これ強烈やわ!Xiaomi「Redmi K30 Ultra」は120Hz有機EL搭載のハイスペックスマホ【日本発売期待】

この記事は約11分で読めます。
やすスマ
やすスマ

このページを読んでいただきありがとうございます。ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。Xiaomiからまたも明らかにほしい系の魅力的なスマホが発表です。

この記事には、Xiaomi(シャオミ)が中国発売した「Redmi K30 Ultra」情報をまとめて紹介しています。

「Redmi K30 Ultra」の主な注目ポイントは以下のとおりです。

「Redmi K30 Ultra」注目ポイント

・最大120Hz駆動のフルビューディスプレイ
・Dimensity 1000+搭載でハイパフォーマンス
・1999元(約3.1万円)~の魅力的な価格

「Redmi K30 Ultra」はまさに注目ポイントだらけのスマートフォンです。しかも、ただ高性能であるだけでなく、価格がびっくりするぐらいに手頃なんです。

Xiaomiさんが、他メーカー驚愕しちゃいそうな魅力的なスマートフォンを出しちゃったという印象を受けています。

Xiaomiは最高峰スペックの「Mi 10 Ultra」も同時に発表しています。詳しくは「「Mi 10 Ultra」は120W充電対応のハイスペックスマホ」をご覧くださいね。

さっそく、Xiaomiの10周年を記念するコスパモンスタースマホ「Redmi K30 Ultra」の特徴とスペックを紹介しておきます。

Xiaomi「Redmi K30 Ultra」は120Hz有機EL搭載のハイスペックスマホ

Xiaomi「Redmi K30 Ultra」は120Hz有機EL搭載のハイスペックスマホ

コスパの高さに定評のある「Redmi K30」シリーズに、またもや魅力が溢れ出すスマホ「Redmi K30 Ultra」が登場です!

「Redmi K30 Ultra」は、「Redmi K30 Pro」/「POCO F2 Pro」同様にポップアップカメラを搭載。フルスクリーンデザインの高い没入感が大きな魅力となります。

また、「Redmi K30 Ultra」は、「Redmi K30 Pro」/「POCO F2 Pro」よりも価格を大きく下げてきているにも関わらず、ディスプレイ性能を大きく強化しています。

SoCは「Dimensity 1000+」に変更していますが、MediaTek製のハイエンド向けのものということでパフォーマンスはかなりのハイレベルです。

とくに、「Redmi K30 Ultra」のディスプレイ性能の強化についてはうれしいと感じる方が多い内容となっています。

「Redmi K30 Ultra」は120Hz駆動の6.77インチのAMOLEDディスプレイ搭載

「Redmi K30 Ultra」は120Hz駆動の6.77インチのAMOLEDディスプレイ搭載

「Redmi K30 Ultra」は「HDR 10+」対応の6.77インチのAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。AMOLED(有機EL)ならではの美しい画面表示が大いに期待できるディスプレイとなっています。

さきほども紹介したように、ポップアップ式のセルフィーカメラを採用し、ノッチ/パンチホールなしのフルスクリーンデザインを実現しています。高い没入感で迫力の画面表示が楽しめそうですね!

ゲーミングスマホにも迫るような高性能ディスプレイ搭載の「Redmi K30 Ultra」

ゲーミングスマホにも迫るような高性能ディスプレイ

「Redmi K30 Ultra」のディスプレイは、リフレッシュレートは最大120Hzタッチサンプリングレートは240Hzに対応。滑らかで応答性に優れたディスプレイがうれしいポイントですね。

ホント、これはゲーミングスマホにも迫るディスプレイ性能で、快適にゲームをプレイしたいというニーズをしっかり捉えるものになっています。

しかも、フルビューデザインで没入感が高いときたらかなり魅力ですよね。

なお、指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載しています。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥37,330(2020/09/22 00:35:19時点 Amazon調べ-詳細)

「Redmi K30 Ultra」は「Dimensity 1000+」を搭載

「Redmi K30 Ultra」は「Dimensity 1000+」を搭載

「Redmi K30 Ultra」のSoCはMediaTek製の「Dimensity 1000+」を搭載。MediaTekの高性能SoC搭載で、54万に迫るAnTuTuスコアをマークするということです。

LINK AnTuTu ベンチマークランキングまとめ – やすスマ

これだけのパフォーマンスがあれば、ヘビーな3Dゲームも含めてしっかり対応できるレベルに達しています!

大型のVCヒートシンク

「Redmi K30 Ultra」は大型のVCヒートシンクを搭載による強力な冷却性能を持ち、高負荷時にも安定した動作を引き出しています。

高性能SoCを搭載ということで、冷却にも力を入れていることはぜひ注目しておきたいポイントですね!

「Redmi K30 Ultra」のメモリ仕様は、RAM容量が6GB/8GB内部ストレージ容量が128GB/256 GB/512GBです。

やすスマ
やすスマ

なお、メーカースペックにはメモリ規格が掲載されていません。このあたりは今後の情報を注目しておきたいポイントですね!

6400万画素クアッドカメラ搭載の「Redmi K30 Ultra」

6400万画素クアッドカメラ搭載の「Redmi K30 Ultra」

「Redmi K30 Ultra」の背面には、6400万画素(標準)+1300万画素(119°超広角)+500万画素(マクロ/望遠)+200万画素(深度)の4眼カメラを搭載。

公表スペックを見る限りでは、「Redmi K30 Pro(POCO F2 Pro)」とほぼ同等のカメラ仕様になっています。

ただ、「Redmi K30 Pro(POCO F2 Pro)」で可能であった8K動画撮影が「Redmi K30 Ultra」では対応していないなど、カメラのセンサーも含めると違いはあるようです。

「Redmi K30 Ultra」のカメラの実力は実機の写真をチェックしたいところですね!

望遠マクロカメラによる迫力のマクロ撮影ができる「Redmi K30 Ultra」

また、「Redmi K30 Pro(POCO F2 Pro)」は望遠マクロカメラを搭載。迫力のあるマクロ撮影が大きな話題となっていました。

「Redmi K30 Ultra」でも望遠マクロカメラを搭載していて、マクロ撮影にも期待ができそうです。

やすスマ
やすスマ

もともと「Redmi K30 Pro(POCO F2 Pro)」のカメラ性能はまずまず評判が良かったので、このあたりは微調整といったレベルかもしれませんね。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥65,780(2020/09/22 09:37:20時点 Amazon調べ-詳細)

「Redmi K30 Ultra」は4500mAhバッテリー搭載:最大33W急速充電対応

「Redmi K30 Ultra」は4500mAhバッテリー搭載

「Redmi K30 Ultra」のバッテリー容量は4500mAh最大33Wの急速充電(QC4+/PD)に対応しています。

Mi 10 Ultra」の120W充電対応を見るとずいぶん差を感じますが、一般的には十分な充電速度が期待できます。

また、「Redmi K30 Ultra」はワイヤレス充電には非対応です。

「Redmi K30 Ultra」はサウンドにも力が入りまくり

「Redmi K30 Ultra」はサウンドにも力が入りまくり

「Redmi K30 Ultra」はサウンド面にも力が入っていて、新たにデュアルスピーカーを搭載してきています。ただし、3.5mmイヤホンジャックは非搭載です。

デュアルスピーカーでゲームや動画を楽しみたい!という方も多いでしょうし、スピーカーの強化はけっこう魅力ですよね。

「Redmi K30 Ultra」は3色展開で、中国で8月14日発売

ブラック、ホワイト、グリーンの3色展開

ボディカラーはブラック、ホワイト、グリーンの3色展開です。

「Redmi K30 Ultra」は2020年8月14日に中国で発売となっています。

「Redmi K30 Ultra」の価格:コストパフォーマンスがハンパない

「Redmi K30 Ultra」の価格は以下の通りです。

「Redmi K30 Ultra」の価格

・6GB+128GBモデル 1999元(約3.1万円)
・8GB+128GBモデル 2199元(約3.4万円)
・8GB+256GBモデル 2499元(約3.8万円)
・8GB+512GBモデル 2999元(約4.6万円)

Xiaomiスマホが、このスペックでこの価格ってのはちょっとぶっちぎりすぎでしょうね!

また、「Redmi K30 Pro」との価格比較は「コスパモンスター対決?「Redmi K30 Ultra」のスペック・価格を「Redmi K30 Pro」と比較」にまとめています。ぜひチェックしてみてくださいね。

「Redmi K30 Ultra」のスペック:フラグシップスマホに迫るスペック

「Redmi K30 Ultra」のスペックは以下のとおりです。

「Redmi K30 Ultra」スペック

・OS:Android 10 (MIUI 12)
・ディスプレイ:6.77 インチ(2400×1080)
・SoC:Dimensity 1000+
・RAM:6GB/8GB
・ROM:128GB/256GB/512GB
・カメラ:REAR:64MP+13MP+5MP+2MP FRONT:20MP
・Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
・指紋センサー:○
・USB:Type-C
・バッテリー:4500mAh
・サイズ/重量:75.4(W)×163.3(H)×9.1(D) mm / 213g

手頃な価格からはなかなか想像できないぐらいに、スペックはハイレベルですよね!

「Redmi K30 Ultra」と「Redmi K30 Pro」のスペック・価格を比較

「Redmi K30 Pro」

また、「Redmi K30 Ultra」が先の発売の「Redmi K30 Pro」とどのように違うか気になりますよね。

「Redmi K30 Ultra」と「Redmi K30 Pro」のスペック比較した記事を公開しています。ぜひ「コスパモンスター対決?「Redmi K30 Ultra」のスペック・価格を「Redmi K30 Pro」と比較」をチェックしてみてくださいね。

「Redmi K30 Ultra」の対応バンド:対応バンドはそれほど充実していない

「Redmi K30 Ultra」の対応バンドは以下のとおりです。

「Redmi K30 Ultra」対応バンド

5G: n1 / n3 / n41 / n78 / n79
4G:FDD-LTE :B1 / B3 / B5 / B7 / B8
   TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41
3G:WCDMA:B1 / B2 / B5 / B8
2G:GSM:B2 / B3 / B5 / B8;CDMA 1X : BC0

中国発売モデルということで、対応バンドについてはそれほど充実とはなっていませんね。

まとめ:「Redmi K30 Ultra」は120Hz駆動AMOLEDディスプレイ搭載のハイスペックスマホ

Xiaomiの「Redmi K30 Ultra」の特徴とスペック

以上、Xiaomiの「Redmi K30 Ultra」の特徴とスペックをまとめておきました。

2999元(約4.6万円)~の「Redmi K30 Pro」をベースにしながら、仕様を細かく変更して価格を大きく下げてきています

しかも、強化する部分もしっかり織り交ぜてきているところが素晴らしいところです。

ゲームプレイも含めて十分な性能をもっていて、強烈に魅力的なパッケージに仕上がっています!

特に『ディスプレイ性能の強化が非常にうれしい!』と感じる方は多いでしょうね。

「POCO F2 Pro」

Xiaomi「POCO F2 Pro」レビュー」に紹介しているように、筆者はすでに「POCO F2 Pro」を所有しています。

「Redmi K30 Ultra」は「POCO F2 Pro」とは少し異なる魅力をもっていて、性能と価格を見るとシンプルに欲しいと感じる仕上がりです。

「Redmi K30 Ultra」のグローバル展開は予定されていない?

ただし、「Redmi K30 Ultra」については、日本も含めたグローバル市場のリリースが現時点で発表されていません。かなり気になるところです。

グローバル市場でのリリース予定はないとの報道もありますが、この魅力的なスマートフォンを中国だけというのはもったいないですよね。

グローバル版「Redmi K30 Ultra」もぜひとも発売してほしいところですよね。

「Redmi K30 Ultra」

realmeからも強烈コスパスマホ「realme X7 Pro」が登場

「realme X7 Pro」

中国のrealmeはハイスペックスマートフォン「realme X7 Pro」を発表しています。

この「realme X7 Pro」もコスパの高さは話題で、ぜひ「Redmi K30 Ultra」と比較しておきたいような仕上がりになっています。

「realme X7 Pro」は「Dimensity 1000+」120Hz駆動AMOLEDディスプレイを搭載するなど、「Redmi K30 Ultra」と共通部分を多く持っています。

「realme X7 Pro」のコスパの高さが大きな話題となっていて、最安モデルの価格は2199元(約3.4万円)です。

「Redmi K30 Ultra」と「realme X7 Pro」のスペック・価格を比較

「Redmi K30 Ultra」と「realme X7 Pro」のスペック・価格を比較

「realme X7 Pro」は「Redmi K30 Ultra」とぜひ比較しておきたいような充実のスマートフォンです。

気になる、「Redmi K30 Ultra」と「realme X7 Pro」のスペック・価格比較を用意しています。ぜひ合わせてご覧くださいね!

参考になれば幸いです!

「Redmi K30 Ultra」アンケート

「Redmi K30 Ultra」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

「Redmi K30 Ultra」アンケート

「Redmi K30 Ultra」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

Redmi K30 Ultra – Xiaomi
Redmi K30 Pro – Xiaomi
realme X7 Pro – realme

コメント

  1. ando より:

    中国市場限定の記念ってことはさすがに利益や製造コストだけじゃなくて流通コストも極端に削ってのこの価格じゃないですかね?

    3万円前半とかローエンドの価格でミドル並でビビってたのにハイエンド並となると顎が外れそうです。

    無理やりにでもケチ付けるなら重さと防水・ワイヤレス非対応くらいでしょうが
    そんなことで+何万円かけるよりはこっちですね。

    POCO F2 Proもグローバル版で4万2000円だからこれさえiPhoneSEより安い

    • やすスマやすスマ より:

      コメントありがとうございます(^o^)
      確かにこのコスパは顎が外れそうなレベルw
      構成のバランスも素晴らしいっすよねぇ!
      ハイスペック構成のコスパモデルがホント日本でも来てほしい!

タイトルとURLをコピーしました