SONY「Xperia 1 II」は5G対応の新フラグシップスマートフォン【日本発売も決定】

どうも、やすスマです。

ソニーモバイルコミュニケーションは新型フラグシップスマートフォン「Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)」を2020年2月24日に発表しました。

「Xperia 1 II」は「Xperia 1」の後継モデルにあたります。当然ながら5G通信にもしっかり対応。

「Xperia 1 II」は「Snapdraogon 865」を搭載するなど、ハイパフォーマンスが期待できるスペック。さらに、メインカメラにはZeissレンズを搭載してカメラも強化。

ソニーはミドルスペックスマートフォン「Xperia 10 II」も同時に発表しています。

「Xperia 10 Ⅱ」は超アリなミドルスペックXperia ドコモ / au から発売決定【海外SIMフリー】
ミドルスペックXperiaが大きく進化して登場です。新型スマートフォン「Xperia 10 Ⅱ」は縦横比21:9のディスプレイを搭載。美しい有機EL方式を採用しています。「Xperia 10 Ⅱ」は日本発売も決定していて、今春以降に発売予定です。

「Xperia 1 II」は今春以降の日本発売もすでにアナウンスされています。

ソニーの渾身のフラグシップモデル「Xperia 1 II」の特徴とスペックを紹介しておきます。

「Xperia 1 II」のスペックと特徴

「Xperia 1 II」のスペックと特徴

「Xperia 1 II」は「Xperia 1」に近い筐体デザインに最新スペックを盛り込んでいます。

6.5インチの4K有機ELディスプレイ

6.5インチの4K有機ELディスプレイ

「Xperia 1 II」は6.5インチの4K有機ELディスプレイを搭載。「Xperia 1」から採用されている縦横比21:9のものです。

高速通信に対応した5Gスマートフォンということで、4Kコンテンツを存分に楽しむことができる高精細なディスプレイを搭載してきました。

SD865搭載のハイスペックな仕上がり

「Xperia 1 II」のSoCは「Snapdragon 865」を搭載。Xiaomiの「Mi 10 Pro」などの各社のフラグシップモデルに採用されている最新SoCです。

【2020年版】フラグシップスマホまとめ | 日本未発売ハイスペックスマホも紹介【Meizu 17 Pro追加】
各メーカーの技術力を結集して開発されるフラグシップスマートフォン。2020年発表のフラグシップスマートフォンを紹介しておきます。日本ではまだ発売されていないスマートフォンも特徴やスペックを紹介しています。

メモリ仕様はRAM容量が8GB内部ストレージ容量が256GBです。

Zeissレンズ搭載でカメラ性能を強化

Zeissレンズ搭載でカメラ性能を強化

「Xperia 1 II」での最も大きな注目ポイントはカメラといっても過言ではないと考えます。

背面には1200万画素(標準 F1.7 24mm)+1200万画素(超広角 16mm)+1200万画素(望遠 70mm)+TOFのクアッドカメラを搭載。

メインカメラにはZeissレンズを搭載しています。デジタル一眼カメラαシリーズで培った技術を結集し、Zeissレンズ搭載したことでカメラ性能には期待大です。

4000mAhの大容量バッテリー

バッテリー容量は4000mAh。これまでのXpariaシリーズで最大の容量を誇るバッテリーを搭載しています。

これだけのバッテリーを搭載しながら、ボディの厚さが7.9mmとスリムなのは素晴らしいです!

有線の充電だけでなく、ワイヤレス充電Qiにも対応しています。

サウンドも充実

サウンドも充実

前面の2つのスピーカーによって迫力のステレオサウンドを実現しています。

立体音響技術「Dolby Atmos」もサポートしています。

ハイレゾ音源を再生できるだけでなく、あらゆる圧縮音源をハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングする機能を搭載しています。

また、イヤホンジャックを搭載しています。

防水(IPX5/8)、防じん(IP6X)にも対応しています。

ボディカラーはブラック、ホワイト、パープルの3色展開。

created by Rinker
Xperia
¥42,800(2020/07/04 10:07:46時点 Amazon調べ-詳細)

「Xperia 1 II」のスペック

「Xperia 1 II」の主なスペックは以下の通りです。

SPEC

  • OS:Android 10
  • ディスプレイ:6.5 インチ(3840×1644)
  • SoC:Snapdragon 865
  • RAM:8GB/12GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:12MP+12MP+12MP+ToF FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:72(W)×166(D)×7.9(H) mm / 181g

まとめ

ソニーの新フラグシップモデル「Xperia 1 II」を紹介しました。

外観としては「Xperia 1」から大きな変化はありませんが、すべてにおいて確実に進化した仕上がりになっています。

特にZeissレンズ搭載でカメラがどのぐらい強化されているかが注目です。

高精細なディスプレイ、フロントデュアルスピーカーなどで高い没入感が期待できます。

日本でのこれまでの実績から、NTTドコモ/au/SoftBankからのリリースが予想されます。

価格情報は明らかになっていませんが、それなりの価格になると予想されます。

おすすめ記事

本記事を読んでいただいた方におすすめしたい記事を紹介しておきます。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

Xiaomi「Mi 10 Pro」は全方位ハイスペックな新次元突入のSIMフリースマホ【日本発売期待】
Xiaomiの最強スマホ「Mi 10 Pro」の特徴とスペックをまとめています。DxOMarkではスマートフォン歴代トップの総合スコアをマークするなど、高いカメラ性能にも期待ができます。
「realme X50 Pro 5G」は手頃価格がうれしいハイスペックてんこ盛りのフラグシップスマホ【日本発売期待】
Realmeの5G対応フラグシップスマホ「realme X50 Pro 5G」情報をまとめています。「realme X2 Pro」に続く、realmeのハイスペックモデル。ハイスペックがてんこ盛りな仕上がりでありながら、価格は約5.9万円~と魅力的な価格です。
「Mate 30 Pro 5G」の技適承認が判明 ファーウェイのフラグシップスマホがいよいよ日本発売へ
ファーウェイが「Mate 30 Pro 5G」の技適を取得していることが判明。日本での5Gの商用サービス開始に合わせて「Mate 30 Pro 5G」の発売が見込まれます。GMSは非搭載が見込まれ、HMSに力を入れることが予想されます。
「AQUOS R5G」は国内メーカー初の5Gスマホ【SD865搭載でUFS 3.0+DDR5の最高峰スペックモデル】
国内メーカーで初の5G対応スマートフォン「AQUOS R5G」情報をまとめています。5G対応だけでなく、Snapdragon 865を搭載するなど、文句なしのハイスペックな仕上がりです。おサイフケータイ、防水・防じんにも対応。キャリアモデルとしてのリリースが予想されます。

以上、参考になれば幸いです!

アンケート

「Xperia 1 II」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

アンケート

「Xperia 1 II」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

Xperia 1 II | Android smartphone by Sony | Sony Asia Pacific

Sony Japan | ニュースリリース | ソニーの技術を結集した5G対応のフラッグシップスマートフォン『Xperia 1 II』を商品化

▼「やすスマ」おすすめの格安SIM▼
海外スマホ SONY
\シェアしていただけるとうれしいです/
ぜひフォローをお願いします(^o^)
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
この記事を書いた人
やすスマ

当ブログではスマホ・格安SIM情報などスマートガジェットを楽しむための情報を発信しています。
ぜひ、生活が楽しく・充実するようなスマホガジェットとの出会いのきっかけとなれば幸いです。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡フォームからご連絡ください。

ぜひフォローをお願いします(^o^)
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました