【日本発売期待】「Xiaomi Mi Max 2」は6.44インチの大画面SIMフリースマホ

中国のXiaomiは、2017年5月25日に現地にて6.44インチAndroidスマートフォン「Xiaomi Mi Max 2」を発表しました。

「Xiaomi Mi Max 2」の特徴

「Xiaomi Mi Max 2」は、昨年5月に発売された「Xiaomi Mi Max」の後継モデルです。

Xiaomiは、フラグシップモデル「Xiaomi Mi 6」を先日発表していました。

今回発表されたハイスペックで高いコスパのファブレット「Xiaomi Mi Max 2」について紹介します。

6.44インチディスプレイ

6.44インチの大型ディスプレイを搭載しているのが「Xiaomi Mi Max 2」の大きな特徴になっています。ディスプレイ解像度はフルHD(1920×1080)になっています。

Xiaomi Mi Max 2

Snapdragon 625

「Xiaomi Mi Max 2」のSoCは「Snapdragon 625」が採用されています。「Snapdragon 625」は、日本でも「ZenFone 3 (ZE520KL)」に採用されるなど、コスパの高さで評判のSoCです。

4GB RAM

「Xiaomi Mi Max 2」のメモリ仕様は「4GB RAM+64GB ROM」、「4GB RAM+128GB ROM」の2パターンあります。

【2017年9月19日追記】
「Xiaomi Mi Max 2」に、メモリ仕様が「4GB RAM+32GB ROM」モデルが追加となりました。従来モデルよりも内部ストレージ容量が減少していますが、販売価格は抑えられています。

リアにはソニー製センサー「IMX386」の1200万画素カメラ(f2.2)を搭載。フロントには500万画素の広角カメラ(f2.0)が搭載されています。

指紋認証センサーをメタルボディの背面に搭載しています。

バッテリー容量が前モデルから増量されていて、「Xiaomi Mi Max 2」のバッテリー容量は5300mAhになっています。

「Xiaomi Mi Max 2」は「Quick Charge 3.0」に対応していて、大容量バッテリーを急速充電することが可能です。

大画面モデルということで気になる「Xiaomi Mi Max 2」の本体重量は211gになっています。

販売開始時期と価格

大画面で高いスペックになっている「Xiaomi Mi Max 2」は、現地にて2017年6月1日より順次発売開始となります。

「Xiaomi Mi Max 2」の現地における販売価格は「4GB RAM+64GB ROM」が1699元(約27700円)、「4GB RAM+128GB ROM」が1999元(約32600円)です。

【2017年9月19日追記】
新たに追加された「Xiaomi Mi Max 2」の「4GB RAM+32GB ROM」の販売価格は1399元(約23800円)です。

「Xiaomi Mi Max 2」のスペックレビュー

「Xiaomi Mi Max 2」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.1.1
  • ディスプレイ:6.44 インチ(1920×1080)
  • SoC:Snapdragon 625
  • CPU:Octa Core 2.0GHz
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:12MP(f2.2) FRONT:5MP(f2.0)
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5300mAh
  • サイズ/重量:88.7(W)×174.1(D)×7.6(H) mm / 211g

Gearbest Xiaomi Mi Max 2  -  INTERNATIONAL VERSION
Xiaomi Mi Max 2 INTERNATIONAL VERSION -GEARBEST

Source

「Xiaomi Mi Max 2」製品ページ | Xiaomi

スポンサーリンク
SIMフリーXiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました