ASUS 「ZenFone Max Pro M1」を国内発売 大容量バッテリー搭載のミドルスペックSIMフリースマホ

ASUS Japan「ZenFone Max Pro M1」

Zenfone Max Pro M1

ASUS Japanは新型SIMフリースマホ「ZenFone Max Pro M1」を発売しました。

参考日本モデルSIMフリースマホ発売情報 | やすスマ

ビックカメラで販売中

2018年12月5日段階で、日本モデル「ZenFone Max Pro M1」の情報はASUS Japanの公式サイトに未掲載ですが、ビックカメラ・ソフマップでは在庫ありで販売中になっています。

「ZenFone Max Pro M1」がビックカメラグループの専売モデルなのかは不明です。ミドルスペックモデルとしてはかなり充実したものになっているので広い販路を期待したいところです。

日本モデル「ZenFone Max Pro M1」は2018年4月に発表された海外モデルをベースとなっています。

ビックカメラ.comでの「Zenfone Max Pro M1」の販売価格は29,800円(税抜)です。

「ZenFone Max Pro M1」は6インチのフルHD+(2160×1080)ディスプレイを搭載。ノッチなしのデザインになっています。

SoCは「Snapdragon 636」を採用しています。「Snapdragon 636」はパフォーマンスに定評のあるSoCです。パフォーマンスの詳細は「【レビュー】Xiaomi「Redmi Note 5」は手頃な価格でハイスペックなSIMフリースマホ」を御覧ください。

日本モデル「ZenFone Max Pro M1」のメモリ仕様は3GB RAM+32GB ROMです。

5000mAhバッテリー

「ZenFone Max Pro M1」はZenfone Maxシリーズということで、大容量バッテリーが大きな魅力です。

注目のバッテリー容量は5000mAh。10Wの急速充電に対応。USBポートは「micro」です。ボディの厚さは約8.4mmと、ミドルクラスの大容量バッテリー搭載モデルとしては十分スリムに仕上がっています。

ZenFone Max Pro M1のデュアルカメラ

背面には1600万画素+500万画素(深度測定用)のデュアルレンズカメラを搭載。

指紋認証センサーはボディ背面に搭載しています。フロントカメラを用いた顔認証にも対応しています。

ボディカラーはメテオシルバー、ディープシーブラック、スペースブルーの3色展開です。

「ZenFone Max Pro M1」のスペックレビュー

「ZenFone Max Pro M1」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0
  • ディスプレイ:6 インチ(2160×1080)
  • SoC:Snapdragon 636
  • CPU:Octa Core 1.8GHz×8
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:16MP+5MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:mirco
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ/重量:76(W)×159(H)×8.4(D) mm / 180 g

まとめ

「ZenFone Max Pro M1」は、大容量バッテリーを搭載し、ミドルスペックモデルとしては文句ないパフォーマンスが期待できます。

「ZenFone Max Pro M1」は新興国向けに投入されていた戦略モデルです。海外でリリースされてから日本リリースまで少し待った感じです。

海外市場では、戦略モデルということもあって、低価格で投入されてました。日本ではおよそ3万円という、ミドルスペックモデルとしては標準的な価格帯で発売されています。海外モデルの驚愕のコストパフォーマンスとまではいきませんが、コストとパフォーマンスはまずまず良好といった印象です。

バッテリーの持ちを重視していて、パフォーマンスも妥協できないという方にとっては、「ZenFone Max Pro M1」は有力な候補となりそうです。

Source

Zenfone Max Pro M1 メテオシルバー「ZB602KL-SL32S3」Snapdragon 636 6型 メモリ/ストレージ:3GB/32GB nanoSIM x2 DSDV対応 SIMフリースマートフォン – ビックカメラ.com
Zenfone Max Pro M1 ディープシーブラック「ZB602KL-BK32S3」Snapdragon 636 6型 メモリ/ストレージ:3GB/32GB nanoSIM x2 DSDV対応 SIMフリースマートフォン
Zenfone Max Pro M1 スペースブルー「ZB602KL-BL32S3」Snapdragon 636 6型 メモリ/ストレージ:3GB/32GB nanoSIM x2 DSDV対応 SIMフリースマートフォン
ASUSSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント