NTTドコモ 有機EL搭載「Xperia 10 II SO-41A」発表【大幅進化のミドルスペックXperia】

どうも、ミドルスペックXperiaの新機種に興味ありのやすスマ(@yasu_suma)です。

NTTドコモから、ソニーのミドルスペックXperiaの新モデルとなる「Xperia 10 II SO-41A(以下、Xperia 10)」が発表となりました!

本記事ではNTTドコモ版「Xperia 10 II」の特徴とスペックを紹介しています。

「Xperia 10 II」の主な注目ポイントはコチラです。

注目ポイント

  • 縦横比21:9の鮮やかな有機ELディスプレイ
  • 約151gの軽量で扱いやすいボディ
  • おサイフケータイ&防水・防じん対応

注目ポイントを中心にまとめておきます。

PR UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

「Xperia 10 II」の特徴とスペック

「Xperia 10 II」の特徴とスペック

海外での発表時点で日本での発売も予告されていた「Xperia 10 II」

「Xperia 10 Ⅱ」は超アリなミドルスペックXperia 日本でもドコモから発売【海外SIMフリー】
ミドルスペックXperiaが大きく進化して登場です。新型スマートフォン「Xperia 10 Ⅱ」は縦横比21:9のディスプレイを搭載。美しい有機EL方式を採用しています。「Xperia 10 Ⅱ」は日本発売も決定していて、今春以降に発売予定です。

NTTドコモは「Xperia 10 II」を2020年5月下旬以降に発売予定とアナウンスしています。

ミドルスペックXperiaとしては、2019年に「Xperia Ace」、「Xperia 8」がキャリア等から販売されていました。

今回の「Xperia 10 II」は、従来のミドルスペックXperiaと比較するとかなり見どころ満載の仕上がりになっています。

スペックだけでなく、『持ちやすい!使いやすい!ハンドフィットサイズのXperia』をセールスコピーにするなど、その扱いやすさが注目されるところです。

縦横比21:9の鮮やかな有機ELディスプレイ

縦横比21:9の鮮やかな有機ELディスプレイ

今回の「Xperia 10 II」では高性能なディスプレイを搭載していることが大きな注目ポイントです。

「Xperia 10 II」は、2019年発売のXperiaシリーズ以降で象徴となっている縦横比21:9のディスプレイを搭載

縦長の約6.0インチ有機ELディスプレイを搭載し、ソニーの技術を生かした鮮やかで美しい画面表示で臨場感をもってコンテンツを楽しむことができます。

21:9の縦長ディスプレイを活かして2つのアプリを同時に表示して操作できるマルチウインドウ機能が便利です。ソニーは「21:9マルチウィンドウ」と名付けています。

ボディ両面が「Gorilla Glass 6」で覆われていて、堅牢性とデザイン性も注目ポイントです。

全体的なデザインのテイストはまさにXperiaといった感じになっているのがうれしいですよね!

約151gの軽量で扱いやすいボディ

「Xperia 10 II」は重さが151g、幅が69mmという軽量かつコンパクトなボディ。片手でも十分に操作しやすいサイズと軽量さが魅力です。

「Xperia 10 II」の扱いやすさは大いに注目しておきたいポイントです。

必要十分なパフォーマンスを引き出す基本スペック

「Xperia 10 II」の基本スペックはミドルスペックスマートフォンとしては標準的なものになっています。

パフォーマンスを大きく左右するSoCには「Snapdragon 665」を採用

ベンチマークアプリ「AnTuTu Ver 8」で総合スコアが17万強ほどが見込まれます。ウェブ閲覧、動画視聴、SNSの用途であれば十分軽快に動作するパフォーマンスです。

メモリ仕様は、RAM容量が4GB内部ストレージ容量が64GBです。外部ストレージの使用もサポートし、microSDカード(最大1TB)を使用することが可能です。

海外モデル「Xperia 10 Ⅱ」の内部ストレージは128GBだったので、残念ながら半減しています。内部ストレージは使い勝手に直結するので避けてほしかったところです。

望遠カメラありのトリプルカメラ

望遠カメラありのトリプルカメラ

「Xperia 10 Ⅱ」の背面には1220万画素(標準 26mm)+800万画素(超広角 16mm)+800万画素(望遠 52mm)のトリプルカメラを搭載。

標準+超広角+望遠というカメラ構成は様々シーンで撮影を楽しめそうな構成になっています。

夜景のような暗いシーンで威力を発揮する「ナイトモード」も搭載しています。

バッテリー持ちは期待大

USBポートは「Type-C」、バッテリー容量は3600mAhです。6インチで有機EL採用などの仕様を考えるとバッテリー持ちは十分に期待できそうです。

指紋認証センサーは側面の電源ボタンに統合されて搭載しています。

3.5mmイヤホンジャックを搭載し、有線ヘッドホンを変換ケーブルなしで利用できるようになっています。ハイレゾ音源の再生が可能です。

ボディカラーはミント、グレー、ブルー、ブラックの4色展開。鮮やかなミントから落ち着きのあるブラックまで幅広いニーズを捉えそうなカラー展開です。

おサイフケータイ&防水・防じん対応

キャリア発売のモデルということで、おサイフケータイ&防水・防じんという日本仕様にしっかりカスタマイズされています。ただし、フルセグ/ワンセグには非対応です。

LINK Sony Xperia 5 J9210 Blue【SIMフリー】 – Etoren

「Xperia 10 Ⅱ」のスペック

NTTドコモ版「Xperia 10 Ⅱ」の主なスペックは以下の通りです。

SPEC

  • OS:Android 10
  • ディスプレイ:6.0 インチ(2520×1080)
  • SoC:Snapdragon 665
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12.2MP+8MP+8MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3600mAh
  • サイズ/重量:69(W)×157(D)×8.2(H) mm / 151g
created by Rinker
Xperia 8
¥37,888(2020/04/04 11:47:46時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

事前アナウンスの通りに発表された「Xperia 10 II」。

今回の「Xperia 10 II」は必要十分なスペックで、Xperiaらしさも強く感じる魅力的なモデルという印象です。

5Gサービスも続々とスタートしますが、エリアはまだまだ限定的ということで、4Gスマートフォンに対する需要は根強い形で推移することが予想されます

海外版と比較すると内部ストレージ容量が64GBと半減しているのが残念ですが、「Xperia 10 II」のスペックはミドルスペックのXperiaの期待に十分に応えるものになっている印象です。

Xperiaブランドが4万円台の価格帯で登場するということで、今後の売上状況をぜひとも注目しておきたいところです!

アンケート

「Xperia 10 Ⅱ」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

アンケート

「Xperia 10 Ⅱ」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

Xperia 10 II(エクスペリア テン マークツー)| ソニーモバイル公式サイト

Xperia 10 II SO-41A | NTTドコモ

当ブログおすすめNo1格安SIM

当ブログのおすすめNo1の格安SIMのワイモバイル
低価格で優れた通信品質のサービスを提供し、対応バンドがSIMフリースマホとの相性抜群なのがおすすめする理由です。しかも、新たなスマホベーシックプランでは最低利用期間・縛り期間がありません
詳しくは>>Y!mobileオンラインストアはこちら

当ブログおすすめNo1格安SIM

当ブログのおすすめNo1の格安SIMのワイモバイル
低価格で優れた通信品質のサービスを提供し、対応バンドがSIMフリースマホとの相性抜群なのがおすすめする理由です。しかも、新たなスマホベーシックプランでは最低利用期間・縛り期間がありません
詳しくは>>Y!mobileオンラインストアはこちら

docomo
\シェアしていただけるとうれしいです/
ぜひフォローをお願いします(^o^)
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
スマホを低価格で利用するために格安スマホや格安SIM情報を中心として発信しています。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡フォームからご連絡ください。

ぜひフォローをお願いします(^o^)
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました