Xiaomi 「Redmi Note 8」シリーズを8月29日発表 64MPカメラ搭載の爆裂コスパモデル誕生か

Xiaomi 「Redmi Note 8」シリーズを2019年8月29日に発表

中国のXiaomiは、サブブランド「Redmi」の新型スマートフォン 「Redmi Note 8」シリーズを2019年8月29日に発表することを予告しています。

「Redmi Note 8」シリーズは、通常モデル「Redmi Note 8」と上位モデル「Redmi Note 8 Pro」というラインナップになるようです。

「Redmi Note 7」シリーズは、充実したスペックでありながら手頃な価格を実現。大きな注目を集めてヒットを記録したモデルになりました。

本ブログでも「Redmi Note 7」をレビューしています。ハイスペックではありませんが、必要十分なスペックがパッケージングされていて、使い勝手の良さが印象的でした。

【実機レビュー】このスペックで200ドル切りは驚愕!「 Redmi Note 7 」は手頃な価格のSIMフリースマホ
Xiaomiの高コスパSIMフリースマホ「Redmi Note 7」のグローバルモデルを入手しました。高性能カメラなどの充実スペックで200ドルクラスと非常に手頃な価格設定です。「Redmi Note 7」グローバル版を実機レビューしています。

期待の 「Redmi Note 8」シリーズについて、正式発表前にまとめておきます。

「Redmi Note 8」シリーズの噂

「Redmi Note 8」シリーズは人気の「Redmi Note」の新作となります。どのようなスマートフォンが発表されるかが気になるところです。

現時点で、 「Redmi Note 8」シリーズに関わる情報が続々と出てきています。リーク情報を含めて「Redmi Note」シリーズの情報をまとめておきます。

あくまでもリーク情報も含めて書いていきます。実際の製品と異なる部分が出てくる可能性がありますので、ご理解ください。

6400万画素カメラ

「Redmi Note 8」シリーズの大きな目玉は6400万画素カメラを搭載することです。「Redmi Note 7」では4800万画素カメラを搭載して話題となりましたが、「Redmi Note 8」シリーズではさらに高解像度カメラを搭載してきます。

ページ冒頭に掲載している公式の予告画像でも6400万画素カメラの搭載が明らかになっています。

高解像度カメラによって、常用できる範囲の高倍率デジタルズームを実現してきそうです。

ハイスペックモデルを中心に高倍率ズームがトレンドとなっているので、2019年下半期にはミドルスペックモデルでも注目の機能となりそうです。

背面には6400万画素カメラを含めて合計4つのカメラを搭載。背面カメラの構成が楽しみですね。

MediaTek製のSoC搭載へ

「Redmi Note 8」シリーズにMediaTek製のSoC搭載

また、MediaTekは、「Redmi Note 8」シリーズに同社の新型SoC「Helio G90/G90T」を搭載することを明らかにしています。

「Redmi Note 8」シリーズでHelioを採用ということでまず気になるのがパフォーマンスレベルです。

「Helio G90」のAnTuTu総合スコアは22万点ほどというリーク情報があります。

「Helio G90」のベンチスコアは、「Kirin 810」よりも少し下で、「Snapdragon 730」よりも少し上というスコアとリークされています。

【日本発売期待】「Honor 9X」はとびきりコスパのミドルスペックSIMフリースマホ 価格は約2.2万円~
中国のファーウェイは、サブブランドhonorの新型スマートフォン「Honor 9X」情報のまとめページです。パフォーマンスの高さが評判のSoC、ポップアップ式のセルフィーカメラを搭載。充実スペックで価格が約2.2万円~ととびきりのコスパです。
【日本発売期待】Xiaomi「Mi 9T」はポップアップ式カメラ搭載のミドルスペックスマホ 価格は約3.6万円~
Xiaomiの新型ミドルスペックスマートフォン「Mi 9T」の特長とスペックをまとめています。充実したスペックと手頃な価格という高いコストパフォーマンスが注目です。ポップアップ式カメラ採用のフルスクリーンデザインでノッチなしのすっきりしたデザインも魅力です。

ここ最近のミドルスペックモデル向けSoCのパフォーマンスが著しく向上していますね。少し前のハイスペックモデル並みのベンチマークスコアです(汗)

参考AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のスマホは?

「Redmi Note 8」には「Snapdragon 665」搭載

「Redmi Note 8」には「Snapdragon 665」を搭載

また、他の公式の予告画像から「Redmi Note 8」には「Snapdragon 665」を搭載が判明しています。

総合すると、「Redmi Note 8」は「Snapdragon 665」、「Redmi Note 8 Pro」は「Helio G90/G90T」採用と予想されます。 搭載されるSoCから考えると、ミドルスペックモデルとしてはかなり軽快な動作が期待できそうです。

大容量バッテリー

また、大容量バッテリーも「Redmi Note」シリーズの大きな特徴です。

「Redmi Note 7」のバッテリー容量は4000mhでした。

「Redmi Note 8」シリーズでも大容量バッテリーの採用が濃厚です。

バッテリー容量は4500mAh?5000mAh?と噂されています。

まとめ

以上、発表が間近の「Redmi Note 8」シリーズについてまとめてみました。

ディスプレイ周りなどのスペック詳細や価格など気になる部分もまだまだあります。

驚きのコスパを誇る「Redmi Note」シリーズですので、2019年8月29日の正式発表を楽しみにしておきたいですね!

Source

Redmi – Weibo

MediaTek – Weibo

スポンサーリンク
SIMフリーXiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。スマートフォンはHUAWEIの「Mate 20 Pro」、ASUSの「ZenFone 6」を、タブレットはHUAWEIの「MediaPad M5 LTE」を主に愛用。他にもXiaomiのスマートフォンを触ってみたり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました