【レビュー】Xiaomi「Redmi Note 5」は手頃な価格でハイスペックなSIMフリースマホ | AnTuTuスコアは約11.6万

「Xiaomi Redmi Note 5」レビュー

このページは、XiaomiのAndroidスマートフォン「Redmi Note 5」のレビューページです。

「Xiaomi Redmi Note 5」は発売されてから評判が良いので、急に欲しくなって自腹で購入しました。

Redmi Note 5の実機レビュー

コスパの高い中国メーカーのスマートフォンの中でも、Xiaomiのスマートフォンは際立つコスパの高さになっています。

これまでXiaomiのスマートフォンは日本語対応が難しいと評判でしたが、Xiaomiのスマートフォン(グローバルモデル)は日本語化も簡単になった!という変化もあって無性にXiaomiのスマートフォンを触りたくなりました。

「Xiaomi Redmi Note 5」のグローバルモデルを「GEARBEST」で購入。

Snapdragon 636」搭載のスマートフォンにはこれまで縁がなかったので、パフォーマンス面にも興味津々でした。

ここ最近、ファーウェイのスマートフォンばっかり触っていたので、Snapdragon搭載機を久々に楽しみたいと思っています!

購入した「Xiaomi Redmi Note 5」のグローバル版のメモリ仕様は4GB RAM+64GB ROMです。購入したときの販売価格はおよそ2.6万円でした。

今はクーポンが発行されるなどして、200ドル(約2.2万円)を切る価格になっています!

予算にもう少し余裕がある場合は「

【実機レビュー】Xiaomi「Mi A2」は期待通りの爆裂コスパのAndroid One SIMフリースマホ

」に紹介している「Mi A2」という選択もあります。

「Xiaomi Redmi Note 5」のカラーは少し悩みましたが、ベゼルカラーとの一体感を考えて、本体カラーはブラックをチョイス。

結論としては、「Xiaomi Redmi Note 5」のクオリティは、一般的な200ドルクラスのスマートフォンのレベルを大きく上回るものと感じています。

さっそく「Redmi Note 5」をレビューしてます。内容は随時更新していくので、定期的にチェックしていただけると幸いです。

Xiaomi Redmi Note 5

まずは、筆者が購入した「Xiaomi Redmi Note 5」のグローバル版の主なスペックです。

  • OS:Android 8.1 Oreo (MIUI 9.5)
  • ディスプレイ:5.99 インチ(2160×1080)
  • SoC:Snapdragon 636
  • CPU:Octa Core 1.8GHz×8
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP+5MP FRONT:13MP
  • WCDMA B1/B2/B5/B8
  • FDD-LTE B1/B3/B4/B5/B7/B8/B20
  • TDD-LTE B38/B40
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Micro USB
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:75.4(W)×158.6(H)×8.05(D) mm / 181g

「Xiaomi Redmi Note 5」を選ぶときに迷うのはメモリ仕様です。メモリ仕様の違いと価格差を総合して、4GB RAM+64GB ROMモデルをチョイスしました。

なお、次のリンク先には中国版「Xiaomi Redmi Note 5」についてまとめています。

【日本発売期待】Xiaomi 新型SIMフリースマートフォン「Redmi Note 5」を中国で発表!約1.8万円~ クーポン情報
Xiaomi(シャオミ)は、2018年3月16日に、中国において新型SIMフリースマートフォン「Redmi Note 5」を発表しました。 Xiaomiは、2018年2月にインドにお...

インドでは、フロントカメラのスペックは若干異なる「Xiaomi Redmi Note 5 Pro」が発売されています。

開封

上の写真にあったように、オレンジベースのシンプルな外箱デザインで文句なしにカッコいいです!

人気のRedmi Noteシリーズの最新モデルということもあり、ワクワクしながら開封。さっそく本体と対面です。

Xiaomi Redmi Note 5を開封

ディスプレイに貼られているフィルムには、モデル名に加えて、AIカメラ、Snapdragon 636などの「Xiaomi Redmi Note 5」の特長が書かれています。

Snapdragon 636搭載でパフォーマンスが高いのも期待ポイントです。

「Xiaomi Redmi Note 5」の付属品

箱から本体を含む付属品を出して並べてみました。

Xiaomi Redmi Note 5の付属品

TPU素材のケースが付属

うれしいことに「Xiaomi Redmi Note 5」には保護ケースが付属しています。

Xiaomi Redmi Note 5に付属しているTPUケース

柔らかいTPU素材のケースとなっていて、下の写真のように実際にケースを装着したときの感じもいいです。

Xiaomi Redmi Note 5に保護ケースを装着

電源のプラグ形状に注意

また、電源のプラグ形状が日本のものとは異なっています。日本国内で使用する際には変換プラグが必要です。

さきほども書いたように筆者は「GEARBEST」で「Redmi Note 5」を購入しました。

GEARBEST」の荷物には下の写真のような変換プラグが入っていました。すごく助かります!

Xiaomi Redmi Note 5の電源の変換プラグ

「Xiaomi Redmi Note 5」のデザイン

続いて、「Xiaomi Redmi Note 5」のデザインを中心にチェックします。

5.99インチの縦長ディスプレイ

Xiaomi Redmi Note 5のディスプレイ

まずは、ディスプレイ周りです。5.99インチの縦長ディスプレイを搭載。ちなみにノッチはなし。縦横比18:9のもので解像度はフルHD+(2160×1080)。バリューモデルとしては十分な感じです。マルチタッチは最大10点まで対応。

実際のディスプレイ表示は、非常にはっきりした発色で明るいものになっています。画面表示品質は十分に高いものと感じています。

今回選んだブラックカラーは、ブラックのベゼルカラーと一体感があるものになっていますよね。

なお、他のカラーの、ブルー、ゴールドカラーモデルのベゼルカラーはホワイトになっています。

ボディカラーとベゼルカラーの好みを総合的に判断してカラーを選んでみてくださいね!

よーく見ると、2.5D曲面ガラスでディスプレイ表面を覆っています。気になる液晶保護フィルムは貼られていませんでした。

日本のAmazonでも液晶保護フィルムが販売されていますが、エッジにかけて緩やかにカーブしている2.5D曲面ガラスを採用しているということで、慎重にフィルム選びを行う必要があります。

背面デザイン

「Xiaomi Redmi Note 5」のバックパネルは主にメタル素材を用いてデザイン。エッジにかけてカーブしている形状になっていて持ちやすい形状になっています。

「Xiaomi Redmi Note 5」のバックパネル

バックパネルの上側、下側の方だけはプラスチック素材になっています。

「Xiaomi Redmi Note 5」のバックパネルのプラスチック素材

プラスチック素材の部分もしっかりと処理されていて、ほとんどデザインとしての違和感はありません。

デュアルカメラ

「Xiaomi Redmi Note 5」のデュアルカメラ

パックパネル上部にはデュアルカメラと指紋認証センサーがあります。

「Xiaomi Redmi Note 5」の背面カメラは1200万画素+500万画素のデュアルカメラです。AIを用いたAIカメラとなっているのが大きな特徴です。カメラ性能も期待できそうです。

USBはmicro

「Xiaomi Redmi Note 5」のUSBポート

「Xiaomi Redmi Note 5」のUSBポートは「micro」です。多くのスマートフォンが「Type-C」採用するなかで、このあたりはバリューモデルといった感じです。

一方で、バッテリー容量は4000mAhと大容量なものになっています。

大容量バッテリー搭載のスマートフォンはボディの厚さが気になることが多いですが、「Xiaomi Redmi Note 5」のボディの厚さは8.05mmといい感じです。

エッジにかけてカーブしているバックパネルの形状もあって、スペック以上に持ちやすさを感じます。

バッテリー容量の大きさとボディの厚さのバランスの良さは非常に好印象です。

重量を計測

「Xiaomi Redmi Note 5」のボディ重量を実際に計測しておきました。

「Xiaomi Redmi Note 5」のボディ重量

筆者の環境ではほぼスペック表の通りの結果でした!

200gを切っているので、重くて扱いにくいということはありません。さきほど書いたように、このサイズで大容量なバッテリーを搭載しているのがすごいです。

ボディ幅

「Xiaomi Redmi Note 5」のボディ幅は75.4mm。

「Xiaomi Redmi Note 5」のボディ幅

およそ6インチのディスプレイを搭載していますが、縦長ディスプレイを採用したことによって片手で扱うことが可能な大きさになっています。

「Xiaomi Redmi Note 5」をセットアップして起動

続いて、実際に「Xiaomi Redmi Note 5」をセットアップしていきます。

日本語表示に対応

まず気になるのは日本語対応状況だと思います。今回購入したのはグローバルモデルですが、結論的には「Xiaomi Redmi Note 5」の日本語対応はバッチリです。

Xiaomi Redmi Note 5の日本語設定

セットアップ時の言語選択に「日本語」の項目あって、選択するだけで日本語表示になります。

Xiaomi Redmi Note 5の設定を日本語表示

様々な場面できっちりと日本語表示されていて、Xiaomiは日本進出を予定しているのか!と勘違いしてしまうぐらいです。

ホーム画面

セットアップをさくっと完了させて表示されたホーム画面です。

Xiaomi Redmi Note 5のホーム画面

すべてのアプリがホーム画面に表示されるようになっています。

OSは「Android 8.1」、UIは「MIUI 9.5」でした。

Xiaomiの純正アプリを中心として、MicroSoftのOfficeアプリなどもプリインストールされています。

実用的なアプリがほとんどといった印象ですね!

今回はレビューしているのは64GB ROMモデルです。初回起動時に内部ストレージの状況を確認したところ、以下の通りでした。

Xiaomi Redmi Note 5の内部ストレージ

システムを除いて54.15GBのうち、52.59GBが利用可能でした。これだけの空き容量があれば、当分は安心して利用できそうです。しかも、動画や写真で空き容量が不足してきてもmicroSDカードの使用をサポートしているので安心です。

アプリ「A1 SD Bench」で内部ストレージの速度を計測してみました。

Xiaomi Redmi Note 5の内部ストレージを「A1 SD Bench」で計測

さすがに普及モデルということで「eMMC」ですが、普通に使っている状況では問題ないような速度が出ています。

AnTuTuのベンチ結果

最初に書いたように「Xiaomi Redmi Note 5」はSoCに「Snapdragon 636」を採用しています。

「Snapdragon 636」を採用しているのが、「Xiaomi Redmi Note 5」の大きな魅力です。

あの「ZenFone 5」と同じSoCですからびっくりです!

さっそく、「AnTuTu V7」でベンチマークを行ってみました。

AnTuTuスコアは約11.6万

Xiaomi Redmi Note 5のAnTuTu V7のスコア

総合スコアはおよそ11.6万を叩き出しました。期待通りのスコアになっていて、200ドルクラスのスマートフォンとしては驚異的なパフォーマンスです。

なお、参考として実際に計測した他のスマートフォンの「AnTuTu V7」スコアを掲載しておきます。

機種SoCスコア
HUAWEI honor 10Kirin 970199,447
HUAWEI honor 9Kirin 960182,735
HUAWEI MediaPad M5Kirin 960178,451
Xiaomi Mi A2Snapdragon 660125,996
Xiaomi Redmi Note 5Snapdragon 636116,593
HUAWEI nova lite 2Kirin 65988,527
HUAWEI P20 liteKirin 65987,620
HUAWEI P10 liteKirin 65877,304
ZenFone 3 ZE520KLSnapdragon 62575,951
※スコアは3回計測平均

ベンチマークのスコアだけでなく、実際に「Xiaomi Redmi Note 5」を操作していても非常に軽快に動作します。パフォーマンスの高さは期待通りです。

指紋認証センサー

指紋認証センサーはボディ背面に搭載しています。

Xiaomi Redmi Note 5の指紋認証センサー

指紋登録を行って実際に使用してみたところ、高速かつ高精度で認証してくれます。

認証してからのディスプレイ点灯までに時間がかかるスマートフォンがたまにありますが、「Xiaomi Redmi Note 5」の場合はディスプレイ点灯も素晴らしく速くていい感じです。

まとめ

「Xiaomi Redmi Note 5」のレビューをご覧いただきありがとうございます。まだまだテストできていない項目があります。実際に使っていって随時更新する予定です。

banggoodの「Xiaomi Redmi Note 5」クーポン

banggood.com」においては、クーポンを適用することで「Xiaomi Redmi Note 5 4GB RAM+64GB ROM」のグローバルモデルが188.43ドルです。

「Xiaomi Redmi Note 5」


Xiaomi Redmi Note 5 4GB RAM 64GB ROM – banggood

クーポンコード「8BGRN54GB

「Xiaomi Redmi Note 5」に興味を持たれた方はぜひチェックしてみてくださいね!

おすすめ記事

「Xiaomi Redmi Note 5」をご覧頂いた方におすすめしたい記事を最後に紹介しておきます。

【実機レビュー】Xiaomi「Mi A2」は期待通りの爆裂コスパのAndroid One SIMフリースマホ
高いコスパの「Xiaomi Mi A2」 「【レビュー】Xiaomi「Redmi Note 5」は手頃な価格でハイスペックなSIMフリースマホ」に続いて、Xiaomiのスマートフォンをレビューし...
【レビュー】 HUAWEI 「honor 10」の猛烈コスパぶりをチェック | 日本発売期待大のハイスペックSIMフリースマホ【クーポン追加】
「honor 10」のグローバルモデルをレビュー ファーウェイがリリースしている「honor 10」のグローバルモデルを「banggood.com」で購入したのでレビューしておきます。 ...
【レビュー】Huawei「honor 7X」は縦長ディスプレイ搭載の超コスパSIMフリースマホ
このページには日本では未発売のSIMフリースマートフォン「honor 7X」の実機レビューを書いておきます。「honor 7X」はコストパフォーマンスの高さだけでなく、縦長ディスプレイやデュアルカ...

注意事項

「Xiaomi Redmi Note 5」は「技適」マークを取得していないモデルとなっています。使用に関しては「自己責任」でお願いします。なお、「やすスマ」ではSIM通信、Wi-Fi通信など通信に関わるレビューは一切実施しません。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiスマホに興味津々。

やすスマをフォローお願いします
SIMフリーXiaomi実機レビュー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

  1. りんご坊や より:

    こんにちは!

    こちらのXiaomiの機種を購入しようと思っています。

    初めてXiaomi製品を買うのですが、中華スマホと言う事もありマルウェアなどのウイルスは大丈夫なのでしょうか?

    よろしくお願いします。