ZTEジャパン 2016年10月13日に新製品発表会を開催 SIMフリー AXON7 16/10/2

ZTEジャパンは、2016年10月13日に新製品発表会を開催することを発表しました。ZTEジャパンは、今年度に入って積極的に新機種を投入しており、2016年9月にはDSDS対応機「 BLADE V7Max 」を発売しています。

【実機レビュー】DSDS対応「 BLADE V7Max 」を詳細レビュー|レビューまとめを追記
ZTEは、日本のSIMフリースマホ市場でシェア拡大を目指して、続々と新機種を投入しています。 今回レビューしている「 BLADE V7Max 」は2016年9月22日に発売されたDS...
4G & 3G 同時待ち受けメタルボディスマホ「 BLADE V7 MAX 」情報 SIMフリー ZTE
ZTEジャパンは、2016年9月9日に、新型SIMフリースマホ「 BLADE V7 MAX 」を発表しました。 「 BLADE V7 MAX 」は、デュアルSIMスロットを採...

発表が期待されるモデル

新製品発表会で発表される機種については現時点で不明ですが、既に海外で発表済の「 Axon7 」シリーズである「 AXON 7 」と「 AXON 7 mini」については日本発売予定が明らかになっています。

ZTEジャパンの公式Twitterでは「Into the extreme」というキャッチコピーから、extreme(先端な)モデルである「 Axon7 」シリーズが登場することも十分に予想されます。しかも、サウンド機能は「 Axon 7 」の大きな特長の1つとなっています。

2つのモデルはともに、自動車メーカーBMWグループ企業の「Designworks」とのパートナー契約による設計で実現された美しいボディデザインが目を引きます。

2つのモデルのスペックなどは別ページにまとめていますので、興味のある方は御覧ください。

ZTE ハイエンドモデル「 AXON7 」日本発売決定 Snapdragon820 DSDS 16/10/13
ZTEは、2016年10月13日に、フラグシップモデル「 AXON7 」シリーズの日本発売を発表しました。 「 AXON7 」シリーズには、ハイスペックモデルの「 AXON7...

AXON 7

【簡易レビュー】ZTE DSDS対応機「 AXON7 mini 」をヨドバシで触ってみた!
ZTEは、2016年10月13日に、Android SIMフリースマホ「 AXON7 」シリーズの日本発売を発表しました。 「 AXON7 」シリーズには、ハイスペックモデルの「 A...

ハイエンド「 AXON 7 」

今年5月に海外で発表された「 AXON 7 」は、「Snapdragon820」を採用するなど、発表当時のハイエンドモデルです。少し時間が経っていることから、更にハイエンドなスマホも登場してきていますが、現時点でもなかなかのハイスペックとなっています。

スペック以外にもデザイン、サウンド、カメラに特長があり、日本で発売するのであれば楽しみなモデルです。

「 AXON 7 mini」

デザイン面などハイエンドモデル「 AXON 7 」と共通の要素を残しながら、スペックなどを抑えることで、コストパフォーマンスを引き出したモデルです。海外モデルの想定価格は299ユーロ(およそ34600円)となっています。

まとめ

以上、予想も交えてZTEの新製品発表会を紹介させていただきました。当日、発表されるモデルは確定していませんので、どうなるか分かりませんが、「 AXON 7 」シリーズを期待したいところです。

スポンサーリンク
SIMフリーZTE
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。スマートフォンはHUAWEIの「Mate 20 Pro」、ASUSの「ZenFone 6」を、タブレットはHUAWEIの「MediaPad M5 LTE」を主に愛用。他にもXiaomiのスマートフォンを触ってみたり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました