「Mi Note 10」のグローバルモデルでシャッター音を消す方法【カンタン設定】

どうも、やすスマです。今回はグローバル版「Mi Note 10」の設定について紹介します。

筆者がグローバル版「Mi Note 10」で写真撮影してみると、シャッター音があってびっくり。

「Mi Note 10」のスピーカーがそれなりに強力ということもあって、それなりの大きさのシャッター音がします(笑)

グローバルモデルなのにシャッター音を有りなの?消すことはできないの?

ということでお困りの方に、グローバル版「Mi Note 10」のシャッター音を消す手順を紹介しておきます。

追記:日本発売モデルでは同様の操作を行ってもシャッター音を消すことができないという情報を頂いております。【2020年1月13日】

グローバル版「Mi Note 10」のシャッター音を消す方法

「Mi Note 10」のシャッター音を消す方法

結論としては、端末の地域設定を変更するだけでOKです。ただ、システムの地域を変更したことによってアプリ設定が上手く行かないなどの出てくるかもしれません。よって、自己責任での設定となります。

あくまでもシステムの地域設定を変更するだけで、日本語表示はそのままで利用することができます。

設定自体は非常にカンタンで、設定メニューから変更することができます。

地域設定を変更

地域設定を変更

まずは、>設定→「追加設定」をタップします。

追加設定」の中に「地域」

「追加設定」の中に「地域」があります。このページをご覧の方であれば、ここが「日本」となっていることが多いと思います。

例えば「アメリカ合衆国」に変更

「地域」をタップして、例えば「アメリカ合衆国」に変更します。

設定は以上です。

設定変更後に写真を撮っていただくと、シャッター音が消えていますよね!

当たり前のことですが、シャッター音が消えても節度を持って正しく使ってくださいね。

注意事項あり

以上、紹介したのはグローバル版「Mi Note 10」での設定です。日本モデル「Mi Note 10」で再現可能であるかは検証していません

また、今回の紹介した設定方法は、過去の「MIUI」搭載のスマートフォンでも行うことができていたものと同じ方法です。過去には、シャッター音を消せていたのがアップデートで不可能となることも起こっています。

アップデートでの状況の変化に注意しましょう。
▲グローバル版「Mi Note 10」がフラッシュセールで427.59ドル▲

まとめ

以上、グローバル版「Mi Note 10」のシャッター音を消す方法を紹介しました。

静かな場所での撮影など、状況に応じてはシャッター音が気になる環境もあると思います。

この記事が「Mi Note 10」を快適に使うために参考になれば幸いです!

【実機レビュー】Xiaomi「Mi Note 10」はスゴいペンタカメラ搭載のSIMフリースマホ【日本発売決定】
「Mi Note 10」は最大10800万画素のペンタカメラを搭載するなど、その高性能ぶりが評判のSIMフリースマホです。非常に高性能でありながら、およそ500ドルという手頃な価格で購入できます。「Mi Note 10」の実機レビューを書いているのでぜひチェックしてみてください。
【実機レビュー】「OnePlus 7T」でスペックを超えたOnePlusスマホの魅力を堪能【クーポン情報あり】
「OnePlus 7T」がうちに到着したので、レビューしています。初のOnePlusスマホとなりましたが、スペック表からは分からないような「OnePlus 7T」の素晴らしいクオリティに感銘を受けています。「OnePlus 7T」に興味のある方はぜひご一読ください!
【実機レビュー】「ZenFone 6」はとびきりの個性的なフリップカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ
2019年5月に発表されていた「ZenFone 6 ZS630K」を入手。とびきり個性的な仕上がりになっている「ZenFone 6」の実機レビューをまとめています。ASUSの主力モデルということで日本発売も有力視されています。ハイスペックでありながら価格はけっこう手頃でした。
スポンサーリンク
SIMフリー Xiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

  1. 名無し より:

    日本でAmazonで買ったmi note 10で試したところ、地域変更しただけではシャッター音を消せませんでした。

    • やすスマやすスマ より:

      貴重な情報をありがとうございます!
      日本発売モデルではシャッター音が消えないのですね。
      本記事はグローバル版「Mi Note 10」について書いた記事ですが、
      うちのグローバル版「Mi Note 10」では現状でも地域変更でシャッター音を消すことができています。
      ただ、アップデートによっては変化する可能性があると考えています。
      今後とも本ブログをよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました