U-NEXTとヤマダ電機がMVNO事業運営の合弁会社の設立合意

株式会社U-NEXTは、2017年1月17日に、家電量販店大手のヤマダ電機とMVNO事業の運営を行う合弁会社を設立することが合意に達したことを発表しました。

Y.U-mobile株式会社

合弁会社の商号(仮称)は、「Y.U-mobile株式会社」と発表されています。

「Y.U-mobile株式会社」

U-NEXTは、MVNO事業としてお馴染みのモバイル通信サービス「「U-mobile」を運営しています。

「ヤマダ電機」の販売網と「U-NEXT」の実績

モバイル通信サービスを運営してきた「U-NEXT」の実績と全国に販売網を持つ「ヤマダ電機」の販売力を生かした合弁会社を設立することで、新規参入が相次ぎ競争が激化しているMVNO業界の勝ち抜きを目指すことになります。

合弁会社の設立時期は、平成29年1⽉下旬を予定しています。

まとめ

商号は仮称ですが、「Y.U-mobile株式会社」の設立が発表されました。商号については少し気になる部分があると思いますが、ふれないでおきます。

現時点では、合弁会社設立合意という段階ですので、具体的なサービス内容についてはアナウンスされていません。今後、「U-NEXT」と「ヤマダ電機」の強みをどのような生かしたサービスが展開されるかが注目されます。

Source

リリース(PDF)|U-NEXT

スポンサーリンク
格安SIM
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました