【日本発売期待】「ZenFone Max Pro (ZB601KL)」は、5000mAhバッテリー、SD636搭載の高コスパモデル!約1.8万円~

台湾メーカーのASUSは、2018年4月23日に、新型スマートフォン「ZenFone Max Pro M1 (ZB601KL)」(以下、ZenFone Max Pro M1)を発表しました。

ZenFone Max Pro (ZB601KL)

結論から言うと、「ZenFone Max Pro M1」はMaxシリーズの特徴である大容量バッテリーを搭載しながら、パフォーマンスも大きく向上している注目モデルになっています。

「ZenFone Max Pro M1」のSoCは「ZenFone 5」と同じにSoCになっていて、スペックも充実した仕上がりになっています。価格が10,999ルピー(約1.8万円)~と手頃な価格も大きな魅力です。

「ZenFone Max Pro M1」は新興国市場向けのモデルですが、ぜひとも日本での発売も期待したいところです。

新型「ZenFone Max Pro M1」

「ZenFone Max Pro M1」は、縦長ディスプレイを搭載した「ZenFone Max」としては、日本でSIMフリースマホとして発売された「ZenFone Max Plus M1」のスペック上位のモデルとなっています。

上位モデルということで、確実にスペックアップしていますが、現地での販売価格はかなり手頃なものになっています。

縦長ディスプレイ

「ZenFone Max Pro M1」は5.99インチの縦長ディスプレイを搭載。縦横比18:9の縦長ディスプレイで、解像度はフルHD+(2160×1080)になっています。

Snapdragon 636

SoCにはクアルコムの最新ミドルスペック向け「Snapdragon 636」を採用。「Snapdragon 636」は、廉価版SoCとはいえ、「Snapdragon 660」に迫るパフォーマンス。ミドルクラスとしては十分なパフォーマンスが期待できます。

「Snapdragon 636」搭載のスマートフォンの「AnTuTu Ver7」の総合スコアはおよそ110,000強になっています。

5000mAhバッテリー

注目のバッテリー容量は5000mAh。10Wの急速充電に対応しています。USBポートは「micro」になっています。

ボディの厚さは8.46mm。5000mAhという大容量バッテリーを搭載モデルとしては十分スリムに仕上がっています。

デュアルカメラ

ZenFone Max Proのデュアルカメラ

ボディ背面には1300万画素+500万画素のデュアルカメラを搭載。500万画素カメラは深度計測用になっています。ボディ前面には800万画素カメラを搭載。

トリプルスロット

ZenFone Max Proのトリプルスロット

「ZenFone Max Pro M1」はmicroSDカード(最大2TB)に対応。2枚のSIMスロットに加えて、microSDカードスロットがあり、トリプルスロット仕様になっています。

Wi-Fiは「802.11 b/g/n」に対応。ボディカラーはグレー、ブラックの2色展開です。

「ZenFone Max Pro M1」の価格

インドにおける「ZenFone Max Pro M1」の価格は、3GB RAM+32GB ROMモデルが10,999ルピー(約1.8万円)、4GB RAM+64GB ROMモデルは13,999ルピー(約2.3万円)となっています。

従来の「ZenFone Max」シリーズから大きくスペックが向上していながら、価格設定は非常に手頃なものになっています。

「ZenFone Max Pro M1」のスペックレビュー

「ZenFone Max Pro M1」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.1
  • ディスプレイ:5.99 インチ(2160×1080)
  • SoC:Snapdragon 636
  • CPU:Octa Core 1.8GHz×8
  • RAM:3GB/4GB
  • ROM:32GB/64GB
  • カメラ:REAR:13MP+5MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:mirco
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ/重量:76(W)×159(H)×8.46(D) mm / 180 g

まとめ

「ZenFone Max Pro M1」は従来のMaxシリーズと比較するとスペックが向上していながら、価格は手頃なものになっています。

グローバルで見ると、スペックや価格からは「Xiaomi Redmi Note 5」と似た特徴になっています。

【レビュー】Xiaomi「Redmi Note 5」は手頃な価格でハイスペックなSIMフリースマホ | AnTuTuスコアは約11.6万
「Xiaomi Redmi Note 5」レビュー このページは、XiaomiのAndroidスマートフォン「Redmi Note 5」のレビューページです。 「Xiaomi Re...

「ZenFone Max Pro M1」は、ぜひとも日本で手頃な価格でリリースしてほしい魅力的なモデルですね!

Source

ZenFone Max Pro (ZB601KL) | Phone | ASUS India

ASUSSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

  1. チャンネ より:

    5.15に5シリーズを国内発表することが正式にアナウンスされましたね。

    この端末はその時に発表されるかは微妙だけど期待しましょう

  2. やすスマ やすスマ より:

    チャンネ 様

    管理人のやすスマです。
    コメント頂きありがとうございます。

    いよいよ5シリーズが国内発表されるようですね!

    もし、「ZenFone Max Pro (ZB601KL)」が入っていれば、
    幅広い価格帯をカバーすることができていいのですが、
    「ZenFone Max Pro (ZB601KL)」のコスパが良すぎ、、、。

    5月15日を楽しみにしておきたいですね!