Xiaomi「Mi CC9 Pro」はビビるぐらい高性能なカメラ搭載のSIMフリースマホ 手頃な価格も魅力【日本発売期待】

Xiaomiの新型スマートフォン「Mi CC9 Pro」は、驚愕のカメラ性能をもった大注目のモデルとなっています。

なぜなら、「Mi CC9 Pro」の背面には10800万画素カメラを含んだ5つのカメラ(ペンタカメラ)を搭載していて、そのカメラの高性能さは折り紙付きなんです。

この記事では、素晴らしく高性能なカメラを搭載したスマートフォン「Mi CC9 Pro」について紹介しておきます。

記事を読んでいただくと、「Mi CC9 Pro」の特徴とスペックをご理解いただけます。

「Mi CC9 Pro」の特徴とスペック

Xiaomiの「Mi CC9 Pro」

2019年11月5日にXiaomiから発表となった「Mi CC9 Pro」。

「Mi CC9 Pro」の主な特徴なコチラです。

POINT

  • 超高性能なペンタカメラ
  • エッジカーブ形状のAMOLEDディスプレイ
  • 5260mAhの大容量バッテリー
  • けっこう手頃な価格

カメラ性能が素晴らしいことだけでなく、その他の部分も非常にハイレベルなものになっています。

大注目のペンタカメラ

大注目のペンタカメラ

「Mi CC9 Pro」の特徴はなんといっても背面のカメラです。背面にはペンタカメラを採用。とにかくこのカメラがものすごいんです。

5つのカメラの構成は、10800万画素(メイン 1/1.33″ F1.69 OIS)+1200万画素(望遠 2倍ズーム 1/1.26″)+2000万画素(超広角)+500万画素(望遠 ハイブリット10倍ズーム OIS)+200万画素(マクロ)です。

大型なセンサー採用の10800万画素カメラに加えて、望遠側では、10倍ハイブリッドズーム、50倍のデジタルズームに対応しています。

他にも、117°撮影可能な超広角カメラ、最短1.5cmのマクロ撮影ができるマイクロカメラなど、これまでのスマートフォンでは最高レベルのスペックを持っています。

「Mi CC9 Pro」をどのように使うかを想像するだけでワクワクしてくるようなカメラ構成になっています。

DxOで歴代トップのカメラ性能

実際に、スマートフォンのカメラ性能を評価している「DxOMark Mobile」では、「Mi CC9 Pro Premium Edition」のカメラスコアを「121」と評価しています(2019年11月5日現在)。

このスコアは、「HUAWEI Mate 30 Pro」と並んで歴代トップタイです。

Xiaomi Mi CC9 Pro Premium Edition camera review - DXOMARK
The Xiaomi Mi CC9 Pro Premium Edition is Xiaomi’s newest high-end smartphone, featuring a 6.47-inch FHD+ AMOLED display and a very large 5260mAh battery. In the...

しかも、「Mi CC9 Pro」は2799元(約4.4万円)~というミドルハイクラスの価格帯になっているんです。

カメラ性能だけで本体価格の分の価値がありそうな感じです。

6.47インチのAMOLEDディスプレイ

6.47インチのAMOLEDディスプレイ

「Mi CC9 Pro」は6.47インチのAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。ディスプレイ上部には水滴型ノッチというデザインになっています。

指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載しています。

注目がそのディスプレイの形状です。一部のハイスペックスマートフォンに採用されているような、エッジにかけてカーブする形状のスクリーンになっています。

サイドのベゼルを削ぎ落としたスマートなデザインです。様々なコンテンツへの没入感が期待できます。

基本スペック

SoCは「Snapdragon 730G」を搭載。ゲームプレイも想定されたミドルハイクラスのSoCです。

ハイスペックモデル向けSoCと比較するとさすがにパフォーマンスは一歩譲りますが、AnTuTuベンチ(Ver 7)での総合スコアが22万点ほどとパフォーマンスはけっこう髙いです。

AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のハイスペックスマホは?9月もASUSのスマホがワンツー達成
このページは、スマートフォンのベンチマークを計測する定番アプリ「AnTuTu(アンツツ)」のベン...

RAM容量は6GB/8GB、内部ストレージ容量は128GB/256GBです。このあたりのスペックも充実しています。

大容量バッテリー

大容量バッテリー

「Mi CC9 Pro」のバッテリー周りも注目しておきたい部分です。

バッテリーは5260mAhというかなり大容量なものを搭載しています。これだけの大容量バッテリーであれば、明らかに充電頻度を下げることができるレベルです。

バッテリーを充電する際の性能も優秀です。30Wの高速充電に対応しています。さらには、充電変換効率も高めた結果、30分で58%まで、65分で100%まで充電できるということです。

ただし、ワイヤレス充電には非対応です。

グリーンカラー

ボディカラーはグリーン、ホワイト、ブラックの3色展開です。

3.5mmのイヤホンジャックを搭載していて、ハイレゾ音源の再生にも対応しています。

「Mi CC9 Pro」の対応バンド

メーカーが公表している「Mi CC9 Pro」の対応バンドはコチラです。

4G:FDD-LTE :B1 / B3 / B5 / B7 / B8
TDD-LTE :B34 / B38 / B39 / B40 / B41
注:LTE B41 ( 2555-2675 120 MHz )
3G:WCDMA:B1 / B2 / B5 / B8
TDSCDMA:B34 / B39
CDMA EVDO:BC0
2G:GSM:B2 / B3 / B5 / B8
CDMA 1X:BC0

中国発売モデルの対応バンドということで、それなりの対応状況です。グローバルモデル「Mi Note 10」の対応バンドの状況が気になってくるところです。

【日記】 驚愕の高性能カメラ搭載のXiaomi 「Mi Note 10」の発表予告がきました SIMフリー
Xiaomiの「Mi Note」シリーズが「Mi Note 10」として華麗に復活となります。しかも、「Mi Note 10」は、背面に10800万画素カメラを含む5つのカメラを搭載してきます。近日発表が予定されています。

「Mi CC9 Pro」の価格

これだけの充実した「Mi CC9 Pro」ですから、その価格が気になるところです。

中国での「Mi CC9 Pro」の価格は、6GB RAM+128GB ROMモデルが2799元(約4.4万円)、8GB RAM+128GB ROMモデルが3099元(約4.8万円)、8GB RAM+256GB ROMモデルが3499元(約5.4万円)です。

『なんですか、この素晴らしい価格は!』という感じですね。

「Mi CC9 Pro」のスペック

「Mi CC9 Pro」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9(EMUI 11)
  • ディスプレイ:6.47 インチ(2340×1080)
  • SoC:Snapdragon 730G
  • RAM:6GB/8GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:108MP+12MP+20MP+5MP+2MP FRONT:32MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz & 5GHz)
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5260mAh
  • サイズ/重量:74.2(W)×157.8(H)×9.67(D) mm / 208 g

「Mi CC9 Pro」まとめ

「Mi CC9 Pro」の特徴とスペックをまとめておきましたがいかがだったでしょうか。

Xiaomiは「Mi CC9」シリーズとして「Mi CC9」/「Mi CC9e」をすでに発売しています。今回の「Mi CC9 Pro」はこれまでのCC9シリーズの雰囲気とはまったくレベルが異なる仕上がりです。

【日本発売期待】Xiaomi「Mi CC9」は有機EL搭載のコスパ優秀なミドルスペックスマホ 価格は約2.8万円~
Xiaomiから新たなシリーズ「Mi CC」が登場。コスパに優れた「Mi CC」シリーズの注目モデルが「Mi CC9」です。有機ELディスプレイ、トリプルカメラを搭載するなど充実スペックでありながら、価格は1799元(約2.8万円)~とかなり手頃です。

「Mi CC9 Pro」のカメラスペックを見ているだけで物欲があふれ出るレベルです。

コストパフォーマンスを高めるために一部のスペックは抑えていますが、パッケージとしては非常にハイレベルです。最安モデルは約4.4万円というのはぶっちぎりコスパです。

グローバル市場では「Mi Note 10」として発表されています。

Xiaomi「Mi Note 10」はとんでもない高性能ペンタカメラを搭載したSIMフリースマホ【日本発売期待の充実した対応バンド】
Xiaomiのグローバル市場向けの新型スマートフォン「Mi Note 10」を紹介しています。「Mi Note 10」は高性能なペンタカメラを搭載。大容量バッテリーも搭載していながら、価格は手頃なものになっています。

ハイパーガジェット通信」さんが書かれていますが、早ければ2020年のXiaomiの日本参入も報道されています。今後のXiaomiの動きには一層目を離せないですね。

Xiaomiがついにスマホで日本参入!?2020年は荒れそうだ! | ハイパーガジェット通信
ついに『Xiaomiがスマートフォンで日本市場参入』というニュースが出た。しかもソースは日経新聞。海外企業だから実際にXiaomiのスマホが投入されるまでは噂段階に過ぎないけど、それでも『日経が報じた』という事実はやはりインパクトがある。 元々Xiaomiの日本嫌いは有名な話で、『日本語を学んでいる人間は必要ない、出て...

以上、大注目の「Mi CC9 Pro」についてまとめておきました。

「Mi Note 10」の実機レビューを公開【2019年11月16日更新】

「Mi Note 10」の実機レビューを公開しました。詳しく「Mi Note 10」をチェックしているので、ぜひ合わせて御覧くださいね。

【実機レビュー】「Mi Note 10」はめっちゃスゴなペンタカメラ搭載のSIMフリースマホ【日本発売期待】
「Mi Note 10」は最大10800万画素のペンタカメラを搭載するなど、その高性能ぶりが評判のSIMフリースマホです。非常に高性能でありながら、およそ500ドルという手頃な価格で購入できます。「Mi Note 10」の実機レビューを書いているのでぜひチェックしてみてください。

クーポン適用で「Mi Note 10」が499.99ドル

GEARBESTでは「Mi Note 10」を対象とするクーポンが発行されています。

クーポンを適用すると、「Mi Note 10」の6GB RAM+128GB ROMモデルが489.99ドルとなります。

販売ページ


Mi Note 10 6GB RAM+128GB ROM – GEARBEST

クーポンコード「GBXMNT10」

「Mi Note 10」と同時購入でスマートバンド「Mi Band 4」が9.99ドルで購入できる特別イベントを実施しています。イベントは11月30日まで開催です【2019年11月22日更新】

ぜひ、驚きの高性能ペンタカメラ搭載の「Mi Note 10」が気になる方はチェックしてみてください。

アンケート

驚きの高性能ペンタカメラを搭載した「Mi CC9 Pro」についてアンケートを実施しています。よろしければ投票いただけるとうれしいです。

アンケート

Xiaomi「Mi Note 10 ( Mi CC9 Pro )」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Mi CC9 Pro – Xiaomi

スポンサーリンク
SIMフリー Xiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました