【日本発売期待】Xiaomi「Mi 9」はトリプルカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ 価格が約4.9万円~と格安【クーポン】

Xiaomiのトリプルカメラ搭載の新フラグシップスマートフォン「Mi 9」

Xiaomi「Mi 9」

中国のXiaomiが2019年2月20日に発表したAndroidスマートフォン「Mi 9」情報を紹介します。

「Mi 9」は「Mi 8」の後継にあたるハイスペックなスマートフォンです。

前モデル「Mi 8」のレビューを掲載していますが、「Mi 8」は軽快に動作して使いやすいスマートフォンでした。
【レビュー】Xiaomi「Mi 8」はハイスペックで手頃な価格のフラグシップSIMフリースマホ【クーポン情報】
Xiaomiのフラグシップスマートフォン「Mi 8」をレビュー このページには、Xiaomiのフラグシップスマートフォン「Mi 8」の実機を用いたレビュー記事を紹介しています。 ...

「Mi 9」は、現行のAndroidスマートフォンで最高峰レベルのスペックを持ちながら、価格は2999元(約4.9万円)~と手頃になっています。

スペックが高いだけでなく、手頃な価格で高コスパを実現しているXiaomi「Mi 9」を紹介しておきますね!

Xiaomi「Mi 9」の特長とスペック

「Mi 9」のトリプルカメラ

Xiaomiの新フラグシップモデル「Mi 9」は、背面にXiaomi初のトリプルカメラを搭載しています。

参考【2019年】海外発売のフラグシップスマホまとめ

高性能なトリプルカメラを搭載

背面のトリプルカメラは、ソニー製センサー「IMX586」採用の4800万画素カメラ、超広角の1600万画素カメラ、2倍光学ズームの1200万画素カメラという構成になっています。

スマートフォンのカメラ画質の評価サイト「DxOMark Mobile」でのXiaomi「Mi 9」のトータルスコアは107(写真112ビデオ99)をマークしています。

ファーウェイの「Mate 20 Pro」、「P20 Pro」に次いで、スマートフォンでは歴代3位のハイスコアになっています。

Snapdragon 855

パフォーマンスを大きく左右するSoCは、クアルコムのハイスペック向け最新SoC「Snapdragon 855」を採用。

前世代「Snapdragon 845」と比較するとシングルコアパフォーマンスは45%向上など大幅な性能向上がうたわれています。

気になる「Mi 9」の「AnTuTu Ver 7」の総合スコアは37万強ほどが見込まれます。予想通り、「Snapdragon 855」搭載スマートフォンがスコア上位ランキングを独占しそうです。

有機ELディスプレイ

ディスプレイはサムスン製6.39インチAMOLED(有機EL)ディスプレイを採用。しずく(水滴)型のノッチを採用したフルスクリーンデザインになっていて、画面占有率は90.7%を達成しています。

ディスプレイは「Gorilla Glass 6」で保護されています。

ディスプレイ内の指紋認証センサー

今回の「Mi 9」ではすべてのバージョンがディスプレイ内指紋認証センサーが搭載されています。

「Mi 8」では一部のバージョンのみがディスプレイ内指紋認証センサーを搭載していました。このあたりも確実にベースアップしています。

20Wワイヤレス充電

バッテリー容量は3300mAh。27Wの有線での急速充電に加えて、20Wのワイヤレス充電にも対応しています。

iPhoneやファーウェイのスマートフォンなどと比較しても高出力なワイヤレス充電に対応しています。ワイヤレス充電は時間がかかるという印象を覆すものになっています。

Xiaomi「Mi 9」の対応バンド

Xiaomi「Mi 9」の中国モデルの対応バンドは以下のとおりです。

4G:LTE FDD:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17
LTE TDD:B34/B38/B39/B40/B41
注:LTE B41(2535–2655 120MHz)
3G:WCDMA:B1/B2/B4/B5/B8
TDSCDMA:B34/B39
CDMA EVDO:BC0
2G:GSM:B2/B3/B5/B8
CDMA 1X:BC0
LTE B41(2535–2655 120MHz)

Xiaomi「Mi 9」の対応バンドは中国モデルのスマートフォンとしては充実したものになっています。

グローバルモデルも近い内に発表されることが濃厚です。

Xiaomi「Mi 9」グロバールモデルの対応バンドも気になるところです。

Xiaomi「Mi 9」の価格

Xiaomi「Mi 9」の中国での価格は、6GB RAM+128GB ROMモデルが2999元(約4.9万円)、8GB RAM+128GB ROMモデルが3299元(約5.4万円)、背面が透明になっている12GB RAM+256GB ROMモデルが3999元(約6.6万円)です。

スペックから考えると抜群にコスパ高いですね!

Xiaomi「Mi 9」の発売日

中国でのXiaomi「Mi 9」は2019年2月26日より順次発売となります。また、グローバル版の発表も近いうちに行われて、グローバル市場にも順次発売されることが見込まれています。

現時点では残念ながら日本での発売のアナウンスはありません。

Mi 9が中国モデルと同等のコスパで日本で発売されれば、日本のスマートフォン市場は大きく変化すると思うのですが、、、。

Xiaomi「Mi 9」のスペック

Xiaomiの「Mi 9」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 (MIUI 10)
  • ディスプレイ:6.39 インチ(2340×1080)
  • SoC:Snapdragon 855
  • CPU:Octa Core 2.84GHz×1+2.42GHz×3+1.8GHz×4
  • RAM:6GB/8GB/12GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:48MP+16MP+12MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3300mAh
  • サイズ/重量:74.67(W)×157.5(H)×7.61(D) mm / 173 g

「Xiaomi Mi 9」アンケート

「Xiaomi Mi 9」は欲しいですか。

View Results

Loading ... Loading ...

「Mi 9」グローバル版のクーポン情報

banggood.com」では、グローバル版「Mi 9」を対象とするクーポンが発行されています。

クーポンを適用すると、「Mi 9」グローバル版の6GB RAM+64GB ROMモデルが329.99ドル6GB RAM+128GB ROMモデルが349.99ドル~になります。

「Mi 9」 6GB/64GB


Xiaomi Mi 9 Global Version 6GB RAM 64GB ROM – banggood

コード「BGM964C

「Mi 9」 6GB/128GB


Xiaomi Mi 9 Global Version 6GB RAM 128GB ROM – banggood

コード「BGM9128C

日本語表示、Googleサービスを考えると断然おすすめのグローバル版が安くなってきました!

下位モデル「Mi 9 SE」も登場

「Mi 9」の下位モデル「Mi 9 SE」も同時に発表されています。

下位モデルということで価格は「Mi 9」よりもさらに手頃になっていますが、トリプルカメラ、AMOLEDディスプレイを採用するなどミドルスペックモデルとしてはかなり頑張っている仕様になっています。

【日本発売期待】Xiaomi「Mi 9 SE」はトリプルカメラ搭載のスーパーミドルスペックスマホ 価格は約3.3万円~
5.97インチAMOLEDディスプレイ搭載の「Mi 9 SE」が発表されました。背面にはトリプルカメラを搭載。「Snapdragon 712」を採用した世界初のスマートフォンです。価格が約3.3万円~と破格の設定になっています。スペックや特長をまとめています。

Source

Xiaomi「Mi 9」 – Xiaomi

スポンサーリンク
SIMフリーXiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました