【日本発売期待】Xiaomi フラグシップモデル「 Mi 5s 」発表 約3万円~ SIMフリー Snapdragon 821 16/9/29

中国メーカーXiaomiは、2016年9月27日に新型フラグシップモデル「 Mi 5s 」を発表しました。

前作「 Mi 5 」は2016年3月よりグローバル市場に投入され、フラグシップモデルとしては抑えた価格設定と、そのパフォーマンスの高さで人気モデルとなりました。

今回発表された「 Mi 5s 」では、モデルラインナップが拡大し、従来モデルと同じ5.15インチディプレイ「 Mi 5s 」に加えて、新たに大画面5.7インチディプレイ搭載した「 Mi 5s Plus 」がラインナップされました。

このページでは、5.15インチディプレイを搭載した「 Mi 5s 」についてまとめておきます。

なお、「 Mi 5s 」シリーズのもう1つのモデル「 Mi 5s Plus 」については別記事でまとめていますので、よろしければ御覧ください。

Xiaomi 「 Mi 5s 」情報まとめ

Mi 5s

Snapdragon 821

「 Mi 5s 」のSoCは、今年度後半のフラグシップモデルで多く採用が予想される「Snapdragon 821」となりました。「Snapdragon 820」と比較すると、動作クロックの向上などにより、パフォーマンスが約10%向上していると言われています。

4GB RAM

「 Mi 5s 」には、メモリと内部ストレージ容量の2つの組み合わせがあり、3GB RAM+64GB ROMモデルと4GB RAM+128GB ROMモデルから選ぶことが出来ます。

5.15インチフルHDディスプレイ

「 Mi 5s 」のディスプレイサイズは、前作「 Mi 5 」と同様の5.15インチとなっています。解像度については1920 x 1080とスタンダードなものとなっています。

「 Mi 5 」のデザインを踏襲

「 Mi 5s 」のデザインについては、前作「 Mi 5 」を踏襲したものとなっていますが、筐体はフルメタルボディとなっており、高級感あるデザインとなっています。

超音波方式の指紋センサー

Mi 5s

「 Mi 5s 」は、珍しい超音波方式の指紋センサーを採用しています。ディスプレイのガラスパネル下に指紋センサーがあり、ホームボタン付近に指を置くと、指紋を読み取ります。超音波方式の指紋センサーによって、従来の指紋センサーよりも高い精度で認識するようになっています。

強化されたカメラ性能

「 Mi 5s 」のカメラ性能は強化されており、1/2.3インチのソニー製のセンサー「IMX378」を採用しています。

4色カラー展開

「 Mi 5s 」のカラー展開は、シルバー、グレー、ゴールド、ローズゴールドの4色となっています。

発売日・販売予定価格

「 Mi 5s 」は、2016年9月29日より中国で予約受付開始となり、10月に発売が予定されています。注目の価格は、メモリと内部ストレージ容量の組み合わせによって異なり、3GB RAM+64GB ROMモデルが1999元(およそ30100円)、4GB RAM+128GB ROMモデルが2299元(およそ34600円)となっています。

前作「 Mi 5 」同様に、フラグシップモデルに匹敵するほどのハイスペックモデルにも関わらず、非常に抑えた価格設定になっています。

なお、「 Mi 5s 」は今回中国で発表されましたが、現時点で「 Mi 5s 」の日本発売に関してのアナウンスは残念ながらありません。

「 Mi 5s 」のスペックレビュー

前作同様に高いパフォーマンスにも関わらず、破格な価格設定となっている「 Mi 5s 」のスペックをまとめておきます。

OSAndroid 6.0
ディスプレイ5.15 インチ(1920×1080)
SoCSnapdragon 821
CPUQuad-Core(2.15GHz×2+1.6GHz×2)
ROM64 / 128 GB
RAM3 / 4 GB
カメラREAR:12MP(f/2.0) FRONT:4MP(f/2.0)
指紋センサー
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
Network Band FDD-LTE : 1/3/7
TD-LTE : 38/39/40/41
WCDMA : 1/2/5/89
USBType-C
バッテリー3200mAh
サイズ/重量70.3(W)×145.6(D)×8.3(H) mm / 145g

Source

[Xiaomi] Ultra Thin Mi TV 3s, Mi 5s and Mi 5s Plus With Breakthroughs Revealed !|MIUI

小米手机5s 製品ページ|Xiaomi

※詳細については各社のHPで必ず確認ください

スポンサーリンク
SIMフリーXiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました