コスパ優秀なのがきた!「Redmi Note 9S」まとめ セール情報あり【日本発売期待】

どうも、「Redmi Note 9S」をすぐにポチってしまったやすスマ(@yasu_suma)です。

優れたコスパが評判の「Redmi Note」シリーズにグローバル向けの新モデルが登場っす!!!

本記事にはXiaomiが2020年3月23日に発表したSIMフリースマホ「Redmi Note 9S」情報をまとめて紹介しちゃっています。

さっそく、「Redmi Note 9S」の注目ポイントを紹介。注目ポイントはコチラです。

「Redmi Note 9S」の注目ポイント

・スペック充実でめちゃ手頃価格
・4800万画素クアッドカメラ
・5020mAhという大容量なバッテリー

注目ポイントを中心として「Redmi Note 9S」のスペックや価格情報などをまとめておきます。

なお、ページの最後には「Redmi Note 9S」のセール情報も紹介しています。ぜひ興味のある方はチェックしてみてくださいね。

PR UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

「Redmi Note 9S」がグローバル発表

「Redmi Note 9S」がグローバル発表

日本くる?Xiaomiが「Redmi Note 9S」をグローバル発表」にまとめているように、Xiaomiから発表が予告されていた「Redmi Note 9S」。

Xiaomi Japanも「Redmi Note 9S」のグローバル発表情報をTwitterで発信するなど、日本発売も期待されている状況です。

インド版「Redmi Note 9 Pro」のリネーム

「Redmi Note 9S」はインド発表の「Redmi Note 9 Pro」をリネームしたモデルです。基本的なスペックは「Redmi Note 9 Pro」と同じです。

現時点では、インドでは発表されていた「Redmi Note 9 Pro Max」はグローバル展開に含まれていません。「Redmi Note 9 Pro Max」もグローバル発表で同時にくると予想していましたが思いっきり外してしまいましたw

「Redmi Note 9S」のデザインやスペックなどを総合すると、2019年下半期を代表するミドルスペックスマートフォン「Redmi Note 8 Pro」の後継といった印象になっています。

「Redmi Note 9S」の魅力はその価格設定。グローバル版「Redmi Note 9S」の価格は249ドル(約2.7万円)~と発表されています。

かなりのお手頃な価格でありながら、スペック面には不安のない仕上がりになっているのが「Redmi Note」シリーズの素晴らしさです。

6.67インチの大きめディスプレイ

6.67インチの大きめディスプレイ

「Redmi Note 9S」は6.67インチのフルHD+(2400×1080)ディスプレイを搭載。有機ELタイプのディスプレイではありませんが、輝度は450nitのそれなりに明るい液晶を搭載しています。

パンチホールディスプレイ搭載で高い画面占有率を達成

ディスプレイの上部中央に空いた穴に1600万画素のセルフィーカメラを内蔵。ノッチなしのスッキリしたデザインになっています。

ベゼルはスリムで前面からみるとスタイリッシュな印象です。画面占有率は91%を達成

競合機の「realme 6」シリーズは90Hzディスプレイ

「realme 6」シリーズは「Redmi Note 9S」の明らかな競合機となりそうです。

スペックが同等レベルの部分も多いですが、「realme 6」シリーズはリフレッシュレート90Hz対応のディスプレイを搭載している点がポイントです。「realme 6」シリーズは「realme 6」、「realme 6 Pro」の2モデル展開です。

「realme 6」は「「realme 6」は腰を抜かしそうな高コスパをもったSIMフリースマホ」、「realme 6 Pro」は「「realme 6 Pro」は合計6眼のカメラを搭載した高コスパなSIMフリースマホ」にスペック・価格情報をまとめています。

「realme 6」シリーズについてあまり知らないよ!』という方は「Redmi Note 9S」と比較対象としてぜひともチェックしておいてくださいね。

デザインは期待大

デザインは期待大

「Redmi Note 9S」は前面・背面ともに「Gorilla Glass 5」で覆われてデザインされています。堅牢性に加えて、そのデザインについては期待しちゃいます。

背面のカメラもキレイに配置されている印象です。

4800万画素のクアッドカメラ

4800万画素のクアッドカメラ

「Redmi Note 9S」は背面に4800万画素(メイン)+800万画素(119°超広角)+500万画素(マクロ)+200万画素(深度)の4眼カメラを搭載。

カメラ構成としてはマクロカメラを搭載するのが興味深いですね。望遠カメラは搭載していません。

多くの方に必要十分なスペック

「Redmi Note 9S」はかなり手頃な価格になっていますが、パフォーマンスを左右する基本スペックもなかなかのレベルです。

SoCには「Snapdragon 720G」を搭載。画像処理にも優れたゲーミング用途にも対応したミドルスペックSoCです。

「AnTuTu Ver 8」ベンチマークの総合スコアはおよそ28万が見込まれるなど、ものすごくヘビーな用途でなければ問題なく対応できる十分なパフォーマンスになっています。

Mi Note 10」などに搭載の「Snapdragon 730G」よりもベンチは上なんですよねぇ。モデルナンバーとしてはややこしい感じですがw

メモリ仕様は、RAM容量が4GB/6GB内部ストレージ容量が64GB/128GB(UFS2.1)です。

ミドルスペックモデルの性能の向上は著しく、ウェブ閲覧、SNS、動画視聴などは十分に軽快に動作するパフォーマンスを持っています。

5020mAhの大容量バッテリー

5020mAhの大容量バッテリー

大容量バッテリーを搭載していることも「Redmi Note 9S」の魅力となります。

バッテリー容量は5020mAh。5000mAhオーバーというスマートフォンとしてはかなり大容量の部類に入るバッテリーを搭載。

これだけの容量のバッテリーを搭載しながら、ボディの厚さは8.8mmとそれなりにスリムな感じに仕上がっているのが注目ポイントです。

最大18Wの急速充電もしっかりサポート。USBポートは「Type-C」です。

指紋センサーはボディ側面に搭載。撥水コーティング「P2i」が施されていて、簡易的な防水を実現しています。

また、うれしいことに3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。変換アダプタなしで有線ヘッドホンを使うこともできます。

ボディカラーはブルー、ホワイト、ブラックの3色展開です。

現時点では、日本での「Redmi Note 9S」の発売はアナウンスされていません。ただ、Xiaomi Japanは公式Twitterアカウントで「Redmi Note 9S」情報のツイートを行っています。

しかも、画像は日本語表記になっていることから、個人的には日本発売の期待メーターはかなり上昇しています

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥58,080(2020/04/04 11:36:32時点 Amazon調べ-詳細)

対応バンド

Xiaomiが公表している「Redmi Note 9S」の対応バンドは以下のとおりです。

GSM: B2/3/5/8
WCDMA: B1/2/4/5/8
TDD LTE: B38/40
FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/20/28

そのまま日本発売となると心もとない対応バンドです。日本発売となればこのあたりは変更してほしい部分となります。

「Redmi Note 9S」のスペック

「Redmi Note 9S」の主なスペックは以下の通りです。

SPEC

  • OS:Android 10(MIUI 11)
  • ディスプレイ:6.67 インチ(2400×1080)
  • SoC:Snapdragon 720G
  • RAM:4GB/6GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:48MP+8MP+5MP+2MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5020mAh
  • サイズ/重量:76.68(W)×165.75(D)×8.8(H) mm / 209g

まとめ:「Redmi Note 9S」がグローバル発表

「Redmi Note 9S」がついにグローバル発表となりました。

今回の「Redmi Note 9S」も従来モデル同様に素晴らしいコスパの仕上がりになっています。大きめの6.67インチディスプレイを搭載していて、デザイン面も期待できそうです。

スペックだけでなく、大容量バッテリー撥水コーティング「P2i」など使い勝手もしっかりと意識されています。

バランスの良い低価格モデルとして「Redmi Note 9S」も大きな話題となってきそうです。

よりハイスペックな「Redmi K30 Pro」

Redmiは中国において5G対応のハイスペックスマホ「Redmi K30 Pro」も発表しています。「Redmi Note 9S」よりもさらにハイスペックな仕上がりになっています。

「Redmi K30 Pro」はハイエンド向けSoCと、LPDDR5&UFS 3.1の強力なメモリ仕様で、現状では最高峰のパフォーマンスを実現しています。

そんな抜群のスペックの「Redmi K30 Pro」ですが、価格は2999元(約4.7万円)~になっていて、Redmiらしい素晴らしいコスパを実現しています。

「Redmi K30 Pro」の特徴・スペックは「すご過ぎコスパ!「Redmi K30 Pro」情報まとめ」に詳しくまとめているのでぜひ合わせて御覧ください。

GEARBESTでセール販売

GEARBESTでは「Redmi Note 9S」を対象とする限定1000台のフラッシュセールを開催しています。

フラッシュセールでは「Redmi Note 9S」の4GB+64GBモデルが209.99ドルで購入することが可能です。ただし、デポジット(預り金)として10ドルを先に支払う形になります。

筆者はさっそく発表当日に「Redmi Note 9S」をオーダー。「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」の届け出を行った後に動作を確認しながら詳細レビューを執筆する予定です。

以上、参考になれば幸いです!

アンケート

「Redmi Note 9S」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

アンケート

「Redmi Note 9S」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

Redmi Note 9S – Xiaomi Global

当ブログおすすめNo1格安SIM

当ブログのおすすめNo1の格安SIMのワイモバイル
低価格で優れた通信品質のサービスを提供し、対応バンドがSIMフリースマホとの相性抜群なのがおすすめする理由です。しかも、新たなスマホベーシックプランでは最低利用期間・縛り期間がありません
詳しくは>>Y!mobileオンラインストアはこちら

当ブログおすすめNo1格安SIM

当ブログのおすすめNo1の格安SIMのワイモバイル
低価格で優れた通信品質のサービスを提供し、対応バンドがSIMフリースマホとの相性抜群なのがおすすめする理由です。しかも、新たなスマホベーシックプランでは最低利用期間・縛り期間がありません
詳しくは>>Y!mobileオンラインストアはこちら

海外スマホ Xiaomi
\シェアしていただけるとうれしいです/
ぜひフォローをお願いします(^o^)
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
スマホを低価格で利用するために格安スマホや格安SIM情報を中心として発信しています。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡フォームからご連絡ください。

ぜひフォローをお願いします(^o^)
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました