au 「Xperia 8 SOV42」を新モデルとしてラインナップ 注目のミドルスペックXperia


auの2019年秋冬-2020年春モデルにミドルスペックの「Xperia 8」が来ました!

auは2019年秋冬-2020年春モデルのラインナップを発表し、ソニーモバイル製のミドルスペックモデル「Xperia 8」がラインナップに入りました。

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

au「Xperia 8 SOV42」の特徴

Xperia 8 SOV42

auモデルの機種名は「Xperia 8 SOV42」。10月下旬以降に発売予定で、価格は5万円台が見込まれます。

基本スペックは、ワイモバイルから発表されていた「Xperia 8」と共通です。

ワイモバイル が「Xperia 8」を10月25日に発売 Xperiaらしい尖った感じのミドルスペックスマホ
待っていたミドルスペックXperiaがついに登場です! Y!mobileブ...

「Xperia 8 SOV42」の特徴はなんと言っても縦横比21:9のディスプレイ。一般的なスマートフォンと比較すると、縦に長く、複数の対応アプリを同時に表示できるマルチウィンドウにも威力を発揮します。

上位モデル「Xperia 1」/「Xperia 5」とは異なり、一般的な液晶方式のディスプレイです。

「Xperia 10」と共通部分あり

グローバル市場でリリースしていた「Xperia 10」と近い部分も多いですが、日本向けに新開発したモデルらしい仕上がりになっています。

基本スペックはそこそこ

SoCは「Snapdragon 630」。メモリ仕様は4GB RAM+64GB ROM。ヘビーな用途にはパワー不足の感はありますが、ウェブ閲覧、動画視聴、SNSなどの用途であれば問題ないパフォーマンスです。

背面には約1200万画素+約800万画素のデュアルカメラを搭載。望遠カメラは光学2倍ズームにも対応。トレンドのAI対応カメラで、シーンを自動的に認識して、適した設定を自動で選択してくれます。

バッテリー容量は2760mAh、USBポートは「Type-C」です。

防水とおサイフケータイ(FeliCa)に対応

うれしいことに「Xperia 8 SOV42」は防水とおサイフケータイ(FeliCa)に対応。日本向けスマートフォンということで日本のユーザーのニーズを捉えたものになっています。

ボディ幅が69mmで片手で持ちやすいサイズも魅力です。

ボディカラーはブラック、ホワイト、オレンジ、ブルーの4色展開。両面をガラス素材で覆っていて、その質感にも期待できます。

「Xperia 8 SOV42」の主なスペック

「Xperia 8 SOV42」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9
  • ディスプレイ:6.0 インチ(2520×1080)
  • SoC:Snapdragon 630
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP+8MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:2760mAh
  • サイズ/重量:約69(W)×約158(H)×約8.1(D) mm / 170g

「Xperia 8」アンケート

「Xperia 8」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Xperia 8 SOV42 – au

▼「やすスマ」おすすめの格安SIM▼

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

au
\シェアしていただけるとうれしいです/
ぜひフォローをお願いします(^o^)
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
この記事を書いた人
やすスマ

当ブログではスマホ・格安SIM情報などスマートガジェットを楽しむための情報を発信しています。
ぜひ、生活が楽しく・充実するようなスマホガジェットとの出会いのきっかけとなれば幸いです。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡フォームからご連絡ください。

ぜひフォローをお願いします(^o^)
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました