra」は120Hz有機EL搭載のハイスペックスマホ」に紹介している、同時発表の「Redmi K30 Ultra」も驚きのパッケージですが、この「Mi 10 Ultra」の技術力を象徴するスマートフォンといったパッケージになっていまね!

あとはグローバル市場での展開が気になるところですが、現時点ではまだ何も判明していません。

当然ながら、日本での発売についてもアナウンスされていません。

ただ、「Mi 10 Ultra」の今後の展開から目が離せませんね!

\ 「Mi 10 Ultra」を販売 /

大注目のXiaomiの新フラグシップスマホ「Mi 11」が2020年12月に発表

大注目のXiaomiの新フラグシップスマホ「Mi 11」が2020年12月に発表

Xiaomiは2020年12月に新フラグシップスマホ「Mi 11」を中国で発表しています。

「Mi 11」は、新型ハイエンド向けSoC「Snapdragon 888」、6.81インチの2K AMOLEDディスプレイを搭載するなど、かなりハイスペックなパッケージになっています。

それでいて「Mi 11」の価格は3999元~と手頃です。2021年上半期の大注目スマホとなってきそうです。

Xiaomi「Mi 11」について詳しく知りたい方は「Xiaomi「Mi 11」の特徴・スペック・価格情報」の記事をどうぞ。

参考になれば幸いです!

「Mi 10 Ultra」アンケート

「Mi 10 Ultra」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

「Mi 10 Ultra」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

Xiaomi Mi 10 Ultra – Xiaomi
Xiaomi Mi 10 Ultra Camera review – DXOMARK
[affi id=8]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる