「Xperia 10 Ⅱ」は超アリなミドルスペックXperia 日本でもドコモから発売【海外SIMフリー】

どうも、ミドルスペックXperiaの充実ぶりにワクワクしているやすスマです。

「Xperia 8」、「Xperia Ace」など、徐々に日本でも展開されてきているミドルスペッククラスのXperia。

ソニーモバイルコミュニケーションは新型スマートフォン「Xperia 10 Ⅱ」を2020年2月24日に発表しました。

ソニーはフラグシップモデル「Xperia 1 Ⅱ」も同時に発表しています。

「Xperia 10 Ⅱ」はなんと日本発売も決定しています。日本での発売時期は2020年5月下旬以降です。

日本ではNTTドコモが「Xperia 10 Ⅱ」を販売することが明らかになっています。

「Xperia 10 Ⅱ」はミドルスペックのスマートフォンで、「Xperia 10」の後継機モデルにあたります。

「Xperia 10 Ⅱ」は、前モデルから大幅に進化したモデルになっています。

グローバル版「Xperia 10 Ⅱ」の特徴はコチラです。

注目ポイント

  • 縦横比21:9の有機ELディスプレイ
  • コンパクトで軽量なボディ
  • 防水・防じんに対応

これらの特徴も含めて「Xperia 10 Ⅱ」のスペックも紹介しておきます。

PR UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

「Xperia 10 Ⅱ」の特徴とスペック

「Xperia 10 Ⅱ」の特徴とスペック

「Xperia 10 Ⅱ」は4Gモデルのみがラインナップ。残念ながら5G通信には対応していません。

「Xperia 10 Ⅱ」の最も大きな特徴は外観です。

2019年発売のXperiaシリーズから象徴となっている縦横比21:9のディスプレイを搭載。

他のミドルスペックモデルと比較すると、21:9のXperiaらしい外観は大きな魅力なることは間違いありません。

6.0インチの有機ELディスプレイ

「Xperia 10 Ⅱ」ではディスプレイにめちゃくちゃ力が入っています!

「Xperia 10 Ⅱ」は縦横比21:9の6.0インチの有機ELディスプレイを搭載。美しい有機ELディスプレイでコンテンツをワイド画面で鑑賞することが可能です。

21:9のディスプレイでコンテンツの没入感に優れていて、美しい有機ELっていうことだけでも価値がめっちゃアリですよね!

縦横比21:9を活かしての「マルチウィンドウ」にも力を入れていて、2つのウィンドウそれぞれにアプリをスムーズに切り替える「21:9マルチウィンドウスイッチ」機能を搭載しています。縦長ディスプレイをいかした形で複数のアプリを同時に表示して操作できます。

前面、背面ともに「Gorilla Glass 6」で覆われています。背面がフラットな形状になっていて、Xperiaらしさが光るデザインは高級感を出しています。

コンパクトで軽量

「Xperia 10 Ⅱ」のボディ幅は69mmボディ重量は151g。片手でもラクラクで操作できるサイズと重さです。大型化が著しい最新スマートフォンですが、「Xperia 10 Ⅱ」はかなりコンパクトかつ軽量で、扱いやすさが大きな魅力になります。

ここまで「Xperia 10 Ⅱ」の外観デザインを紹介しましたが、動作パフォーマンスも気になるところです。

必要十分な基本スペック

「Xperia 10 Ⅱ」はミドルスペックモデルとしては必要十分なスペックレベルです。

「Xperia 10 Ⅱ」のパフォーマンスを大きく左右するSoCは「Snapdragon 665」を搭載。日本発売のスマートフォンでは「OPPO A5 2020」や「Moto G8 Plus」と同じSoCです。

created by Rinker
OPPO Japan
¥25,000(2020/04/03 18:44:25時点 Amazon調べ-詳細)

「Snapdragon 665」搭載ということで、ベンチマークアプリ「AnTuTu Ver 8」では総合スコアが17万強ほどが見込まれます。

ガシガシと3Dゲームをプレイしたい!という場合には厳しいですが、ウェブ閲覧、SNS、YouTubeなどの用途であれば軽快に動作するパフォーマンスを持っています。

メモリ仕様はRAM容量が4GB内部ストレージ容量が128GBです。外部ストレージとしてmicroSDカード(最大1TB)の使用をサポートしています。

NTTドコモ発売の日本モデルはストレージ容量が64GBと半減しちゃっています。

トリプルカメラには望遠カメラもあり

トリプルカメラ

「Xperia 10 Ⅱ」の背面には1220万画素(標準 26mm)+800万画素(超広角 16mm)+800万画素(望遠 52mm)のトリプルカメラを搭載。フロントカメラは800万画素です。

「Xperia 1 Ⅱ」とは異なり、ToFセンサーは非搭載。標準+超広角+望遠というカメラ構成は2019年のフラグシップモデル「Xperia 1」と同じです。

「Xperia 10 Ⅱ」は望遠カメラを搭載している点が注目ですね。

バッテリー持ちも期待できそう

バッテリー容量は3600mAh、USBポートは「Type-C」です。約6.0インチの有機ELのディスプレイで、省電力性に優れたSoCなどを考えると十分なバッテリー容量です。

ソニーのスマートフォンならではの「STAMINAモード」機能も搭載していて、バッテリー持ちには期待が持てそうです。

防水・防じんに対応

「Xperia 10 Ⅱ」は防水(IPX5/8)防じん(IP6X)に対応。日本市場も強く意識した仕様になっています。

イヤホンジャック搭載はうれしい

「Xperia 10 Ⅱ」はイヤホンジャックを搭載。指紋認証センサーは側面の電源ボタンに統合されています。

4色展開

ボディカラーはミント、グレー、ブルー、ブラックの4色展開。

特に鮮やかなミントカラーが人気となりそうですね!

グローバル版「Xperia 10 Ⅱ」の対応バンド

グローバル版「Xperia 10 Ⅱ」の対応バンドは以下のとおりです。

2G
GSM GPRS/EDGE (Bands 850, 900, 1800, 1900)
3G
UMTS HSPA+ (Bands 1,4,5,8)
4G
Cat11, Cat5 (Bands 1,3,4,5,7,8,12,20,28,38,39,40,41M)

グローバル版は日本での使用に適した対応バンドになっていません。

日本発売モデルの対応バンドが調整となる可能性大です。今後の日本発売に向けた情報に注目です。

「Xperia 10 Ⅱ」の価格

紹介したように「Xperia 10 Ⅱ」はなかなか充実したスペックに進化しています。

気になるのはその価格ですが、「Xperia 10 Ⅱ」の価格は現状では明らかになっていません。

LINK Sony Xperia 5 J9210 Blue【SIMフリー】 – Etoren

「Xperia 10 Ⅱ」のスペック

「Xperia 10 Ⅱ」の主なスペックは以下の通りです。

SPEC

  • OS:Android 10
  • ディスプレイ:6.0 インチ(2520×1080)
  • SoC:Snapdragon 665
  • RAM:4GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:12.2MP+8MP+8MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3600mAh
  • サイズ/重量:69(W)×157(D)×8.2(H) mm / 151g
created by Rinker
au(エーユー)
¥37,700(2020/04/03 18:44:25時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

新たなミドルスペックXperiaの「Xperia 10 Ⅱ」を紹介しました。

「Xperia 10」のセカンドバージョンという位置付けがもったいないぐらいに随所で進化しています。

「Xperia 10 Ⅱ」にはシングルSIMバージョンデュアルSIMバージョンがラインナップされています。

日本ではキャリアからまずリリースされそうな気がしますが、ぜひともSIMフリースマホとしてデュアルSIMバージョンの発売も期待したいですね!

日本発売モデルではおサイフケータイ機能の搭載状況が気になってくるところです。

全体的なパッケージを考えると、「Xperia 10 Ⅱ」は多くのユーザーのニーズを捉えそうな魅力的なモデルとなりそうです。

NTTドコモのキャリアモデルとして日本発売決定【追記】

2020年3月18日にはNTTドコモのキャリアモデルとして「Xperia 10 II SO-41A」が発売されることが発表されました。

日本発売のて「Xperia 10 II SO-41A」では、新たにおサイフケータイに対応。一方で内部ストレージ容量が半減しています。

「Xperia 10 II SO-41A」については別記事にまとめていますので、よろしければ御覧くださいね。

NTTドコモ 有機EL搭載「Xperia 10 II SO-41A」発表【大幅進化のミドルスペックXperia】
「Xperia 10 Ⅱ」がついに日本での発売がアナウンス。NTTドコモから「Xperia 10 II SO-41A」としてリリースが決定しました。大きく進化したXpariaのミドル機のスペックと特徴をまとめています。

おすすめ記事

本記事を読んでいただいた方におすすめしたい記事を紹介しておきます。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

【2020年版】格安SIMフリースマホおすすめ機種6選!【高コスパスマホを紹介】
価格が5万円台までのおすすめしたい格安なSIMフリースマホをランキング形式で紹介しています。『格安スマホってどれがオススメ?』、『おサイフケータイ搭載の格安スマホって?』という方はぜひ参考にしてみてください!
「OPPO Reno A 128GB」実機レビュー!新次元ミドルスペックSIMフリースマホ【おサイフケータイあり】
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」の実機レビュー記事です。公称されているスペックはなかなかですが、実際のパフォーマンスやデザインがどのような感じになっているかをレビューしています。「OPPO Reno A 128GB」が購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。
【実機レビュー】Xiaomi「Mi Note 10」はめちゃ高性能な5眼カメラ搭載のSIMフリースマホ【日本発売決定】
「Mi Note 10」は最大10800万画素のペンタカメラを搭載するなど、その高性能ぶりが評判のSIMフリースマホです。非常に高性能でありながら、およそ500ドルという手頃な価格で購入できます。「Mi Note 10」の実機レビューを書いているのでぜひチェックしてみてください。

以上、参考になれば幸いです!

アンケート

「Xperia 10 Ⅱ」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

アンケート

「Xperia 10 Ⅱ」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

Xperia 10 II | Android smartphone by Sony | Sony Asia Pacific

Sony Japan | ニュースリリース | 没入感ある映像視聴とクリエイティブな撮影体験できる『Xperia 10 II』商品化

当ブログおすすめNo1格安SIM

当ブログのおすすめNo1の格安SIMのワイモバイル
低価格で優れた通信品質のサービスを提供し、対応バンドがSIMフリースマホとの相性抜群なのがおすすめする理由です。しかも、新たなスマホベーシックプランでは最低利用期間・縛り期間がありません
詳しくは>>Y!mobileオンラインストアはこちら

当ブログおすすめNo1格安SIM

当ブログのおすすめNo1の格安SIMのワイモバイル
低価格で優れた通信品質のサービスを提供し、対応バンドがSIMフリースマホとの相性抜群なのがおすすめする理由です。しかも、新たなスマホベーシックプランでは最低利用期間・縛り期間がありません
詳しくは>>Y!mobileオンラインストアはこちら

国内スマホ 海外スマホ SONY SONY
\シェアしていただけるとうれしいです/
ぜひフォローをお願いします(^o^)
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
スマホを低価格で利用するために格安スマホや格安SIM情報を中心として発信しています。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡フォームからご連絡ください。

ぜひフォローをお願いします(^o^)
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました