「ZenFone 6」の「Android 10」アップデートやってみた【ジェスチャーナビゲーション/ダークモード】

フリップ式カメラ搭載の個性的なハイスペックスマホ「ZenFone 6」。うちの海外版「ZenFone 6」に「Android 10」へのアップデート通知が届きました。

【実機レビュー】「ZenFone 6」はとびきりの個性的なフリップカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ
2019年5月に発表されていた「ZenFone 6 ZS630K」を入手。とびきり個性的な仕上がりになっている「ZenFone 6」の実機レビューをまとめています。ASUSの主力モデルということで日本発売も有力視されています。ハイスペックでありながら価格はけっこう手頃でした。

さっそく、さくっと「ZenFone 6」を「Android 10」にアップデートを実行して、所有機では初のAndroid 10となりました。せっかくなので記念にまとめておきます。

「ZenFone 6」を「Android 10」にアップデート

「ZenFone 6」を「Android 10」にアップデート

ASUS好きのZenBlog」さんで海外版「ZenFone 6」に「Android 10」アップデート配信開始というニュースを見て、うちの「ZenFone 6」にもアップデートが来ないかと密かに待っていました。

海外版ASUS ZenFone 6にAndroid 10アップデートの配信を開始 : ASUS好きのZenBlog(ゼンブログ)
XDAによるとASUSは最新フラグシップモデル「ZenFone 6」およびインド版「ASUS 6Z」向けのAndroid 10メジャーアップデートを開始した模様です。アップデートはFOTA方式で配信され、容量は約810MBほど。

少し待ってアップデート通知

ようやく、少し待ったところで、筆者の「ZenFone 6」にもアップデート通知がふってきました。

「Android 10」にアップデート通知

アップデート自体は、あっけないぐらいにさくっと終了。無事に「ZenFone 6」を「Android 10」にアップデートできました!

せっかく「Android 10」になったということで、設定をちょいちょい変更しちゃいました。

「ZenFone 6」をジェスチャーナビゲーションに変更

ジェスチャーナビゲーションに変更

「ZenFone 6」のフルスクリーンデザインを生かすために、まずは「ジェスチャーナビゲーション」に変更しました。

「ジェスチャーナビゲーション」の設定は「設定」→「ディスプレイ」→「システムナビゲーション」で設定できます。

スワイプの反応は良好

実際に設定してみると、操作の中心となる「ZenFone 6」のスワイプの反応は良好です。

「Mate 20 Pro」でも同じような設定にしていますが、「ZenFone 6」の方が反応が良くて、ほぼ思い通りに操作できています。

「ZenFone 6」の「ジェスチャーナビゲーション」はいい感じです。

「ZenFone 6」を話題のダークモードに変更

次に、なんか話題になっている「ダークモード」に設定を変更。

「ZenFone 6」を話題のダークモードに変更

「設定」→「ディスプレイ」→「システムカラースキーム」から変更できます。

「システムカラースキーム」から変更

ここでデフォルトの「ライト」から「ダーク」に変更すればOKです。

「ライト」から「ダーク」に変更

さきほどの設定の画面もこんなダークな感じになりました。

ダークモード

「ZenFone 6」の「Android 10」アップデートまとめ

以上、「ZenFone 6」の「Android 10」アップデートをまとめておきました。

個人の結論としては、「ジェスチャーナビゲーション」はそのまま、「ダークモード」は好みではなくて「ライト」に戻しました。

現在のところは、アップデート後も「ZenFone 6」は以前と変わらず順調に動作しています。

日本版「ZenFone 6」にも少し待ったら「Android 10」のアップデートが来るでしょうね!

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
ASUS SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました